「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」

「青春ブタ野郎」シリーズ 2 作目。後輩女子、古賀朋絵が引き起こす思春期症候群のおはなし。

麻衣の事件も解決してようやく落ち着くかと思ったら同じ日の繰り返しがはじまる。微妙に違う毎日が繰り返される。ひとり繰り返しているらしい朋絵にたずねるも繰り返してないとはじめは嘘をつく。けれど結局は原因は朋絵にあると分かって解決策を探すが、それは嘘の恋人役を咲太に頼むということで。

人気のある上級生男子から告白されてしまったことで繰り返しをはじめた。クラスの女子グループのトップともいうべき女子が彼のことを好きなのに自分が告白されてしまうとかはまずいという気持ちから。

嘘の恋人作戦はそれなりに成功して、繰り返しは終わったかに見えたが、いよいよ夏休みにはいる(休み明けには別れたことにする設定)というところでふたたび繰り返しがはじまってしまうという事態に。

後輩、朋絵の複雑な女子グループの心の葛藤とか、痛いくらいささってくる展開。青春だね。

「だって、先輩のせいだし」

「理由を聞こうか」

「先輩があたしを大人にしたんじゃん」

「なんか、エロいな」

「先輩って、わかってるくせにいつもそういうこと言うよね。照れ隠し?」

終わりのほうのこういう会話、好き。

 

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(小説)

2018/10 から放送のアニメを見てすっかり気に入ってしまい、のちに原作小説のほうを全巻そろえ、その後出た新刊もそろえて、まあ読んだのは 2020 年ころだったわけではあるが、今も続編を心待ちにしている作品のひとつではある。

で、このところ記録をずっとさぼっていたのを思い出したので少し過去のものも順次あげておこうかというところ。細かいところはもはや記憶の霞になろうとしているので、まとめて記録するかとも思ったけれど、諸般の事情によりひとつずつ。

アニメタイトルにもなった一作目は自身の姿が周囲の人間にしだいに認識されなくなっていることに気づいたヒロイン、桜島麻衣が、誰か自分を見ることができる人物を探そうと目立つバニーガール衣装であちこち歩きまわっていたことに起因する物語。

それに唯一気づいた咲太の秘密の一端を知ることになる麻衣と、その現象の意味を知る咲太との逃避行を経ての過激にも思える解決に、青少年ならばワクワクするだろうし、もうすっかりそんな昔のことは忘れた年寄りには、あまりにもむずがゆい感覚とうらやましさとほほえましさを混ぜ合わせ得たような複雑な思いを残していく。そんな物語。

舞台も世界も基本は今この時代、世界。けれど描かれるのはいかにも不条理な不思議な世界。そんな不釣り合いな対比を不自然に感じさせない文章と展開がなかなかうまい。

キャラクターの設定や、入念に練られたより大きな大きなプロット。その大きな渦の中に小さな渦を落とし込みつつ、着実に全体を語り進める技術。SF というべきなのか、ファンタジーというべきなのか、なかなかに難しいけれど、一流の物語というのは間違いないのではないか。もちろん好みというのはある。

TV シリーズと劇場版を使ったアニメーション展開も見事だったが、それはまた。

 

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん長い夏」

 

アニメからはいったくちなのでようやくではあるけれどテレビシリーズの二期前半を読んだ。関西大会出場を決めて夏の練習が進むなかで、昨年辞めた希美が部活への復帰を認めて欲しいとあすかにかけあう事件から。

その後、夏休みのプールでの出来事とか、花火大会とか、合宿とか、そしてのぞみぞ事件を経ての関西大会まで。

実際読んでみると原作小説とアニメでは少しずつ違う部分は確かにある。ただ、大筋の部分に変更はないし、たとえばのぞみぞ事件が関西大会前日に起きたように原作では書かれているのだが、アニメでは明確ではないが数日前。ここはアニメの変更のほうがなにかと有効に感じる。現に指導の応援にきていた滝の友人、橋本が大会前日の挨拶でみぞれについて「とてもよくなった。なにかいいことあった?」と言う場面が描かれている。みぞれはそれに珍しいくらいの笑顔を見せつつ「はい」と即答する。希美とのわだかまりが解消されて本来の力を存分に伸ばす時間がとれたという余裕がある。原作のほうではその心の余裕が少し忙しい。

合宿のあたりも少し変更されている。眠れない久美子が優子に付き合わされてという場面の描きかたは少し変更されている。ここはどちらがということはさほどない。ほか、いくつかちょっとずつ変化はあるが、概してアニメ化にあたって全体を見直したうえで、適宜場所を入れ替えたりしているものの、エピソードの意味として全体の印象が変わるという変更ではない。より印象的な、効果的な並びを検討した結果という印象。

また、原作では上級生が下級生を呼ぶときにはほぼ名前のほうで呼ぶのだが、アニメでは久美子だけは「黄前ちゃん」と苗字で呼ばれることが多かった。ここはアニメならではの狙いがあったのかもしれない。確かに久美子が主人公ではあるし、ほかの同学年と少し違った印象を持たれているというのはある。

構成や演出を変えるうえで、あるいは一番大きな影響を及ぼしたのは楽曲かもしれない。小説では曲名はあっても実際の音はわからない。アニメではそのあたりを音なしでぼかしてしまう手法もあるいはあったのだろうけれど、京都アニメーションはそうはしなかった。しっかりとオリジナルの楽曲を作品用として用意してきた。そして、その曲にあわせて完璧な運指を作画するという驚異の仕事まで。

実際の音ができたことで、作品に対するイメージというものも大きく影響した部分はあるのかもしれない。二期 5 話の演奏シーンなどは特別な構成にして臨場感まであふれていた。これは小説ではなかなか難しい。逆に、アニメができたことで読み直せば、その音が(あくまでもアニメとしての楽曲ではあるのだが)イメージされてより鮮明なものに変わってくるという効果はあるかもしれない。

さて、ことばの上では少し気になるところはあった。「口端を上げた」と類似の表現が何度かでてきたのだが、おそらく作者は漫画的な表現によくある口の端のほうを上にあげてニヤリとするような表情の意味で使っていたようなのだが、「くちのは」にはそういう意味は本来ない。「口角」というのであれば近いが、やや印象が異なるかもしれない。

プールで希美と話したときの最後で希美が「久美子ちゃん」と名前で呼ぶのだが、名前を教えたという場面がなくて少し疑問には思った。そのときも「ユーフォの子」とか「自分」と呼んでいたのに。仮にそれ以前に夏紀なりに聞いて知っていた、あるいは本人が実は名乗っていたとして、そうであればはじめから名前で呼びかけているのではないかという感じで、やや不思議な感じがする。

 

響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 (宝島社文庫)

 

| | コメント (0)

「せんせいのお人形 7」

 

印刷されたコミックスでの刊行が 3 巻で止まり、以降電子書籍としてだけ販売が継続されていた 7 巻。もともとウェブの縦スクロール用に描かれたものなので、それをページに落とし込みなおす作業が必要なため多少手間はかかってしまう。それでも、ここへきてトントンと出されていて残るはもう 1 巻だけ。

展開としては、当初から予想された方向へと動きだしているようだが、Yugui さんが絶賛されたということを思うとそう単純なものではないのではと思うのだが、さてどうなのか。それではあまりにも予定調和的な結末でしかない。いちばん無難な結末ではあろうけれど。

全体としてはいつもの調子なのでよいけれど、よくよく見れば漫画とはいえ絵は単調であるなというのはあるが、これはそういう絵柄なのでということではある。ただ、できればもう少し描きこんだ作品も見てみたいようには思うか。

表情もきちんと描けるし、コミカルなものも描けるし、なかなか楽しみな作家さんではあるので。残るは最終 8 巻のみ。さて。

 

せんせいのお人形 7【フルカラー】 (comico)

 

| | コメント (0)

「数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて」

しばらく小説を読むことが続いたので中断していた「数学ガールの秘密ノート」シリーズを読むことに。本編のほうは読んでしまったので今のところは「秘密ノート」シリーズが残っている。本編にしてもブログをさぼっていた間に読んでしまったので、記録してなかったように思うのでいずれ記録しておこう。

「秘密ノート」のほうはずっと軽く読めるような構成で、テーマもごくごく厳選されている。よって手軽に読めるという点でちょっと気分転換に読むというのにも好適。

微分といえば覚えはあるものの、すでに「さて、どういうものだったか?」と思うくらいにすっかり忘れている。で、実にシンプルな意味の説明から入ってくれるので、なるほどそういうことだったかとしみてくる。

実例を扱いながら対話形式で進めてくれるので理解もしやすい。教科書もこうであったらと思わないでもないが、広範な内容をひとまず一冊に盛り込むとなれば、それも致し方ない。やはり補助的な読本としてこういうものが使える環境が理想なのかも。

数学は今一つわからない、というような人にとっても理解の一助にはなるのでは。

残念といえば、本編ほどミルカさんとの掛け合いがないとかかもしれないけれど、それはまあ今後出るかもしれない本編にゆずるとして。

数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

 

| | コメント (0)

「魔法科高校の劣等生 3,4 九校戦編 上下」(原作小説)

サクサクっと「優等生」の範囲内である九校戦編までを読んでしまっていたのだが、記録忘れ。分冊されているのにそれぞれ 450 ページあまりはあったかと思う。入学編の倍近い。が、そんな分厚さも読みやすさは格別なのであっさありと読めてしまう。ライトノベルっていいですね。

アニメ「劣等生」で数か所細かなところでカットされたり、あるいは少し状況を替えて描かれた部分はあった。大会開始前の懇親会で、深雪やエリカと言葉を交わす場面で、小説のほうでは間に渡辺先輩が一瞬やってくるのだが、そこはカットされている。まあ、ここは無理になくても困らないという点ではアニメ化の良い判断なのでは。

また、渡辺先輩の事故のあと心配して出張から一時戻ってきた兄を見つけて反発するエリカとの件も少し変わってはいる。エリカたちのやりとりを見つけるくだりが少し違い、さらにその後達也たちと愚痴る場面も少し変えてある。とはいえ、起きた事実については変わっておらず、アニメ化にあたって少し状況を作りやすくしたというところかもしれない。違和感はない。

七草会長のクラウドボールにつきあうところでも少しカットがある。アニメではストレッチを少し手伝ってもらって終わりだったが、小説では少し長めの会話があったりする。まあ、ここもなくてはならないということではないので、時間の関係でアニメ化でカットされたからといって物語がおかしくなるようなことはない。

全体としてはほぼ忠実にアニメ化されているという印象で、見事な映像化というところなのでは。文中の気になるところは相変わらず多数あるのだが、だんだん疲れてしまったのでもはや記録することはやめてしまった。

「優等生」アニメとの関連では、まだはじまったところというのもあるが、「優等生」のほうは深雪たちに焦点をおいた独自の展開のため、オリジナルのキャラクターまで登場してしまい、そもそも劣等生のそれと事件そのものが異なってしまっているという状況は如何ともしがたい。最終的な結果だけは変えようがないというか、変えてしまっては意味がないのだが、おそらくアニメ「優等生」はそういうことを一切考慮する意思がないようなのでめちゃくちゃに変えてくる可能性もある。

さて、どうなりますやら。

魔法科高校の劣等生(3) 九校戦編〈上〉 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(4) 九校戦編<下> (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「魔法科高校の優等生」4 巻でブランシュ殴り込みを確認

パラレルワールドの優等生」で示した入学編におけるクライマックス、ブランシュ日本支部への殴り込みをかけ、リーダーの司一と対峙したときの会話を原作漫画のほうでも確認した。

基本的に達也のセリフとしては書かれており、アニメで深雪にしゃべらせてしまうのは、同じ時系列の世界なのに事象が異なるというパラドックスを生んでしまう。こういう改変はしてはいけない行為だとしっかり認識させるべきだったと思うのだが、そういう意識のスタッフはいなかったのだろうな。

04084

取り急ぎこの場面があるであろう入学編の最終巻である 4 巻だけしかみていないのだけれど、それでもセリフに違いがあるというのは確認できた。ただ、漫画の場合にはコマ割や吹き出しの問題もあるので文意は残したうえで多少の改変はあっても仕方ないとは思う。同じ内容を異なる人物が話してしまうというようなことはあってはならない。

また、討論会当時のほのか、雫の行動が原作漫画では部活中となっているが、アニメではただ外をほっつき歩いていたということになっていて、なぜそんなつまらないところで改変するのかは脚本家の意図がわからない。少なくともこの玉井豪という脚本家は、原作をできるだけ忠実にアニメ化しようという意図はまったくなく、さらには自らのエロ本能全開にすることにしか興味関心がないのではないかという感想すらもってしまうくらいだ。(きけば放送終了時の提供バックでも遊んでいるらしい)

まあ、何を言ってもはじまらないのだろうけれど。これを「魔法科」シリーズのひとつとするのだけは遠慮したい。

魔法科高校の優等生(4) (電撃コミックスNEXT)

 

| | コメント (0)

「完訳版 赤毛のアン」(松本侑子訳)

村岡花子訳でひととおり読んではいるが、さすがに昭和初期の翻訳なのでいささか古臭いことは否めない。ここへきて松本侑子さんがさまざまな訳注を含めた新しい完全翻訳に取り組んで出版となったので、ずっと気にはなっていた。ようやく買ったものの、分厚さもあってか少し後回しにしたのだが、ここへきて読み終えた。よかった。

厚さはその文字の大きさにもよっているし、訳注の多さにもよる。文字の大きいのは年寄りにとってもありがたい。文章も今の時代にこなれたものなので読みやすさは格段に違うだろう。

もちろん、それで村岡花子訳に価値がなくなるなどということはなく、今も変わらず読者をひきつける魅力にあふれているのは間違いない。ただ、おそらくはこれから先の時代において次第にその文章ではとっつきにくくなっていくことも想像に難くない。いま、ここで新しい翻訳がでることの意義もまた大きいし、膨大な訳注はその世界をより詳しく知ることに大いに貢献してくれる。

以下、いくつか気に入ったフレーズ。

「マリラ、明日は、まだ何の失敗もしていない新しい一日だと思うと、すばらしいわ」

 

アンは勝手口にある大きな赤い砂石にすわり、マリラのギンガムの膝に、巻き毛のくたびれた頭をのせ、一日の出来事をさも嬉しそうに語った。(22 章)

 

アンのように思いのたけを言葉にして伝えられるものなら、マリラはいくらでも話しただろうが、生まれつきの性格と習慣がそうはさせなかった。マリラはただ、アンの体に両腕をまわし、この子を手放したくないと願いながら胸に優しく抱きかかえるのが精一杯だった。(34 章)

 

「そうさな、でもわしは、一ダースの男の子よりも、アンのほうがいいよ」マシューはアンの手をとり、掌で優しくなでた。「いいかい、一ダースの男の子よりもだよ。そうだよ、エイヴリー奨学金をとったのは、男の子じゃなかったろう。女の子だよ……わしの娘だ……わしの自慢の娘だよ」(36 章)

 

でも、今、その道は、曲がり角に来たのよ。曲がったむこうに、何があるかわからないけど、きっとすばらしい世界があるって信じていくわ。それにマリラ、曲がり角というのも、心が惹かれるわ。 曲がった先に、道はどう続いていくのかしら……緑の輝きや、そっときらめく光と影があるかもしれない……新しい風景が広がっているかもしれない……美しいものに出逢うかもしれない……その先でまた道は曲がって、丘や谷があるかもしれない」(38 章)

 

マシューが「一ダースの男の子」というところ、村岡花子訳では「十二人の男の子」となっていて、時代を思わせる。戦後間もないころでまだ「ダース」という単位についてはあまりにも一般的ではないということで「十二人」ということになったのだろうと想像する。ただ、なぜ切りのよい「十人」ではなく「十二人」なのかと疑問に思った読者も少なくなかったのではなかろうか。

もちろん、今も「十二人」といったところで特に不便はないだろうけれど、一対一という対比における「ダース」だったのだろうから、このほうがしっくりとくるといえるかもしれない。

 

いっぽうで一か所気になる文章もあった。

「はい、この箱よ。ジョゼフィーンおばさんから大きな荷物が送ってきて、いろんな物が入ってたの。(25 章 2020/3/25 3 刷

 

「荷物が送ってきて」というのは違和感のある文章。「荷物が送られてきて」とか「荷物が届いて」とかならばわかる。あるいは、原文に忠実に訳すとこういうことになるのか、はたまたミスなのか、あるいは、松本侑子さんにとっては自然な文章なのか。それは、わからないが。

赤毛のアン (文春文庫)

| | コメント (0)

「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上下)」(原作小説)

「優等生」の原作漫画のほうも確認したいとは思うのだが、諸般の事情によってひとまずはおおもとの原作小説のほうを読むことに。さすがにライトノベルというだけあってあっという間に上下巻およそ 600 ページ弱の「入学編」をのべ二日で読み終えた。

確かに文章はこなれているので読みやすく書かれているというのはある。それなりに書きなれているのときちんと推敲もされているのだろうなという印象はもった。ただ、読み進めるにつれてもともとがウェブで公開されたということもあってか、少々小説としては疑問に思う書かれ方が多用されるのは気になった。

達也がエリカに真面目くさった、ではなく、真面目な声で問うと、エリカも動揺していたのが嘘のような、深刻ではないがふざけてもいない、落ち着いた口調で答えた。

 

振り返った視線の先には、ゴツゴツした、という表現が一番しっくり来る、上背はさほどでもないが肉付きのよい(もちろん贅肉ではなく筋肉だ)、ガッチリした体格の、司と同じ三年生が立っていた。

小説としてはこうした書き方はいささかよろしくないと感じてしまう。脚本でもなく戯曲でもなくエッセイでもないのだ、こうした書き方はやはり違うのではないか。

また、多人数での会話では、誰のものかわからないままに進む場合もあって、これもよくない。セリフ回しの違いが顕著であればわかる部分もあるにはあるが、そのあたりが判然としないところも少なくない。やたらと括弧書きがはいってしまうのも小説としては少し違うのでは。

まあ、そうしたところがライトノベル的であるといえばそうかもしれない。これは当初ウェブで公開していたものなので、その後は少し変化があるかもしれず、そのあたりはもう少し読み進めてみないと判断できないかもしれない。

内容としてはほぼ「劣等生」アニメで描かれたものが原作を踏襲しているという感じ。多少端折った部分もあるにはあるが、入学編に関してはほぼすべてを描いたといってもいいのではないかという印象。もちろん、多少削除したぶんもあるのだが、むしろリズムとしてはそれでよかったのではないか。

また、気になっていたブランシュ日本支部への殴り込み場面についても「劣等生」アニメは原作に準拠という感じだ。「優等生」でセリフの話者が入れ替わるようなことは原作者としても普通は認めないと思うのだが、こればかりは漫画を読んでみないことにはわからない。ということで最終的な確認はもう少し先に。

とはいえ、ライトノベルとして物語は十二分に面白いし、ここまで精緻で細かな設定をされて世界観を作られてはもうもろ手を挙げるしかない。そして、アニメでもそうだが、そうした世界観を「説明しよう」にまかせるようなことをせずに、不明なものは不明なままに次第にきちんとわかるように塩梅するそのうまさは確かに見事だというしかない。

ということで続々読む予定。

魔法科高校の劣等生(1) 入学編<上> (電撃文庫)

| | コメント (0)

「大放浪」(田中光二)

パンデミック系の小説とかが流れてきて昨年から思い出していたのだけれど、文庫を発掘してきて再読。やや説明が長ったらしいところもあるので飛ばし読み気味ではあったけれど二日弱で読了。

しっかりと覚えていなかったのもあるけれど、こんな話だったかと。

世界中がおそらくはウィルスと思われる感染症でほぼ壊滅状態になったところで、とある実業家に選ばれていた者たちが巨大な飛行船に集結してまさにノアの箱舟となる物語。

感染症の詳細については最終的にはあかされるものの、あまり詳しくはでてこない。インフルエンザウィルスとボツリヌス菌とのハイブリッドという感じのウィルスによるものという設定。

飛行船で世界を回りつつ、選ばれし者たちを回収していくという展開なのだが、次第にそこに隠された謎があらわれてきて結末を迎えるということ。ありていにいえば、その実業家こそがウィルスを作成し、ばらまいた張本人で、選んだ優秀な者たちにあらかじめワクチンを飲ませておいた。それによって彼らは飛行船までたどりつくことができた。

けれども、その動きを察知したとあるグループによって破壊工作がなされる。最終的に飛行船に乗り込んでワクチンの情報を得ようと画策する。というような話。

小松左京の「復活の日」ほどの設定の深さというか、物語の深さというかはない。冒険物語だから。とはいえ、実はもう少しそういう話だったろうかという思いはあったのだが。

ま、絶版なのでネタバレでも。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧