「ひとり」のこと

 ふと「ひとり」(篠原美也子)が Youtube あたりにあるだろうかと思い検索していたら意外なものが見つかってしまったのでメモなど。(いや、以前 Youtube で見たような記憶も実はある)

 [ 2014年夏のこと・前編 ]

 [ 2014年夏のこと・後編 ]

 [ [mixi]篠原さんの曲が盗作されています。 - 篠原美也子 姉御! ]

 当該の歌については知らなかったのだけれど、まさかそんな話がこの夏に起きていて、しかも続報が今月はじめにあったばかりだったとは。嘘もつき続ければ本当になる、などというのはよく言われることだけれど、それを地で行っていたのかという思いと、いくらなんでもという思いとちょっと複雑な感じがしないでもない。

 たしかに mixi のほうにもあるように、篠原美也子という今ではややマイナーな知る人しか知らないという感じの歌手では世間的な認知度がそう高くなくて、結局気がつける機会を逸したまま今日にいたっていたということなのはあるのだろうなと。

 篠原さんご本人による前編を読んでいると、ライセンスというか出典というかそのあたりだけ修正してこれからも歌っていってはどうでしょうという提案は、もう二度と歌わないことで謝罪の意思としたいという相手の意向からかなわないままらしいが、歌につみはないとでもいう粋な提案だったかもしれない。

 それはともかくとして、JASRAC の存在意義というものについて今回知るにつけ、あの団体は本当になんのために存在しているのだろうかと思ってしまう。もはや他人の権利で儲けているだけの悪徳団体みたいな感じさえしてしまう(実際にそうだというのではなく、あくまでも存在意義ということを考えたときの必要性という観点において)。曲を作った本人、著作権者でさえ金を JASRAC に払わないと CD などを作れないとかいうのはなんなのだろう。あとから返ってくるからいいという問題ではないような気がする。

 出産も病気ではないからという理由で参院にたいして一時的に費用の全額を支払わなくてはならないのにも似ているというか。それにしても権利を預かって管理しているだけで著作権は管轄外ですからとかいったいなんのためにあるのだろうかと。いやまあ、その通りとしかいえないとしても本当に必要なのだろうかと。

 まあ、それはそれ。

 30 年あまり前。たまたま FM から聞こえてきた「ひとり」の曲名と篠原美也子という歌手名をメモしたのがはじまり。その後すっかり忘れてしまっていたのだけれど、後年になってようやく CD など買って聞き出したのだった。そのころにはもう日本を離れていて活動はされていなかったかもしれない。

 すっかり噂を聞かないなあと思っていたある日、新聞だったかに記事がでていてアメリカだかから帰ってきてインディーズレーベルで CD を出したというようなものだったか。しかも、出産まで。驚きの連続。その後はしばらくウェブをチェックしたりした時期もあったのだけれど、最近はすっかりご無沙汰になってしまっていた。

 「ひとり」をはじめとして「風の背中」とかいい歌も多いのだけれどなあ。ちなみに高橋会長もお好きなようで「おお!」と思ったのも新鮮な思い出。

 こちらはもう入手できないのだなあ。

B00005GCUB海になりたい青
篠原美也子
テイチクエンタテインメント 1993-05-21

by G-Tools


 このアルバム所収の曲らしいが持っていないのだった。

B00005IWZB新しい羽根がついた日
篠原美也子
SONG BIRD 2001-04-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MD から PC へ

 昔むかしにエアチェックしたカセットテープを数年前におおむね MD に移した。カセットテープはさすがにかさばってしまってというのもあって。ところが近年になって MD の終了が発表されてしまい、手持ちの再生機器が使えなくなるともはや再生することがかなわないということで、これは早めにほかのメディア形態に移しておかなくては、と思っていたのだった。

 ということでまずは MD から PC に移して保存をという作業をはじめたのだった。枚数が多いので結構な時間がかかりそう。しかも番組そのままだと曲の頭だしとかできないままになってしまうし(MDではインデックスつけているのでよいのだが WAV とか MP3 ではそうもいかないようだし)、いずれそれらを分割してなどという作業をしておけば曲名とかもわかり、連続でなくても飛ばし聞きとでもいうのかができて便利なのかもしれない。ただ、手間はかかるのでひとまずそれは後回し。まずは移してしまわなくては。

 で、さてどうやろうかと考えて、まずはマイク端子から録音を試みた(ラインインがないので)。Sound Engine Free を使ってみたのだけれど、なぜか時々音が飛ばされてしまう。数秒置きに瞬間飛んで録音されてしまう。CPU 使用率が高くなるとよくないというけれど、せいぜい 10% 程度でしかないのでそういう理由も考え難い。これは弱った。

 ということで今度は Windows Media Encorder を使ってみる。こちらでは音が飛ぶということもなく録音はできる。ただ、WMA 形式なのであとで処理しようとするときにはちょっと不便な感じ。

 ではということで VHS ビデオを取り込むために購入したビデオキャプチャユニットを使ってみることに。例によって音声レベルが極端に低くなってしまうという問題はあるのだけれど、音が飛ぶようなこともないし、勝手にファイル名をつけてくれるので連続して作業しても面倒が少ない。mpg ファイルとして保存されるけれど、WAV に出力させれば Sound Engine free でノーマライズなりすれば問題ない。録音中の音声も勝手に再生してくれるので確認にも便利。

 ということで本来はビデオ用だけれど音声の取り込みにも使用することに。で、実に懐かしい音源についつい聞き入ってしまうという。いやあ、いい時代だった。などと言っているくらいには歳をとったということだなと。

 しかし、考えてみるといまだカセットテープは生き残っているわけでもあるし、究極的にはもう一度カセットテープにも残すということなのかも。いや、その頃には自分が存命かもわからないのだから、そこまですることもないのか。などとしばしあれこれ考えてしまったり。

 温故知新。

B00428BF1YI-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2
アイ・オー・データ 2010-09-30

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

女々しいのは男

 テレビにしても雑誌などにしても、一度見始めてしまうとついつい続きが気になってしまって連続してみたり、購入したりということになってしまいがち。ということもあって初回以外は見てきた E テレの「アンジェラ・アキのソングブック」。いや、実際面白かったし、なるほどと思うことも多かったので実に有意義だったのだ。

 最後の作品は「 Without You 」。ところが歌詞を訳してみていくといろいろと学生さんほかから意見が。こんなに女々しいのは絶対にこの主人公は男だ!とか、「君はどうしても知っておくべきことがある」みたいなのは、なにをそんなに自己陶酔しているのかといった感じで。

 まあ、確かに男だろうなあというところや、いくらなんでも諦めが悪いだろうという感じは次第に増してしまう。

 と、シンプルゆえにいろいろ妄想をたくましくするには楽しい歌でもあるのだなと。いや、そういう歌ではないのだろうけれど。

 そして、曲の紹介ででてきたのは実はカバーでマライア・キャリーが歌っていたとかで、その前にはニルソンという男性が歌っていたといって流れてきたのを聴いて、「ああ、はじめに聴いたのはこちらだなあ」と。

 しかし、それもまたカバーで、もともとはバッドフィンガーという男四人のグループだったとか。しかし、このメロディーはどう聴いてもうれそうにない編曲で、ニルソンのカバーがあったからこそ売れた歌だったのだなあと。

 さながらかつてのラジオ英会話を彷彿とさせるような大杉先生(随分と痩せられたけれど)もよかったなあ。残り一回。(再放送の視聴なので)

4142131052アンジェラ・アキのSONGBOOK in English (語学シリーズ)
大杉 正明
NHK出版 2011-12-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スピリット

 NHK 「SONGS」でイーグルスというので録画。寒さもあって遅い時間の番組はオンタイムで見ることが少なくなったなあ。当時の映像などで曲を流してくれたりしてなかなかよかったし、インタビューも。あたりまえなのだけれど、すっかりおじさんで(ある意味じいさんでもある)、そんなところもまたなんだかよかったりする。

バンドも国も政府も批判を受け入れる強さを持たなきゃだめなんだ(ドン・ヘンリー)

 今じゃこの国もなにかと迎合する社会だったり人々だったりするようで、そういう志を持ったものが生まれる空気というのは廃れてしまったのかなあ。

'Please bring me my wine'

He said, 'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine'
(ホテル・カリフォルニア)

 憎い歌詞だよね。

B000BR2MGCホテル・カリフォルニア
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-12-21

by G-Tools

 意味はそうだけれど、”ならず者”とタイトルしてしまうと、なんかちょっと嫌な感じもするなあ。デスペラードでもいいような気がする。

B000BR2MFIならず者
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-12-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンドネオンの響き

 2 日に放送された NHK の「北斎・幻の海」というのを途中から見たのだった。なんとなくだったのだけれど、どうも試し刷りくらいしかされてないと噂された作品だったらしく、しかも国内なのかにある資料では状態があまりよくなくて色合いなどもあせていたりするようす。で、パリで見つかったというそれは製本された形らしいのだが横長すぎるということでカットされているという。

 結局色合いはパリのそれを、カットされた図柄の補完は他のものを使うことにしてすべての復刻に取り組んだ様が放送されたのだった。(と、思う)

 まあ、その内容そのものもそれなりに面白かったのだけれど(波の描き方の起源は、とある彫刻家の欄間にあったとか、復刻していく作業の様であるとか)、最後に小松亮太の名前が出てきたのが意外な感じで驚いたという。あー、彼の音楽だったかあ、と。

 なんとも久しぶり。知ったのは FADV だったはず。独特のバンドネオンの音って、なんともゾクゾクするものがあるのだよね。再放送があれば、しっかりと聴きなおしたいのだけれど、今のところ予定はないのかなあ。(正月特番だけに、再放送はない様子・・・)


 久々に聴きなおしてみよう。

B0002ZEZZEブエノス・アイレスの夏
小松亮太
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2004-11-17

by G-Tools

B001F6QIEK小松亮太ピアソラ・ベスト
小松亮太
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2008-11-05

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

歌も映像も

 今年は NHK みんなのうたが始まって 50 年なのだそうで、昨日元日夕方に特集番組があったので見た。FM で三昧番組をしてくれることもあったのだけれど、実のところみんなのうたはやはりテレビでないといまひとつ意味が薄い。歌はもちろんのことなのだけれど、あの映像も魅力のひとつであるし、ある意味あれがあるから価値があるともいえるわけで。

 残念ながらたかだか 1 時間半あまりの時間では、紹介できる量が限られていて、主だったところしか紹介されなかったけれど、大好きなもののひとつ「僕は君の涙」がフルであったのはうれしかったところ。太田裕美の歌もさることながら、南家こうじさんのアニメーションを見たいというのも価値のひとつ。こうした場でしか見ることができない。その意味では、昨年の「フレ!フレ!大丈夫」だったかもなかなかよかった。

 近年はやや見ることが少なくなってしまったけれど(放送時間の変遷が理由でもある)、このところ運よくみることも増えてきた。「グランパ ツイスト」では、高橋まゆみさんの人形が踊っていて驚いたし。

 もう一度みたいで言ったら、「おでんのうた」とか「小さな汽車」とかなんだけれど、映像って残っているのだろうか。

 先日の「信濃の国」の話ではないけれど、こうした歌が日常のなかに自然と流れていて、知らず知らずのうちに耳に残っていて、大人になってからふと口をついて出る、などということがあると、一気に当時の風景が浮かんできたりしてというのは、いいよねと。

 そんな幼児体験も大人体験もあたえてくれる可能性を持っているものとして、NHK の価値はもっと高めて欲しいなあ、とも。

#明日、3 日の 10:05 から再放送があるらしいので、未見の方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

B0039M42EQRAY OF LIGHT(DVD付)
中川翔子
SMR 2010-04-28

by G-Tools

 ハガレンの最後のエンディング曲として使われているのを聴いて、「いい声してたんだなあ」と思った。今まではあまりそういう印象がなくて、単に二世タレントくらいにしか思ってなかったのだけれど。

 漫画の連載は現在発売号で完結とかで、アニメも残り三週分とか。ひょっとして新たにアニメ化したのは、完結の目処がついたから、それにあわせてということもあったのかな、とも思ったり。もう少し、楽しませてもらうということで。

 ハガレン・ベストもちょっとひかれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人と世

B0039M42M8花蓮街(初回限定盤)(DVD付)
一青窈
フォーライフミュージックエンタテインメント 2010-04-21

by G-Tools


 そういえば新歌謡を標榜した曲以降の、新しいアルバムが出たということだったので、買ってみた。発売から半月以上になるので、DVD 付きの初回限定版などは、もはや終っていて入手できないと思っていたのに、意外にもまだ問題なく入手できた。amazon にも連休中で在庫がなかったようだけれど、再入荷したらしく在庫ありになっている。大量に作っているのか、はたまた今回は売れ行きが芳しくないのか。実際、amazon でのレビューは割と厳しい感じが強い印象。

 聴いてみると、率直なところとして、どれもみな似たような平板なイメージに映ってしまう。もちろん、それぞれ異なるのではあるけれど、全体的なイメージがある括りで固まってしまうような。その中で異質なのは、新歌謡=進化窈ということで、発表された歌のひとつ「うんと幸せ」だけ。進化というよりは、これまでの一青窈の雰囲気に近いともいえるこの曲は、それだけに違和感は少ない。

 新歌謡とはいいつつも、影響を受け、ある意味目指そうとしていたらしき、阿久悠を彷彿とさせるようなものは、せいぜいがところ「ユア メディスン」くらいかなあ。実際、これが新歌謡3部作のはじめだったわけなので、当然なのかもしれないけれど、ほかは昭和テイストな歌謡曲を彷彿とさせる、というよりは、むしろ今風のポップスをイメージさせる軽い感じの曲がほとんど。電子楽器が前面にでているのもあり、進化といえば進化かもしれないが、歌謡かというと、そうでもないような。

 はたしてこれは、進化なのか退化なのか、はたまた単なる変化に過ぎないのか。

 もちろん、どこへ向かうかは一青窈本人の問題であって、視聴者がつべこべ云ったところではじまらないところではあるけれど。デビュー以来のものが、ずっと変わらずにいることがよいとは思わないものの、では、これが、目指すべきものなのかというのは、さてどうなのだろうかとは、思わざるを得ないか。

 ということで、歌詞が書かれた冊子(といっていいのかな)をみると、なるほどと疑問氷解。すべて小林武史氏ひとりによる作・編曲。唯一、「うんと幸せ」だけは、武部聡志氏との共作だった。どうりで、どれもみな同じ印象なわけだ。

 ついでということで、過去のアルバムの作・編曲者を調べてみると、ここまで偏ったものはかつてなかった(ベスト版は持っていないので、それ以外のもので。作・編曲なので曲数より多くなる例もあり)。多彩な人材による作曲が、これまでの一青窈を一青窈たらしめていた。そのイメージは実際多彩でありながら、大きな一青窈というひとつの形をきちんと作っていたようには思う。

【月天心】

武部聡志 3
溝渕大智 1
マシコタツロウ 2
富田素弘 2
森安信夫 2
山内薫 1

【一青想】

富田素弘 3
井上陽水 2
マシコタツロウ 3
武部聡志 2

【&】

富田素弘 2
マシコタツロウ 1
武部聡志 3
都志見隆 1
山内薫 1
小林武史 1
金子隆博 1
森安信夫 3

【Key】

武部聡志 9
秦基博 1
皆川真人 1
川江美奈子 4
Akeboshi 1
高野寛 1
鈴木正人 2
横山剣 1

【花蓮街】

小林武史 13
武部聡志 1

 パッケージには、「『花蓮街』という架空の街でうごめく真実と虚構、感情が織りなすコンセプトアルバム」とかかれていることを思うと、新歌謡・進化窈を目指した曲を含む、企画アルバムにすぎないというようにも受け取ることができるのかと。とすれば、この先に発表される動きで判断されるべきなんだろうね。そうはいっても、ここまで個人によるというのは、別の理由もあったのかなどと想像してしまったりはするけれど。

 ただ、架空の街というのであれば、もっとその街がイメージできるような、全体を流れる物語が感じられたらとも思うのだけれど。とりあえず、そういうコンセプトにしてみましたというだけで、内容が伴っていないようにも思えるのだけれど。

 一青窈の曲の真価は、特異な歌詞にあると思っているので、それを生かした曲になっているのかといえば、今作は微妙な印象は否めないか。それでも、耳に残る曲もないわけではないので、はたして、どこへ向かおうとしているのか。本当の評価は今後でるシングル・アルバムを待つことになるのだろうね。個人的には、あくまでもこれはコンセプトアルバムとして終るほうがよいのでは、とは思うけれど。

B002JB3W2Gユア メディスン~私があなたの薬になってあげる (初回生産限定盤)
一青窈
フォーライフミュージックエンタテインメント 2009-10-07

by G-Tools
B002MHA5NGうんと幸せ【初回生産限定盤】
一青窈
フォーライフミュージックエンタテインメント 2009-11-04

by G-Tools
B002QD2SP4冬めく / 花のあと (初回生産限定盤)
一青窈
フォーライフミュージックエンタテインメント 2010-02-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

”ある”けれど”ない”

 NHK の新しい番組「こころの遺伝子」で、西原理恵子さんを見ていたら、こんな苦労をしてきたのかと、今更ながらに思い、さらに翌週の一青窈を見ていて、買ったものの、ほとんどそのまま状態だったなと CD のことを思い出したのだった。というのも、オーディオ機器が今となってはなくなってしまっているというのがあって、といって PC で聴くという習慣もあまりなく、まして MP3 プレイヤーなどもないので、結果そのままになっていたのだった。

 今となっては、携帯で再生できる環境になったので、それならと iTunes で取り込んで後、microSD カードにコピーしてみる。再生はもちろん問題ないのだけれど、アーティスト名に「なし」と表示されてしまう。あるいは、ファイルには情報がないのかと思って調べてみると、案外そうでもなさそう。とすれば、なぜ表示されないのだろう?

 微妙に携帯側の対応状況が異なるために、拾えていないということなんだろうか。とりあえず、なくて困るということでもないけれど、なんだか不思議な話。

 というわけで、しばし携帯は音楽プレイヤーと化しているのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

WADACHI

 NHK のドラマ「とめはねっ!」のおしまいはサザン・オールスターズの「希望の轍」の歌詞がからんできた。なるほどそういう歌詞だったのねと、あらためて思う。桑田佳祐の歌い方は何を言っているのかわからないところが多いので、印象に残る歌ではあったものの具体的な歌詞を知ったのは今回がはじめてだったという始末。

 今では”轍”という言葉も死語に近いのではとも思うくらい、実際に轍を目にする機会は失われているし、若い世代であればまったくということでもあるのだろうなあ。かつては少なくとも農道などは未舗装が多かったので轍を実感することも多かったし、雪国ともなれば雪道の深い轍をまるで軌道車のごとく走るしかない車両の列も、今となっては見かけることが少なくなった。除雪や融雪の充実はもとより、積雪そのものの減少も加わって。

 「希望の轍」というタイトルだということも恥ずかしながら知らなかったのだけれど、同じ轍でも「夢の轍」だったら強く印象に残っているし、思いいれもある。たびたびではあるけれどさだまさしのアルバムタイトルとして。いくつもの夢が実現したりあるいはかなわなかったり、それでもいつも夢を追いつつ進んでいけば、それらが果たせなかったにしても、その後ろには轍くらいは残っているだろう、といった言葉があったように記憶しているのだけれど、どこでだったか。

 どのような人生であれ、自分なりに精一杯生きていたら、きっとなにかしらの轍が残っているのかもしれない。あるいはそれは自分にしか見えない轍かもしれないし、逆に自分には見えないが回りからはくっきりと見えるかもしれない。

 ”轍”という言葉は現実的ではなくなっているかもしれないけれど、死語にしてしまうのは残念な言葉でもあるような気がする。


#「希望の轍」が 1990/9/1 リリース。「夢の轍」が 1982/12/11 リリース。

B00003Q43V海のYeah!!
サザンオールスターズ
ビクターエンタテインメント 1998-06-25

by G-Tools


 某裁判で裁判官が口にしたので有名になった感もある「償い」もよいけれど、「極光(オーロラ)」とか好きだなあ。朱鷺が自然に放たれる日がくるなんて、当時は思いもしなかった。

B00024Z7Y8夢の轍 プライス・ダウン・リイシュー盤
さだまさし
フォア・レコード 2004-06-30

by G-Tools


 歌詞の書道を見ていたら、昔作ったものをふと思い出す。
Traveler


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|