「人間は戦争をしたがる生き物である」

 NHK の終戦スペシャルドラマとしての「百合子さんの絵本」というのを 7 月 30 日土曜日に見た。最近はすっかり 21:30 くらいには寝る習慣がついてしまったので、どうしようかとも思ったのだが気にはなっていたので一応見ることにした。総じていえばまずまずよかった。

 スウェーデンに武官として派遣された小野寺。中立国であるがゆえにさまざまな情報がゆきかうし、またそれにともなって双方のスパイも暗躍する。親しくても誰が敵かはわからない。そんな中で日本の開戦を心待ちにする陸軍本部の思いとはうらはらに、冷静に世界情勢を分析し、日本は戦うべきではないという信念をいだいて情報を送り続けるが、本部の意に沿わない情報のためにほとんど唾棄されてしまう。

 そんなこともあってどうも小野寺の行動を不審に思うところから妻の百合子にもスウェーデンに行くように知人がすすめにくるのだった。そうしてまだ幼い子どもを残したまま(といっても末っ子だけは連れて行った)スウェーデンに赴く百合子。

 そこでの仕事は夫が本部あてに書いた通信文を暗号にかえて本部に打電すること。確かに情報からドイツの動きや戦況を本部に送るのだが、それもまた本部の意に沿わないため見向きもされない。しかし、実際その後の情勢は小野寺の報告の通りに推移するのだった。

 さらには戦局が悪化し、ロシアに助けをもとめるといったことを本部が考えているというのだが、ロシアはすでにアメリカなどと会談をもっていて日本に攻め入るということがわかっている。それでもやはり本部は聞く耳をもたない。

 終戦後ようやくにして帰国し、子供と再会。翻訳の仕事を得たりして余生を過ごすことになる百合子。それがムーミンの本の一冊だったらしい。スウェーデンから子どもにどうしても送ってやりたいといっていたかの地での美しい絵本がタイトルの由来。無事に届いていたが子供には読めない。

 小野寺はのちに出版社からの依頼で当時の武官たちの思い出話の会合に参加することになったが、結局虚しさをつのらせるだけに終わった。百合子はそれでもこうした事実は残すべきだからわたしたちで本にしましょうと。

 近年になってこうしたいろいろな逸話がでてくるようになって、当時の軍部の様子・実態というのがさらに明らかになりつつある感。いまさらではあるけれど、そうした人々が少なからずいたのだという事実もまた残しておくべきことなのだなとあらためて思った時間。

 とはいえ、ドラマとしては 90 分という長い時間にしてはやや物足りない感じがしてしまったのは、その時間軸が長すぎたからということかもしれず、それはそれで仕方ないかもしれない。悪いドラマではなかったが、ちょっと物足りない感じは残ってしまった。


4142230654カント『永遠平和のために』 2016年8月 (100分 de 名著)
萱野 稔人
NHK出版 2016-07-25

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「グレーテルのかまど」でパウンドケーキ

 NHK E テレ「グレーテルのかまど」でパウンドケーキ。今ではすっかりお弁当写真家として知られるようになった阿部了さんの好物とか。

 むかし、なにかの番組でお弁当写真を撮っているということで紹介されているのを見た覚えがあって、それはどんな番組だったかも覚えてはいないのだけれど、いまでは「サラメシ」にも登場したり、もちろんそもそもの航空会社の機内誌での連載も好評なようで書籍にも多数なっているとか。

 パウンドケーキの語源としては材料をすべて 1 ポンドずつ使って作ったというのがあるそうで、なるほど 1 pound cake ということかと。お菓子作りは計量が命とはよく聞くものの、これならば覚えやすいのでよいなと。

 そうはいっても砂糖もバターも相当な量になるのでかなり甘さもありそうだし、油分もありそうだしとイメージだけだとちょっと辛いようにも。実際食べた感触としてはそうでもないのかもしれないけれど。

 ぼそぼそ、パサパサではなく、しっとりふわふわな感じに仕上げるらしく、それはひとつ食べて見たいといつもながらに思いつつ番組を見る。いや、本当なら作ってみたいと思うべきなのだろうけれど。それは、またいずれということに。

 ちなみに奥さんと二人三脚で仕事されている姿もなかなか素敵なのであった、阿部さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「コールドケース シーズン4 」が最終話を迎えた(配信でのお話)

 「COLD CASE」というアメリカドラマがあって、これがなかなか好きなので GYAO! で見ている。配信をはじめたころにはなかなか新しいシーズンをやってくれなかったのだけれど、ここへきてどんどん進んでいてこのほどシーズン 5 も無料配信がはじまった。先ごろはじまったプレミアムのほうではすでに配信していたようだけれど。

 で、ようやくシーズン 4 も最終話を見て、なかなか満足している。基本設定としてはお宮入りした未解決事件を中心に捜査するチームの話。未解決事件のことを恐らく COLD CASE というのかなと漠然と思いつつ見ている。

 日本でも「おみやさん」とか長く続いている(た?)シリーズがあったりするし、単発的だと「時効警察」とか「絶対零度」なんてのもあったか。ただ、日米の違いというのもあるのだろうけれど、「COLD CASE」のそれは毎回時代も事件そのものもいろいろに工夫がなされており、描き方についても一定のパターンを踏まえつつ徐々に真相に収斂させていくシナリオのうまさがひかっていて、正直日本のそれ(おみやさんとか)とは比べ物にならないと個人的には感じている。

 毎回その事件発生年代のヒット曲がおりまぜられるために円盤化ができないという残念なシリーズではあるのだけれど(権利関係が膨大すぎて結局断念しているらしい)、こうして配信であったりテレビ放映であったりではクリアできているそうで見られるのがありがたい。

 また、チームの刑事たちのドラマも邪魔にならない程度にときおりはさんできていて、それがその人物の深みをます役を果たしていてそれもまたいい。なによりそれが過剰ではなく、さりげなく、けれどなるほどと理解するくらいに十分。

 シーズン 4 の最後はなんとも怖く、そして哀しい事件の真相。そうして物語としても大きな展開。まあ、シーズン 5 も 6 もまだあるらしいので続くのはわかっているのだけれど。日本でもこういう見ごたえのあるドラマが欲しいなあ。「相棒」あたりが比較的よいけれど、ちょっと疲れてしまったので近頃はご無沙汰なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由の女神像灯台

 E テレ「地球ドラマチック」で自由の女神像のはなし。

 はじめはエジプトに作ろうと思っていた。エジプトとしても乗り気な話ではあったものの、金がないので駄目だということになった。

 やむなくフランスに帰った。ラブレーにたぶらーかされてアメリカに建てればいいじゃないかという話になる。今のフランスには自由がないがアメリカにはある。フランスへのあてつけに建てようじゃないか。

 アメリカに渡って場所を物色し交渉するが、許可できないといわれてしまう。いや、これは実は像に見えるけれど灯台なんですよとごまかして許可を得る。

 フランスとアメリカとで予算を確保するために寄付をつのったりあれこれする。フランスではそこそこ集まったのでどんどん製作が進む。そしてついに完成。が、その後二年あまりフランスに放置される。アメリカの予算が思ったほど集まらなかったから。

 ようやく資金がなんとかなってアメリカに運ぶ。ところが台座が思ったよりも大きくて難儀する。そのうちに移民がやってくるとまず目にするのが自由の女神像ということになり、これは自由の国アメリカの象徴として建てられたのだということがまことしやかに広まるようになる。アメリカ万歳。自由万歳。

 ところが灯台として機能するはずだったのに明るくない。というjことで窓を広くして明るくなるように改造してしまう。当初はトーチ部分まであがることができたのだが、もろもろ事件が起きたことをうけて立ち入りできなくなる。近年のテロ事件などもあってさらにいろいろ厳しくもなっている。

 足下にある鎖は当初手に持っているはずだったが、建立までの時間が経過するにしたがって次第に変更されていっていつしか足下に移動してしまった。手にしたプレートに書かれている文言についてはいろいろ噂されているが、独立記念日の日付がはいっているだけらしい。

 というようなはなしをやっていて、なるほどなあとあらためて思ったのだった。フランス国家へのあてつけのはずだったというのが、なんとも。いやはや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

魔の海域を科学する

 NHK E テレで「地球ドラマチック」バミューダトライアングルなど見る。かねてより魔の海域と呼ばれ、魔物やセイレーンが棲むのだ、みたいにいわれてきた不可思議な海域ではあるけれど、そこを科学的に解明してみようという内容。

 まずもってバミューダ諸島の周辺近海にはさんご礁が多数あり、その形状が実に危険なものであるという事実。これによって沈船されることが多くあるとも。海域をよく知っていないと近寄ることが難しいと。

 ではではと今度はトライアングルの中を探査。ソナー観測によって海水を除去した海底地形をあらわにしてしまおうという研究。それによればかなり深い海域であり、海水のない状態で見ると島嶼部は非常な高地であると。しかも切り立った断崖が多いということもあって、海流が非常に複雑になるところがあるとか。

 また、次にはメタンハイドレートの埋蔵ということもキーに。なんらかの原因で噴出することがあるいい、そうなると噴出にともなう激しい海流にのまれて実際沈船した例もあるとか。どこに潜んでいるかわからず、いつ発生するかわからない事象に対処するのは困難。

 数多くの航空機や艦船を捜索するということもでてきたけれど、まだまだすべての解明には程遠いというのが実情らしい。

 バミューダにしろ、アメリアの飛行機にしろ、あちらにはそうした謎がたくさんあって、つまりいろいろ冒険がなされていたという歴史でもあるのかなと。なかなか面白く見た。

#風船おじさんは結局どうなったのだったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビニールシートでさえも

 ちょっと時間があいたけれど NHK スペシャルでやった難民問題に対応する日本人女性の UNHCR 職員を追った番組。もちろん男性がいないということではないのだろうし、ほかにも多くの日本人が関わっているのかもしれない。様々な状況で活動されている 4 人の女性を焦点として、現状のシリア難民問題をとりあげていた。

 シリアからボートで逃れてきてはじめにたどりつく浜辺での活動。まずは健康状態など確認して難民としての登録をするなど。が、そこでなにができるかといってとりたててなにかがということではない哀しさ。あまりに人数が多すぎるために欧州諸国のなかには受け入れを拒否する国もでてきたことが問題を複雑にしはじめている。

 なんとか難民として生活できたとしても、国によっては労働を許可していないところでは UNHCR などの支援だけが頼りであり、そもそも大家族だったりするのもあって生活費の困窮ははなはだしく、どうにもならない状況になっている。シリアに帰っても生活できる見込みがあるでもなく、第三国へ行くという計画も審査に通らなければ駄目で、そこにもなかなか厳しいハードルがある。

 審査に落ちてシリアに帰ることを考える男性。家族だけ残して自分は帰り、きっとそこで生活費を工面しようと思っているのかもしれないけれど、現状シリアでそこまで稼げるのかというと疑問だ。なんとか審査に通ってカナダに移住することが可能になった男性家族。しかし、彼の両親は生まれ育ったシリアを離れたくないといっていまだ本国にいる。

 紹介された日本人女性職員にはかなり上の要職についている人もあるようで、その活躍が誇らしくもあり、頭のさがる思いでもあり。

 ただ、UNHCR でも資金難は深刻らしい。以前は些少とはいえときどきに寄付をしていたのだけれど、このところはちょっと寄付していない。いずれ余裕ができたらまた再開したい。

 それにしても難民が多すぎる。戦争したかったらどこか誰も住んでいない暮らしていない場所へいってそこで好きなだけ殺し合いでもすればいいじゃないか。そんな風に思ってしまうのは違っているだろうか。

4167741032風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
森 絵都
文藝春秋 2009-04-10

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

進化する映像の時代

 NHKスペシャル「新・映像の世紀」。最後の大戦後時間を経たことで、あらたに見つかったり公開されたりした映像をもとにして歴史を見つめなおす新シリーズ。なかなかに興味深い映像が多くていろいろ考えさせられる。

 今回の第5集は 1960 年代以降の若者による革命とかデモといったあたりに焦点をあてて。ベルリン分断、東西で相呼応するかのように発生した若者によるデモ。ベトナム戦争を受けて世界に広がったデモの波。中国天安門での事件。

 いずこでも権力側が力でねじ伏せようとしてみたり、様々でありつつも、いつの世も変革は困難を伴う。ことによると昨年あたりからの日本の動きなども最後にはまじえてくるのだろうか、と思ったけれどあいにくとそこはなかった。

 一方で、衛星中継の登場で瞬時にして世界中が同じ映像を見ていたり、世界で起きている事実を知ることができたりと、時代は大きく移り変わってきているというあたりも。これからはインターネットの時代だと。さて。

 最後のほうではチェコの動きもでてきて、ふと思い出したのが 2014 年 12 月にたまたま見たマルコ・クビジョバのドキュメンタリーだった。けれど、番組ではクビジョバがでてくることはなく運動を先導していた脚本家が後に革命後の初代大統領となったというあたりだけだった。そこまでいれるには時間が足りなかったか、はたまた新映像からというくくりでは今ひとつ合わなかったか。

 残り一回。近現代史をざっと概観できるという点でもなかなか貴重な番組なのだなとは思うのだった。楽しみに待とう。


 [ 「あなたには歌がある」: つらつらぐさ ]


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かたちなきかたち

 NHK で司馬遼太郎の「この国のかたち」などから司馬遼太郎が日本人をどのようにとらえていたのかというあたりを特集した NHK スペシャル。 1 月にラジオ第一放送で放送された「とっておきラジオ」だったかという日曜の 16 時からの番組でたまたま聞いていて、ちょっと気になっていたのだった。

 このラジオ番組は、なぜかすでに放送されたりこれから放送になるテレビ番組についてラジオであれこれ解説したり、製作の裏話などしたりという番組。まあ、番組宣伝番組のラジオ版というちょっと変わったもの。

 実のところこの春以降に放送なのだとばかり思っていたら、このタイミングだと知ってちょっとあわてたりもしたのだった。

 膨大な司馬遼太郎の「この国のかたち」であったり、「街道をゆく」であったり、その他の文章類から日本人というものをどう考え、どのように成り立っていったのだろうかという思考の過程をひもとくようなつくり。とはいえ 2 回でしかないのでやや駆け足なところは否めないけれど、要所を端的にまとめていたので、ひとつの仮定としてなるほどと思えるものではあったか。

 参考資料としては設計図などもその仕組みの詳細もわからないままに短期間に作り上げてしまったという反射炉の話であるとかも、日本人の旺盛な好奇心によるところが大きいのではないかとといていて面白い。もっとも好奇心だけで解決できるとは思えないので、どこかにそうした基礎的知識などを得たり応用したりというものがあったのだろうなとは。

 キーワードだけ記録。

 島国。好奇心。無思想という思想。坂東武士。名こそ惜しけれ。公の意識。

 そして、この先の日本が前の戦争のように間違った道を進まないために必要なこととして、個々が確率されていくことをあげていたような。

 少し集中して読みたいなとは思う、このごろ。

4167105608この国のかたち〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋 1993-09

by G-Tools
402260171X街道をゆく (1) (朝日文芸文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞社 1978-10

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テレビ東京の例のバス旅で偕楽園から善光寺

 テレビ東京の人気番組ローカル路線バスの旅。4 日間という制限のなかで目的地まで路線バスだけを乗り継いで到達できるかという番組。こちらでは時期遅れで民放のどこかが買って(?)放送するので、実際の放送とはかなり時差があるのが常だったのだが、このところ割と早い時期に放送されるようになったよう。これも人気のゆえか。

 ということで先月くらいに放送されたらしい、偕楽園から善光寺までを目指しての旅が放送になったので、地元関連としては気になるのもあってみていた。

 冒頭から路線がつながらずにさっぱり進まないという嫌な展開。前回の紀伊半島を回っていたのも先月に見たのだけれど、こちらもあまり進まずに結局失敗に終わったのだったが、今回も嫌な予感がつきまとうのだった。

 あるいは一番の難関は碓氷峠あたりなのだろうかと思っていたら、信越線が新幹線だけになってしまったのも受けてか碓氷峠を越えて群馬・長野間についてはむしろバスが走っているのだと番組で知った。そこまでや、そこからのほうが厳しいようだった。なるほど。

 結局はじめのころの遅れも響いたという感じで、最終日の夕方に上田というところで断念。まあ、きびしいだろうなとは。ただ、もしも自分であったら試していたであろうコースはもっと上を目指すルート。群馬と長野は志賀高原を抜けてくる。万座温泉が群馬側にあり、白根山あたりにはちゃんとバスはあるはずだ。しかも万座温泉までならば最寄の大きな駅あたりから直通のバスがでているはず。

 もちろん志賀高原と長野駅もバスがつながっている。本数はさすがに少ないものの、ここまで余裕で来れるようならひとつに乗れば到着というもくろみも可能だったろうにな。と思ったのだった。まあ、行ったことがなければ地元でもないとわからないことなので仕方ないことではあるのだけれど。

 過去のシリーズでも失敗した回はあると思うのだけれど、そうした挑戦を別のルートから再挑戦というのも面白いのではないかな。

 なにやら映画化されるという話もあるけれど、内容としてはどこで見ようと同じかもしれないが、多分映画で見るというものではないのではないかなと。テレビくらいにとどめておくのが正解のようには思うのだけれど。

 いずれ余裕があれば、個人的に逆コースに挑戦してみるというのも面白いかもしれないかなあ。少なくともテレビはまだまだ面白いというのは確かなのだ。製作側がそれを理解していないだけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「サイエンスゼロ」サイバーセキュリティの2回目を見る

 「サイエンス・ゼロ」でサイバーセキュリティ第2回。Wifi で操縦しているドローンに侵入して操作を乗っ取るとか、スマートフォンと野良 Wifi の危険性とか。スマートフォンを便利になにげなく使ってしまっている多くの人にとってあらためて怖さを実感させる効果は高かったかなと。

 いたずらに恐れてもいけないだろうけれど、危険性の存在を認識すらしないで野放図というのはあまりにも愚かだろうから、少しは怖さを実感するのは有益なのだろうなと思いつつ。

 海外の実験ではアクセスポイントをカフェのフリー Wifi と間違いやすいように偽装しておいて、そこから情報を入手してというのをやっていた。そこまでしなくても普通にあるフリーのアクセスポイントでもそういした可能性はあるので注意が必要なのだという話とか。

 本当をいうともう少し一般の人が見やすい時間帯とかならよいのだろうけれど、そもそもが E テレなので見る人は限定されてしまうというのはあるのだろうな。IoT が叫ばれる時代なのでもっと多くの人が、なにも考えずに、考えることを拒否しているような人にこそ届くような番組であるとよいのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧