「湖の男」(インドリダソン)読んだ

ようやく邦訳四冊目の「湖の男」。本文が 480 ページあまりあるというのに、あれよあれよと読み終えてしまった。主に寝る前読書なのでそれなりに日数はかかったのだが、それでもすいすいと進んだし、最後の 100 ページあまりは結末が気になって時間延長して読んでしまったくらい。

大戦後の東ドイツでの留学生たちの日常と、原因は不明だが水がひいてしまって湖底が露呈した湖に見つかった白骨を追う物語が交互に語られる。白骨はロシア製の暗号機にくくりつけられていた。不可解な事件はいつもエーレンデュルの手に回ってくる。

当時の失踪者をあたっていくが、なかなか決め手にかける。が、不可解な失踪状況の男が浮かび上がってくるが、当時の捜査担当者が事なかれ主義であったのもあり、疑問はいくつも浮かぶというのにおざなりにされてしまった形跡。

なぞのセールスマン。訪ねるはずだった農家に行っていない。なぜか車のホイールがひとつだけ無くなっている。結婚を約束していた女性は、その男のことを実はまったくといっていいほど知らなかった。謎の男。

一方で関係国大使館からは、当時のスパイ状況が少しずつあきらかになって、忽然と姿を消した男が浮かび上がる。はたして白骨はそのスパイなのか?

大戦後の東ドイツで学生たちに相互監視を行わせ、体制に抗する分子の排除に躍起となる秘密警察。そのさなかに生まれる愛と分かれと。

大方の読者が次第に実相を想像しつつ読み進めるも、さらなる展開に思わずうならされる。ああ、しかし、それはどうなったのだ? あれはどうなったのだ? と思わないではない。

じめっとした寒いこれからの季節に合うアイスランドの哀しい物語。

前作「声」は、やや倒錯した感じの内容で抵抗を覚える読者もいそうだけれど、本作はとにかくその見事なストーリーテリングに一気に引き込まれてどっと疲れること必至。エーレンデュル、これからどうなってしまうの?

すでに次作も文庫になっているのでまた買わなくては。

そうそう、不安材料としては訳者の柳沢由美子さんが 80 歳を超えていらっしゃる。同じテイストで引き継いでくださる方があるとよいのだが。いや、もちろん柳沢由美子さんにもまだまだがんばっていただきたい、むりのない範囲で。

 

 

湖の男 (創元推理文庫) 文庫

 

| | コメント (0)

「恋は雨上がりのように 眉月じゅんイラスト集&アニメメイキングブック」

原作コミックスを探していたりしたころにたまたま見つけたイラスト集。アニメの関係もいくらかあるようで、それならと買ってみた。

が、当初いつもの honto を見たら「取り扱いができません」となっていて購入できない。たしかに 2018 年ころのものなのでこの手のは難しいかと思いつつもヨドバシを見たら在庫があるというのでそちらで買うことにした。

はたして、原作コミックスではモノクロになってしまっていたカラーページなどが B5 とはいえ大判のカラーで掲載されていてなかなかよい。昨今の Twitter とかにも使われたコミックス発売の告知イラストのようなものも掲載されている。(ご本人はアカウントを持っていないか、公表していないようで作品公式アカウントが代替している)

アニメについては第一回に関してのちょっと細かな解説とか、監督と原作者の対談とか、美術担当の方へのインタビューとかあって、なかなかこれもよい。

アニメの美術については本当によくできていて、雨をひとつのテーマとしている作品もあって空の描写、風景の描写がとても見事だ。細かな設定資料集を出すという作品ではないかもしれないので、このくらいで仕方ないのかとも思うが、もう少しボリュームがあってもよいかなと思わないでもない。

造本としてはカバーの文字や雨滴に樹脂の盛り上がりがつけられていて、少々手のかかったものになっている。そのせいもあってかビニール袋に入った形で届けられもしたが、本当のところはわからない。

ほぼデビュー直後の作品が、いきなりアニメ化・映画化されるという展開も驚きであろうし、作品そのものも十分によいものであったというのは才能なのか。現在連載中の作品は少し毛色が変わった感じを受けるが未読なのでよくはわからない。

そういえば、この作品。電子書籍もでているのだが、紙書籍よりも高い。紙書籍が 607 円だが、電子書籍は 690 円くらいする。よくあるパターンではすでに絶版になっていて過去の値段がそのままになっているので逆転しているという例はあるが、これは現役なのに逆転している。理由は不明だがどうも出版社によって傾向がわかれるような印象も。

まあ、電子書籍は書籍とはいっても再販制度に影響されないため安売りもできるし、そもそもいきなり読めなくなっても文句いえない(いや、文句は言ってしかるべきだが、だが断るという方向性のもの)ので値付けが高めなのかどうなのか。

電子書籍化のための作業は必ずしも簡単ではないので、ひたすら安くできるはず、などとは言わないが、逆に高いというのもどうなのかなあとは。ということで紙のほうで買うことにした。

さらにいうと全巻セットのリンクもあったのだけれど、これが消費税の罠で 6070 円ではなく 6072 円になってしまっていたので、ここも回避して個別に 10 冊カートにいれたりもした。なんだかなあ。

とにかく、何度も言うけれど、作者の眉月じゅんさんには、ふたりのその後をぜひ描いてほしい。別に結婚させてあげて、なんてことはいわない。ふたりはお友達(以上)という楽しい時間が見たいだけなので。

恋は雨上がりのように 眉月じゅんイラスト集&アニメメイキングブック (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

 

アニメ「恋は雨上がりのように」を見た

恋は雨上がりのように 全10巻 を読んだ

「恋は雨上がりのように」原作読んだの2

 

| | コメント (0)

恋は雨上がりのように 全10巻 を読んだ

アニメにすっかりやられてしまい、原作も買ってしまった。というのも原作の結末に不満を訴える声というのがあるやに見かけたので。

読んでみると原作完結前であったのもあり、基本的に原作に忠実にアニメ化されていたものの、最後は同じというわけにはいかずアニメとしての終わり方ではあった。とはいえ、あきらと店長との関係性とか、結末の理由といったところは基本原作を踏襲している。

原作の 7 巻にアニメ化を知らせるイラストが載っていた。2017 年 3 月のこと。アニメ化そのものについてはきっともう少し前から決まっていて制作がはじまっていたのかもしれない。

原作の完結はアニメ放送終了直後くらいで最終の 10 巻もその年に刊行されている。

噂ではアニメのあとに公開された実写映画も結末としては似たような展開になっていたらしい。おそらく結末はすでに決めてはあって、そのシチュエーションについては未定だったのもあろうけれど、形だけは変えずに映像化を依頼していたのではなかろうかと。

歳の差恋愛物語の結末としても一番のハッピーエンドは、お互いに好きなことを確認してきちんと付き合うというところかもしれない。さすがに結婚するとかまではやや無理がある。ファミレスの仲間も公認で付き合うといったところがまあありそうなところだったかもしれない。

ただ、この物語がそもそもそういう体をとっていたのは別の理由があったからで、それがそれぞれの抱えたまま心の奥にしまっていた大切ななにかをもう一度引き出してきてそれに向かうという恋愛とは違う人間の物語だったからか。

だからこそ、店長は年齢や境遇を言い訳にしてずっとどっちつかずにしつつも、完全に捨てきれずに放置していた執筆環境(部屋)の意味にもう一度向き合おうとするし、あきらも本当はまた走りたいが、どこまで走れるようになるかわからない不安と、そうなっときに自分が受ける衝撃といったものから逃げたいといった気持ちをごまかすためにバイトしていたといったことと向き合うことになる。

そして、店長はある意味おとなとしてあきらに押し殺している自らの本当の気持ちに正直であるべきなのではないかと背中を押す役目を引き受ける。あきらもまたその気持ちに応える。

だからといって、ではあきらの抱いた店長への恋心というのは偽りのものだったのか、といえば、それもまた違うのではないかとは。

原作では、正月のわずかな店休を利用して原稿に専念する店長を、折しも大雪となったなかをあきらが完成した手編みのマフラーをもって店長のアパートを訪ねる。初詣をして帰らそうとするが大雪で列車が動かない。車で送ろうというが、あきらはそれを嫌がる。ここで部屋に戻ってはあきらを帰せなくなると感じる店長。一方、あきらはかたくなに帰ろうとしないのだが、もう君にしてあげられることはなにもないと静かに告げる。

そうこうして夜になってようやくあきらを自宅まで送った別れ際、わたせずにいたあきらへのプレゼントをわたし、あきらは「また店で」というが、店長が返したであろうことばは文字にはなっていない。雨の音にかき消された。走り出す車を呆然と見送るあきらという図は、「もうバイトには来なくていいよ」的なことをいわれたのだろうか、と想像させる。

実際、その後自宅に戻ったあきらは遅い帰りを心配した母親に、「雨宿りしていただけだから、大丈夫」だと答える。

それは、単にその日の大雪がやがて雨に変わった事実から、遅くなったのは雨のおさまるのを待っていただけだから、というようにもとれるが、暗にそれは、怪我から部活を止めて(避けて)バイトをしていて部活に戻ろうという行為を避けていたこともまた雨宿りだったのだというようにも。

バイトはあきらのゆれる心を一時的に雨宿りさせていた場所だったのかもしれない。

その後、原作はその年の 6 月に飛ぶ。あきらが陸上の県大会に出場し、みずきとの対決を制して見事な復活を果たす。さらに 8 月。店長は相変わらずだが、友人の作家ちひろは芥川賞を取る。あきらは真夏のグラウンドで日傘をさしている。あの日、店長にもらった日傘を。そして、終わる。

アニメでは 11 月ころに店長が本社へ行くというところでお互いにしまい込んでいることに向かうべきではないかといったことばにお互いに納得し、さらりと終わる。

原作にしてもアニメにしてもこの作品の真のテーマからしたら文句のない終わりではないかな、とは。

ことに原作でいえば、正月以来あきらはもうバイトに行っていないかもしれないが、リハビリを頑張って春には立派に陸上復帰を果たす。店長の小説のほうはまだまだかもしれないが、おそらくどこかの賞を狙って執筆はしているはずだ。

店長はきっとあきらのことを好きな気持ちに偽りはないであろうし、日傘をさすあきらも、離れていても店長を思う気持ちに偽りはないのではないかなと。あるいは、たまに客として店にはいっているかもしれない。いや、きちんと目標を果たせるまでは行くことはむしろないか。そこはお互いに自制しそうだ。

あきら達がやめてしまったあと(ユイも吉澤もやめている)もバイトの補充がないのは、なり手がいないのももちろんあろうけれど、ことによれば、いつあきらがまた傷心で帰ってきてもよいようにという気持ちもあるのかもしれない。

そんなことを思うと、できたら大学へ進学した、あるいは進学後に就職というあきらと店長との物語があったらなあと。三年もしくは五年後くらい。そうなれば、今度こそ純粋な恋愛物語のはじまりということでよいのではないかな。そんな物語も、できれば読みたい。そう、思わせてくれる暖かな物語だった。

あきらの人生の雨に傘をさしてくれた人。店長の人生の雨に傘をさしてくれた人。ふたりの傘が真に相合傘になる日の物語。読みたいなあ。

 

 

恋は雨上がりのように (1) (ビッグコミックス)

 

 

恋は雨上がりのように (10) (ビッグコミックス)

 

アニメ「恋は雨上がりのように」を見た

「恋は雨上がりのように」原作読んだの2

「恋は雨上がりのように 眉月じゅんイラスト集&アニメメイキングブック」

 

 

| | コメント (0)

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編・後編」を読んだ

ようやく「響け!」シリーズの久美子二年生編を読んだ。

これまでは劇場版「誓いのフィナーレ」「リズと青い鳥」でしか知らなかった部分をようやく全体を通して知ることができた。二年生編はテレビシリーズがなく、ふたつの劇場版で終わってしまっているので、さすがに双方にからむような部分がごっそりカットされていたりで、いろいろもったいない感じが強い。

それぞれがそれぞれにまとめるために多少の修正をしてしまっているので、なんだか物足りない。「リズと青い鳥」の希美とみぞれの関係の修復についてもそうであるし、奏をめぐる低音のあれこれも深みが足りない。

もちろん、それぞれの作品として十分にまとまりはとれているものの、原作を読むとようやく腑に落ちる部分が少なくない。サンフェスにいたる過程もそうだし、夏の合宿もしかり、束の間の休息のプールの話とかも決してインターバルなどではなくて、それぞれの関係のために必要な部分が少なくない。そこをカットしてしまって大団円に持ち込んでもどうにもおさまりがよくない。

トランペットの夢の件もマネージャーに専念することになる先輩にしても、さまざまなことがそれぞれに食い込んでくるのに、そこがなくなってしまうとやはりどうにもおさまりがよくない。

仮にこれがどちらかひとつということだったらそのあたりも加味したものだったかもしれないものの、それぞれに分かれてしまったがゆえに変な齟齬を生じないようにあえてまったくばっさりと切ってしまったかのようで。

いろいろもったいないエピソードも多いので、すでに三年生編がテレビシリーズで制作されているようではあるけれど、二年生編もテレビシリーズでやり直してくれたらよいのだがなあと思うのは、少々贅沢な希望だろうか。

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編 (宝島社文庫)

 

 

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編 (宝島社文庫)

 

 

| | コメント (0)

「ふくやまけいこ初期作品集 1 エリス&アメリア ゼリービーンズ」を買った

たまたまタイムラインに流れてきて出版を知ったので買った。

もちろん、過去に徳間書店から刊行されたものも持ってはいるのだけれど、こういうのはここで購入実績を残してあげないと以降の刊行に影響することもあるので。

とはいえ、ごくごく微々たるものでしかないのも事実ではある。それでも小さなことからコツコツと。

このエリス&アメリアシリーズのあとがきイラストにいろいろとふくやまさんが描かれていたのは収録されておらず、やや残念ではあるが、そこにアメリアの名前の由来について少し触れられている。

伝説の女性飛行家アメリア・イヤハート(イアハートとも)からひいたと。世界一周飛行に挑戦して最後に消息を絶った。今もそうかは知らないが、徳間版刊行当時はまだアメリアを探す活動があったやに聞く。そのくらいアメリカでは知られた女性だった。

もはや徳間版は入手不可なようなのもあっての再刊ということと思う。次巻ではほぼ入手不可だった「何がジョーンに起こったか」ということで、これももちろん買いだし今後ももしも続くのであれば期待したい。

本当は、「ふくやまジックヴック」が復刊されたらなのだが、復刊ドットコムでも票は集まるものの実現不可らしいので難しいとは思う。残念。

閑話休題。

エリスとアメリアが紡ぐ楽しくて、切なくて、暖かい物語の結末をぜひ。

#同時収録の短編もほぼ初出雑誌を持っていたりするのだった。2 巻では「タップくん」も収録されるらしい。

エリス&アメリア ゼリービーンズ (ふくやまけいこ初期作品集1)

 

 

何がジョーンに起こったか (ふくやまけいこ初期作品集2)

 

| | コメント (0)

「かげきしょうじょ!!」1,2,3 を読んだ

昨年夏のアニメといえば「かげきしょうじょ!!」。どれほどよかったかといえば、@tmtms さんが原作漫画既刊をまとめ買いしたくらいに。

自分もと思いつつも諸般の事情により遅れに遅れてようやく今はじまったところ。

連載誌の異なる部分である冒頭をまとめたシーズンゼロはすでに読んでいたし、たまたま無料だった電子書籍では読んでいたところだけれど、あらためて紙書籍を購入した。(2 巻の巻末部分が製本時に破損されているままだったのがいたいけれど、あとで補修する)

一年経過したので話の展開がアニメではどうだったか詳細には思い出せないのだけれど、たしか大運動会をやって一年が終わろうというあたりだったか?

この 3 巻で運動会の導入あたりまではきていて、とはいえ、山田さんのエピソードとかはまだでていないし、基本夏休みがあけたというあたりまで。ただ、星野さんの夏休みの淡い思い出のスピンオフが収録されていて、ああ、いいよねとふたたびあの映像を思い出したりは。

1 クールということで省かれてしまったエピソードや、変更されてしまった部分というのは、たしかに残念に思うのもわかる原作だった。はなから 2 クールあって丁寧に描けていたならねえと惜しまれる。

といって原作との都合を見るとどうやら今すぐに続編を制作というには、少し厳しいやにも聞くし、本当に惜しいことをした。力関係なのか、見る目のなさなのか。

アニメ制作の貴重な時間を無為に捨てるようなことを慎んで、業界全体が変化していくことが望まれるなあ。

 

かげきしょうじょ!! 1 (花とゆめCOMICS) コミック

 

 

かげきしょうじょ!! 2 (花とゆめCOMICS) コミック

 

 

かげきしょうじょ!! 3 (花とゆめCOMICS) コミック

 

| | コメント (0)

「ヨコハマ買い出し紀行」1,2,3

ふと見れば 1 巻も記録してないのでまとめて 3 巻分。

ロシア語版が出版されるというのを見かけて、その絵の雰囲気がよいなと調べてみたら、なにやらある意味終末世界のお話のようで、気になったので読み始めてみたのだった。

店主はどこかに行ってしまったようで(理由もわからないが)、ひとり残されて喫茶を守っているロボットのアルファさん。スクーターに乗ってあちこち行くが、すでに道も失われてしまったりで引き返したりとそれもまた冒険。

そんな喫茶や周辺で起こる日常をふんわりと描いた一連の作品群。絵のタッチのしなやかさがなんとも心地よい。

作品世界の理由とか細かいことはほぼ語られないのでわからないことのほうが多い。ともかく、今はそういう世界になっているのだと思って穏やかな時間を共有する、そんな作品。

ロボットとはいうけれど、ほぼ人のように行動、活動できるという想定なので、はたしてその設定は必要なのかと思わないでもないが、物語の最後にはそれもまた納得できるのだろうか。

紙のコミックスはすでに絶版なまま。新装版もでていたようだが、こちらも同様。かろうじて電子書籍として残されているのが、せめてもの救い。

そこそこ巻数があるのでぼちぼちと。

 

ヨコハマ買い出し紀行(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

ヨコハマ買い出し紀行(2) (アフタヌーンコミックス)

 

 

ヨコハマ買い出し紀行(3) (アフタヌーンコミックス)

 

| | コメント (0)

「冒険エレキテ島 2」

ようやく読んだ 2 巻。とはいえ、この巻もずいぶんと間をあけてようやくでたもので、さらにまた月日は流れている。

ついにエレキテ島に到着して謎の住人たちとの遭遇があるのだが、なんとも胡散臭い人々ばかり。

そのくらいこの島は特別で秘匿された存在ではあるのだろうな。

アメリアはすでにいないので荷物を持って帰れとはいわれるものの島を捜索していて、ついにだれかと遭遇する!

というところで終わってしまった。気になる。

が、続きが出るのはまだ数年先か、それとも。

うーむ、なんとか未完では終わらせないで欲しいなあ。いかような解釈であったとしても。

期待して、待つ!

 

冒険エレキテ島(2) (KCデラックス)

 

| | コメント (0)

「アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル」

ちょうど一年前くらいだったかになにかのツイートで知ったのをリストにいれておいたように記憶。ようやく購入した。

しかも、アウトレットブックということで半額になっていて、かといって汚損があるということでもなく、専用のシールが貼られているだけ。

もともとアニメーション業界にいたわけではない奥田さんが、いかにして業界にはいることとなり、1960 年代以降の作品でのべ 1000 本近い絵コンテを切ってきたことの履歴書。

当時の世間や業界の空気といったことまで描かれていてなかなかに興味深い。

幾多の紆余曲折もアニメ業界の栄枯盛衰とも重なって、この先を占う一助といってもよいくらい。昔はよかったなどという話ではもちろんなく、早くからコンピュータ導入に関与した経験もあって、昨今の状況の長所も短所もすっきりと示してくれたりもする。

奥田さんというアニメーターおひとりの自叙伝にとどまらず、日本のアニメーション史のひとつとして資料的価値も十分。

本来であれば、全体を俯瞰したものをどなたか編集者さんがまとめるという作業をいまのうちにやっておくべきなのだろうが、それもなかなかに難しそう。

せめて、著名な方々による個々の履歴書でよいので上梓してくれたらと願うばかり。記録は重要だ。

 

アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル

 

アマゾンだと中古になってしまうようだし、アマゾンが販売のは通常価格品のようだ。honto あたりだと時期にもよるがアウトレットブックとして購入できるので、そちらを見てからでも遅くないかも。

 

| | コメント (0)

「リコリス・リコイル Ordinary days 」

アニメの思ったよりの人気にあやかってという体ではあるものの、出す予定はあったのではないか、とは思っているのだがアニメでは登場しない日常を小説にしてみたという文庫本が発売になった。事前の予約ですでに重版が決まっていて、円盤全巻セットの事前予約に負けじおとらずの人気だったらしい。

買うにしても落ち着いたころでよいかと思っていたのだが、発売当日のタイムラインを見ると「ない」「ない」という阿鼻叫喚が並んでいてあれまあと思った。

ではとネットショップなど見ると確かにそうらしいが、ヨドバシドットコムを見れば在庫がある。ならば買ってみるか、ということで注文したら問題なく届いた。とはいえ翌日には在庫がなくなって販売休止になった。(その後、取り寄せになり今は在庫があるようではある)

タイムラインにならぶ速攻読んだという感想は、どれも面白かったというものばかりではあったし、ラジオでの若山さんは「最後、泣きました」といっていた。

そうなのかあ。と思いつつ読み終えた。ページ数の割に短時間だったのは、ライトノベルにありがちな段落の短さもあるかもしれない。

で、ひとことで言うならば、

同人の二次創作小説

だった。

というのも、アニメのほうは監督の意向もあってキャラクター同士の自然な掛け合いが感じられるようにセリフを変えたり、アドリブをいれてもらってよいということだったようで、むしろそうしたアフレコ(最近は本来のアフターレコーディングの意味がまったく失われているが)の結果を受けて作画していたという面が強かったようで、声優さんの演技がキャラクターの動きにまで反映されていたらしい(クルミが機内のミズキを呼ぶ場面で地団太踏むのは台本にはなかったらしい)。

また、その後の脚本でのセリフ回しにも反映されたやに聞く。

そういうことがあって、アニメでのキャラクターそれぞれが、しっかりと独自の色を持っていたし、それが脚本にもきちんと反映されていた。が、しかし、アサウラ氏はストーリー原案であって脚本参加しているわけではない。別名義で実は参加しましたということが、あるいはあるかもしれないが、本作を読む限りでは考えられない。

それくらいキャラクターが別物になっている。

キャラクターの所作、話し方、そういったものがアニメとは違う。やや近いところはたまにある。けれど、やはり全体として見ると違う。アニメが作られるなかで醸成されていったそれぞれのキャラクターというものが、この小説には存在しない。

だから、同人の二次創作小説の域でしかない。

正当な本編とは違うが、正当な外伝ではなく、まったくの同人。

それぞれはそれなりに面白かったし、それは悪くない。ただ、土井というキャラクターにたきなが恋しているのではという冒頭作品の誤解はそこで解決してしまったはずなのに、あとの話でなぜかそれが蒸し返されたりというのは、時系列的にも少しおかしい。

若山詩音さんが泣いたというのは、おそらく最後の話が、あまりにハードである意味「リコリコ」らしくないからか。切ない話ではある。が、結局きちんと結末まで書き切ることができなくて、あいまいになってしまったのは、ちょっといただけないかなとも。そこを逃げてしまってはせっかくのハードな内容に水をさす。そこをきちんと書ききってこそ、ハードな内容をあえて書いた意味があったのではないかな、とは思う。もちろん、そういう書き方が悪いわけではない。

どちらかといえば、もっとライトな小品を連作にしたほうが、スピンオフとしてはよかったのではないか、とも。

まあ、同人としては上々です。

できれば、脚本担当の方々による正当なスピンオフを待ちたいところ。

(円盤二巻のドラマ CD の脚本がアサウラ氏ということで、ちょっと不安である)

リコリス・リコイル Ordinary days (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧