「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のみんなの話」を読んだ

 アニメ三期が最終回を迎える直前に、その三年生編の空白を埋めるかのような短編集が発売になるという絶妙のタイミング。

 とはいえ賛否はあろうけれど、個人的には世界を破壊してしまったのでもはやアニメではありえない世界線が続く世界の物語で、ある意味こうあるべきであった真実の物語たちがそこにあった。

 新一年生のある意味お騒がせ四人組の物語であったり、緑によって素直に成長した求の物語であったり、大学生となったなかよし川のぞみぞの遅い夏の物語があったりとバリエーション豊かだ。

 重要なのは、たとえば奏と真由の掌編だったりする。はじめから真由のもつ不穏な空気に敏感だった奏は終始真由から一定の距離を置こうとしているわけだが、そのあたりのわだかまりがきちんと解消されて「真由先輩とお呼びしても?」と言わせるまでを描く。

 全国大会でのユーフォソリが久美子になったからこそ描けた掌編であり、真由の生い立ちを描いた短編と合わせると真由自身の悪意のない悪意とでも呼ぶべき性格や行動と含めて、すべてがしっくりと氷解していくさまがある。

 アニメ三期の結末にファンが求めていた本当の展開は、これだよなあとあらためて残念に思う。一度、あのような改悪をしてしまったら、とってつけたようにこれらを導入してもそれはどうみても嘘にしかならない。本心の物語にはどうしてももう見えない。上っ面だけとりつくろって見せているだけにしか見えない。

 けれども、ここには、正しい幸せな世界線が続いている。

 次の部長ほか幹部を決めるという短編群。もちろん、麗奈も一緒だ。けれどもアニメの展開ではたしてそれが実現しうるだろうか。アニメスタッフとしては何の問題もなく実現できるという考えのようではあるが。

 まして、卒業旅行をかねての沖縄での演奏遠征の中編をどうあっても想像できない。

 たぶん、原作の奏であれば、仮にアニメのような状況になっても久美子に泣き顔を見せたりしないのではないか。すっかり久美子べったりになった奏ではあるが、香織に対する優子のそれとはたぶん違う。

 最後にはすっかり、いやもともとそうであったのであろう副部長としての奏がそこにいる。

 もはやアニメ世界線では描けなくなってしまった世界のしあわせな未来も過去も。

 むしろ、こうした短編群を今後も適宜書いてくれたら、原作ファンは報われるかも。

 

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のみんなの話 (宝島社文庫)

 

| | コメント (0)

「蜂の奇妙な生物学 生物ミステリー」を読んだ

 coco さんが大量のイラストを長きにわたって描き続けた結果ということで、ようやく手にした。見開きの右側に本文、左側に関連したイラストという構成で作られているのでほぼ半分はイラストということで、これは苦行だったろうなあと勝手に想像してしまう。お疲れ様です。

 おおざっぱに言えば蜂にまつわるトリビア本とでもいうのが正しいかと思う。冒頭では蜂というものについての基本的な、そして意外と理解されていないであろうことについて割と丁寧に解説されている。文章量もそこそこ多い。つづく各章ではテーマ別にさまざまなトリビアが紹介されていく。よく知られたこともないではないが、生態など知らずにいることも多いし、実は生活に密接にかかわっているということのいろいろを知ることにもなってなかなか興味深い。

 難を言えば、本文に改行がなく、いささか読みにくさはある。情報量をどうしても削れなかったのだろうけれど、やはりそこはもう少しがんばるか、構成そのものを工夫するかしたほうがよかったのではないか、とは思う。

 トリビア本なので、無理にはじめから読む必要はないので、パラパラとページをめくっては、気になったところを拾い読みするということでも楽しい。

 「ずかん ハチ」と合わせれば、入門書としては、なかなかに完璧な布陣ではなかろうかと。

 

*ちなみに「いきものがく」であって「せいぶつがく」ではない、というのもポイント

蜂の奇妙な生物学 (生物ミステリー)

 

 

| | コメント (0)

「飛び立つ君の背を見上げる」を読んだ

 単行本で出たときにも気にはなっていたもののそのままになってしまい、今回文庫になったというのでいい加減読まなくてはということで購入した。なかよし川世代の四人をめぐる掌編の集まり。メインとしては夏紀ということになるのか。夏紀目線というか。

 コンクールも終わって、三年生としては部活を引退して、さてあとは春の卒業までのモラトリアム的な時間を描いたというところ。幸いにしてみぞれ以外は早々に進学が決まったという流れなのでそういう感じになる。本編では語られるはずもない物語たち。

 しかしながら、この四人の絶妙ともいえる関係が十分ひきだされた物語たちなので、それぞれのその後も含めて実に幸せな時間を共有できる。まあ、現実ではなかなかそうもいかないかもしれないし、そうでもないかもしれない。とはいえ、そうした時代をとうに過ぎた者としては、懐かしさとともに憧れのようなものもまた感じてしまう。

 こういう掌編も OVA にしてくれたらうれしいがなあと、つい思ってしまう。久美子三年生編もまもなく終わり。きちんと最後までアニメ化するという稀有な作品ともいえそうか。昨今はつまみ食いばかりだから。

飛び立つ君の背を見上げる (宝島社文庫)

 

| | コメント (0)

「足もとの楽園 ちっちゃな生き物たち」はよいぞ

 たしか coco さんが RT したとかのツイートだったのだろうと記憶する一冊。

 粘菌とかコケとかで生活している小さな生き物たちの写真集。トビムシとかダニの仲間だったりが多いようなのだけれど、その小さな世界で実に多彩な姿かたちをしているのを知るとなんとも愛らしい。

 トビムシというのは、たまに屋内でもみかけるあの仲間なのだろうかと思う。ぴょんぴょんとはねて見る見る消えてしまう。その姿がクロースアップで見れば、そんな様であったのかと思うと生き物の不思議も実感する。

 粘菌やコケの生態のおもしろさもあらためて感じたり。

 たしかにダニについてはあまりよいイメージはないし、できれば関わりたくないと思うのも事実。とはいえ、たとえばコンクリートによくみられる真っ赤で小さなタカラダニなどは人体に害はないという。その動きを観察しているとそれなりに面白かったりした経験はある。

 それにしても小さな世界なので年寄りの目には肉眼で観察するのは難しいであろうし、やはりここはちゃんとしたマクロ撮影のできるカメラが欲しくなってしまう。いや、それは本末転倒なのではと思うものの、そう思わせてしまうかわいさがこの本にはあるのだった。

足もとの楽園 ちっちゃな生き物たち

 

| | コメント (0)

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌」を読んだ

 書き下ろしの中編(というくらいの長さかの)2作とあとは吹奏楽部にまつわるあれやこれやを編集した一冊。久美子一年生編のコンクール後からあすかたちの卒業までの補完という感じの作品。みぞれの意外な一面がみられたりもしてなかなかよい。

 インタビューやらキャラクター紹介やらもあって確かに公式ガイドブック。門外漢にとっては作品世界を補完するために十分役立つという感じではある。

 文庫サイズなのでガイドブックとしてはちょっと物足りない感がしないでもない。まあ、書棚に並べたときを思うとこのほうがよいのかもしれないけれど。

 

| | コメント (0)

「うつりゆく日本語をよむ ことばが壊れる前に」を読んだ

 ことばは変化するものではあるので時代を経てその意味合いや使われ方に変化が生じることは避けられない。

 そういう視点の上でなお、さすがにこうした使われ方は現状においてはどうだろうか? という気づきを忘れてはいけないのではないかという一連の提案。

 ことに新聞やテレビといったメディアでのことば使いがどうにも安易すぎるあたり。もちろんそれはおおやけの目につきやすいからというのもある。

 また、ことばには「書きことば」「話しことば」といった違いがあり、それぞれの特徴、状況といったことによってその意味あいが異なることにも着目。

 会話の場合には、お互いに話す内容についての共通認識というものが必要となるが、仮にどうも勘違いしているなと思えば、その時点で確認してただすことが可能であるのに対して、書きことばの場合には書かれているものがすべてであるので、そうした共通認識が得られるような書かれ方、ことば選びというものが必要となる。

 ところが昨今は「書きことば」に「話しことば」が進出することがふえていて、そうした共通認識をまったく考慮しない例が増えてきているのではないかと。実際、なんど読んでも意味をくみとれない文章というものが増えている印象はある。

 書きことばはややまどろっこしさがある。けれどそれを排除して話しことばだけにしては、のちのちの世にことばを伝えることも難しくなるとも。

 古文書が読解できるのは、そうした共通認識的な書きことばというものがあるからであって、話しことばだけで書かれてしまっては、それはもはや長く残されることも理解されることもなくなってしまうのではなかろうかと。

 近年は話ことばで書かれた文学というものも増えているけれど、そうしたものはおそらく 50 年 100 年後に読まれるたときに、読みにくく、意味の理解が難しくなっている可能性はたしかに高いのではなかろうか。

 そこへ近年「打ちことば」が登場して状況はますます混迷を増す。

 変化そのものは受容すべきではあるが、それはまた時と場合による使い分けを求められるということに過ぎないのではないか。そこをおろそかにしてしまうと本質的なことばの意味を失ってしまうのではないかと。

 大切な気付きを与えてくれる一冊。

 

うつりゆく日本語をよむ: ことばが壊れる前に (岩波新書 新赤版 1907)

 

| | コメント (0)

「アンの愛情 巻末訳注付」読んだ

 松本侑子さんの新訳の新訳とでもいうべき文春文庫版の三巻目「アンの愛情」を読み終えた。ちまちまと寝る前読書だったのでずいぶんとかかってしまったが、ひとつひとつの章が短めなのもあって割とちょうどよい感じではあった。

 かつての村岡花子訳のほうではひととおり読んでいるとはいえ、すでに遠い昔となってしまい記憶もあまりなく、ほとんど初見という感じの読書。アンが大学でできた友達たちと家を借りて共同生活していたとかまったく覚えていない。

 また、生まれた家を訪ねて両親の遠い記憶と記念の品を手にするということなどもまったく覚えがなかった。

 さらにいえばギルバートと結婚するのはもっと早いうちで、というかせめてきっちりと描かれていたような気がしたが、いや、これでは最後の最後で「やっぱり結婚しよう」の段階で終わるとは。比較はしていないので違いの有無すらわからないもののここまで印象が違っていたのかと驚きだった。

 とはいえいい感じに進めているので、かつての翻訳では4巻以降はあまり面白くなかった印象はあるのだけれど、ためしに次巻は読んでみようかという気になっている。

 本当は逐一巻末の注釈に目を通しつつ読めば理解も深まるのだろうけれど、まずは物語を追ってしまうので実はほぼ目を通していない。いずれの機会に眺めてみなくてはとは思うのだけれど、果せるかな。

 しかし、かつての村岡花子訳に親しんだ人にとっても、はじめてという人にとっても現代にむけてこなれたこの訳で読めるのは幸せなことだと思うので、手に取って損はないと思う。

 

| | コメント (0)

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前後編」を読んだ

 テレビアニメの三期を来年にひかえて原作を読むことに。久美子偉いよ、本当偉いよ久美子。

 強豪校からなぜか転校してきてしまった黒江さんの不思議な天然さに振り回される久美子にドキドキしながら読み進める。怒れ! 怒るんだ久美子! とか思いつつ、部長としてそうもできない久美子の背中を想像してけなげやなあとすっかり同期している(終わりのほうで奏にも怒っていいと言われている)。

 一方で麗奈は麗奈で加速していくし、秀一も秀一で加速していくし、ああ、ぎすぎすしてきたと頭を抱えつつ(小説だというのに)読み進めるのは苦痛なので、寝る前にちょっとずつ読むのがちょうどよかった。

 あるいは、結末はこうなのかとやや悲観的な最後を想像したりしつつ読み進める。プロローグに数年後とおぼしき姿がおぼろげに描かれているのでよけいにいろいろ妄想させる。最後にはそれらもすっきりさせるが、そうなると余計におとなになった久美子や麗奈、ほかの仲間たちの姿というのももう少し見たいなと思ってしまう。

 そのくらいいろいろな思いを揺さぶられる作品ではあったなあ。まだ、短編集が残っていたり、なかよし川あたりの作品もあるにはあるけれど。

 アニメに関していえば、その後も類似の作品がアニメ化されてもいるものの、個人的にはあまり興味をひかれない。ここまで人気になっているようにも感じられない。好みの問題なだけかもしれないけれど。

 作中登場し、アニメ化にあたって実際の曲ともなった「響け! ユーフォニアム」は、いま全国のユーフォニアム奏者によって演奏されるようになっているのだろうか、と想像したりもする。

 すでにテレビで三年生編になってしまうので、いまさら二年生編をテレビシリーズでというのは難しいだろうけれど、本当は劇場版二本という姿のままよりも再構成されたテレビシリーズでじっくり見たいという思いは強いのだがなあ。

 

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編 (宝島社文庫)

 

 

| | コメント (0)

「数学ガールの秘密ノート 行列が描くもの」

 こちらもまた記録しておいて書くのが遅れてしまった。

 ということで記録だけ。

 いや、今まで行列は苦手意識があったのだけれど、少しわかってきたような気はする。

 気はする・・・。

 

| | コメント (0)

「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」

 読み終えてリストに追加したまま時間が過ぎすぎてすっかり忘れている。

 ので、単に記録だけ・・・。負けた。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧