2021 年秋アニメで見たものまとめ

■逆転世界の電池少女

 はじめは見ていなかったのだけれど、数話過ぎてからたまたままとめ配信になっていたので見たら案外よかったので結局最後まで。いや、これまだ配信では終わってないな。

 最終話が配信になった。悪くはないけれど、良いというほどでもないというか。デンキ街の本屋さんというか。まあ、好きは大事にしていいじゃないということかしら。それ以上でもそれ以下でもなく。

 まあ、かわいいは正義ってことでしょうかね。物語としては、さほどということはなく終わったけれど、悪くもないということで。

 

■月とライカと吸血姫

 これもまたはじめは見ていなかったのではなかったか。基本は悪くないのだけれど、とにかく設定と物語そのものを思うと「なぜ作った?」としか。

 米ソのかつての宇宙開発競争を架空世界での物語にしているというはまあわかる。吸血鬼なんて出すにはそうでもしないと困ると。が、なぜか舞台は完全にソビエトであるし、地名もそれっぽく、はてはロシア語まんまを画面に出してくる。音楽もソビエトっぽさを意識。そこまでするなら架空でなくてよいではないか。

 単純に開発史のアニメ化でもよかったのではないか。吸血鬼の女の子が実験用のパイロットにされるということを描きたくて、で、恋愛物語で終えたかったというだけで、であればなぜソビエトにそこまでこだわる必要があるのかと。

 さすがにソビエトままにしたら批判がでるという判断なのだろうけれど、であればと。よほど実録アニメにしたほうがもっと受けが良かったのではないかという残念さ。キャラとか展開そのものはそう悪くはなかったのに。いや、最後のあれはちょっとなあ。小さくまとまりすぎた。

 エンディングテーマの「ありふれたいつか」だけは、とてもよかった。

 

■白い砂のアクアトープ

 夏から引き続きの 2 クール目。がまがま水族館がなくなって新造されたティンガーラに就職してというクール。がまがまでだしていた要素のすべてがどこかにいってしまいなんのためだったのか感が強い。キジムナーの存在。がまの存在。くくるの亡くなった家族のこと。がまがま飼育員たちやキャラクターの個別エピソードもスルー。

 あらたなキャラクターも結局扱いが弱くて、いきなり環境問題。最後は水族館ウェディングでタイトル回収。つまりこれをやりたかっただけにしか見えないし、それすらも薄い。どうなってしまったのか。P.A.Works。

 がまがまとティンガーラとで対比させることの意味はわかるものの、ただ新旧を並べたところでさほどの意味は見いだせない。風花の扱いも同様。全体の構成に失敗しているとしか言いようがない。がまがまだけでもよかったし、ティンガーラだけでもよかった。あえて両者をというのであればがまがまを半分くらいにしてティンガーラをもう少し厚くするべきだったかもしれない。

 また、最後に研修から戻ってくるという二年後がはいるが、これは余計だったとしか。あらたな旅立ちで終わってよかったのではないか。それでいけたら劇場版とかで二年後を描けばよかった。

 次は原作に手を出してしまうそうだが、悪い予感しかしない。「SHIROBAKO」や「色づく世界の明日から」みたいにはもういかないのかしらね。

 

■テスラノート

 話題にのぼっていたので見てみたのだけれど二話でやめてしまった。3DCG で作られているのだけれど、がんばりはわかるけれど放送に耐えるレベルではない。物語そのものも陳腐すぎて見ていてつらい。さらには作品世界の設定すら満足にできていなくてとてもではないが。

 ちゃんと設定考証はしましょうね。

 

■マブラヴオルタネイティブ

 これもなにやら話題らしいのだけれど、見ていてつらいのでやめてしまった。お願いだからゲームをアニメ化なんてやめて。

 

■takt.op Destiny

 これもスマホゲームの宣伝アニメだった。設定も不可思議だし展開もだし。音楽がテーマになっているもののさっぱり作品に関わってこない。「マクロス」にはとてもなれない。そして、あの終わりでは。

 本当ゲーム業界がアニメ化にかかわるのもうやめて。これ以上貴重なアニメ制作会社の労力を奪わないで。

 

■最果てのパラディン

 原作好きな人のはなしが聞こえてきたので見始めてみた。展開のゆるさもあって4話くらいでやめてしまった。うーん。

 

■異世界食堂2

 何の気なしに見てみたら思いのほかよかった。ついつい一期も見てしまった。ああ、こういうのがいいのよ。異世界ものではあるけれど転生するなんていう変な設定がいっさいない。もめごとはあっても争いはない。日本のどこかにあるレストランへと通じるドアが異世界のあちこちに週に一度だけ出現して、異世界の人が食べにくる。言ってみればそれだけ。言葉が通じるとか味覚が同じとか、まあいろいろ不思議なところはあるけれど、そういうのはなんとかなっている世界という設定なのだから文句はないし、つべこべ言うなという感じ。

 ひたすらごく普通な食事が提供されて、みななにかひとつに思い入れて毎度それを食べにくるという話。実に平和。そして、おいしそうな作画。こういうのがいいんだよ、とうれしくなった。

 

■先輩がうざい後輩の話

 Twitter で漫画が話題だったけれどあまり見てはいなかった。アニメになって見るとなるほどこっちが先輩が、とか気づく。実にテンポのよいコメディ。構成も悪くない。オープニングもエンディングもよい。

 深くはないけれど、コメディはそれでいい。絵柄もかわいいのでのんびりできる。惜しむらくは最終話。ここだけちょっとつけたしのお仕着せのような展開。同じままで終わってよかったのになあと少し残念。「うざい!」というセリフに持ち込みたかったのはわかるのだけれど。

 内容てきにはどちらかというと主役ふたりよりも、周辺の風間君と桜井さんのデレデレっぷりが多かったので、早くつきあっちゃえよという感じではあった。

 

■86

 三か月のインターバルを置いて再開したものの、休止が多く、最終的にはどたんばの最終二話は三月放送という体たらく。もうやらなくていいですといわれても仕方ない。

 世界観の設定もあやふやであるし、マシンの描き分けができなくて、敵味方の区別がまったくつかないとか致命的。なぜレギオン側の機体がいくらでも補給されてしまうのか、はたまた新造マシンまででてくるのか、謎。人がいるわけでもないはずなのに。自立機械が設計もして工場も作って増産でもしている?

 展開もコマ送りみたいでじれったいし、せっかく見せ場ができたかと思っていたはずのレーナが、まったく登場しないとか。もう全部終わってから放送してくれないものか。頼むよ。というところ。

 

■海賊王女

 配信が FOD 独占ということで盛り上がりに欠けたどころかさっぱりになってしまった。そもそもクランチロールとの契約で制作したという印象なので先に海外配信があって終了してから日本での放送。早い人はクランチロールですでに見てしまった人もあったようだ。

 作画はもう究極かというくらいのすばらしさで、「魔法科高校の優等生」スタッフはこれを見て反省せよというくらいだったけれど、いかんせん構成がいまひとつ。

 というのもおそらく海外からの注文に答えていてこうなったのだろうという印象。海外受けする忍者を出したり、コメディ要素を毎回たくさんいれろとかいうのもおそらくあったのではないか。不要なくらいにギャグが多かった。これではアクセントにはならない。また、欧州舞台でジャンヌダルクを出したり、謎の透明な石をだしたり、エデンだのなんだの。もりだくさんにしすぎて一応の解釈はされるが時間が圧倒的に不足してバタバタしている。

 せっかく作画のよさも物語の設定の面白さはあるのだから、丁寧に描いていたらもっともっとよい作品になったはず。また、独占配信などにせずにいたらもっとたくさんの人に見てもらえて結果評価も高かったろうに。独占配信は首を絞めるだけというのに。まことに残念な最後に駆け足でたどりついてあとには何も残らなかったという残念な佳作に終わった。もったいない。

 

■ブルーピリオド

 途中から話題を聞いてテレビを録画した。たしかによかったけれど、連載中ということもあって、半端に終わらざるをえず物語的にはもやもや。絵画をテーマにしているだけにアニメーターさんに受けはよかったようだけれど、それだけにそこで終わってしまった感は強い。ちょっとアニメ化を急ぎすぎたのではないか。

 

| | コメント (0)

「魔法科高校の劣等生 追憶編」を見た

暮れ近くなって発表された「追憶編」の放送。テレビだとはいうが、これだけだと短いので劇場版なのではないかという原作ファンの声があった。さてと思っていたのだけれど、大晦日から元日にかけての放送・配信で、どうやらテレビではあったけれど、正月特番という感じの単発ものだったらしい様子がタイムラインに見て取れた。

少ししてから実際見たところ確かに一応テレビサイズの 3 話分という構成にはなっていたようで、まとめておよそ 90 分枠ということで放送になったらしい。

そして、どうやら三期の制作が進んでいるという情報も解禁されたらしいが、配信の録画だとこのあたりはわからない。

で、見ていて気づいたのは、どうやら昨年は原作発行から 10 周年ということで記念の PV を作ったりということもあったのだけれど、どうやらこの特番もまたその一環だったようだということ。しかも、それは二期となる「来訪者編」の時点で決まっていたのではなかろうかということ。

それは製作委員会が同一であることを見れば想像できる。

まずは、今回放送になった「追憶編」の製作委員会。「魔法科高校 2 製作委員会」とある。

Mahouka21401

 

そして、2020 年秋クールに放送された「来訪者編」の製作委員会。こちらもまた「魔法科高校 2 製作委員会」とある。

Mahouka201a

 

ちなみに 2021 夏クールに放送されて、脚本も作画もひどすぎた「魔法科高校の優等生」は、「魔法科高校の優等生製作委員会」となっていてもちろんまったく別。別でなければ、これほどひどいものは作れるはずもないのだが。

20220103-164459

 

ということでおそらく「来訪者編」の続きのまま「追憶編」の製作が進んでいたのだろうと思われる。さらに三期が進行中。それがいつになるかは不明なようだが、おそらくこの秋から来年はじめくらいのめどなのでは。

まあ、いずれにしてもきちんとしたものであるならなんの問題もないわけで。「優等生」も作り直してくれないものかしらね。と思うけれど、それはもはや時間、金、労力の無駄以外のなにものでもないかもしれないか。

なんとも残念であり極悪非道な仕打ちであるよなあと。

| | コメント (0)

アニメ「ReLIFE」が、予想よりもよかった

年末になってクールアニメも終わって行ったりもあり、年末年始用にという感じで過去作品をまとめて配信というのが増えたので「ReLIFE」を見た。たしか、とみたさんが見たという話を見た覚えがあったので。

で、最初は少しどうかなと思ったのだけれど、意外とよかった。過去に戻るだのという話ではなく見かけだけを若くする薬を服用してたまたまこの例では高校生に戻って学校生活を送ってもらい、社会復帰を促すという設定。

設定にはいろいろ不満を言えばいえるだろうけれど、原作は同名漫画ということでもあるし、そこまで文句言ってもつまらない。実際、設定をまくいかした物語展開であって楽しめる。

自分を面倒見てくれた会社の先輩女性が、他の男性社員から陥れられて結局無力感から自殺したという経緯がでてきて、墓参りに行ったらその女性社員を知るはずもない新人の(つまり主人公が退職したあとの春入社)社員が「噂はかねがね」「尊敬してます」みたいなことを言って墓参りにきているという場面がでてくるのはどう考えても、無理。無茶。

その後も同級生の女子にちょっかいをだしているのかと誤解される役で登場したりするのだが、それもその社員である必要性は特にない。このあたりはやはりウェブ漫画の編集レベルかなあと思ったりはする。いや、雑誌編集なら確かかといえばそうとも言えないかもだが。

いずれにしても完結編まで含めた 17 話で多少の無駄やインターバルはあるにせよ、きちんと多少の伏線もふくめて着地させてくれるのはなかなか見事だった。そういう終わりにしてくれるとよいなというところには落ち着いたけれど、もう少しそこに余韻は欲しかったかなとは思う。個人的には。それでも幸せを感じさせる最後であったからよいのだけれど。

意外な拾い物だったかもしれない。

作画で面白かったのは、完結編のメインキャラクター以外の描き方。半透明の単色(男女色分け)で描かれていて面白いなと思ったが、なぜか集合写真を撮るよという場面ではきちんと描かれてしまっていたりしてつまらないなと思ったりも。

Relifef1503

Relifef1504

 

作画のミスと思われるのはたとえば次。3 話でのリポート入力画面。おそらく「身体力」とすべきところを「新体力」としてしまったままなのではないか。

Relife0301

 

また、6 話では置時計の針が惜しい。実際にはアナログ時計でこういう針の位置はありえないわけだが、まあ、このくらいは些細なこととしてスルーしても悪くはない。ただ、少し惜しい。

Relife0601

 

 

ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

ReLIFE (15) (アース・スターコミックス)

 

| | コメント (0)

「おかえりアリス」1-3 巻

夏のころだったかにおそらくなにかの漫画でもウェブで読んだときかもしれない。たぶん、そこのなにかのリンクが気になってたどりついた先にあったのが「おかえりアリス」という漫画のこと。正直、正確なところはもう覚えていない。

とにかく、なんだかとんでもない作品がはじまったぞ的な内容で、その記事そのものは昨年くらいだったかもしれない。で、作品の冒頭が無料で読めたので読んでみたら、なんだこれは、と。

中学のときにわりと仲良くしていて男ふたりと女ひとり。とうぜん恋愛的な様相は生まれてしまう。で、高校進学。今度こそちゃんとつきあうぞと決意を固くする男子と、そんなこととも知らずに無邪気にふるまう女子。そこへ、なにやらかわいい女子が話しかけてくる。「誰?」

「ぼくは男ですが、男はもう降りました」というかつての友人。制服は女子の制服。見た目も身のこなしもまるっきり女子。そんな三人をとりまく男女の関係が、どう展開されるのか。講談社も無茶するなという感じ。

これまでもいろいろ話題性の高い作品を描いてきたらしい作者。しかし、これをどう着地させようというのだろうと気になってしまい、これはもう最後まで見届けるしかないでしょう、と。

 

おかえりアリス(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

おかえりアリス(2) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

おかえりアリス(3) (週刊少年マガジンコミックス)

 

| | コメント (0)

「電脳コイル」をあらためて見る

2007 年 NHK 放送のオリジナルアニメーション「電脳コイル」。当時もかなり話題ではあったものの、今ひとつ話が複雑になりすぎてしまい、なんだかよくわからないままに終わってしまった、というのが当時の印象だった。

ところが今回通して見てみたら、確かに終盤の怒涛の解説はたしかに分かりにくいところが多いものの、結構しっかり設定を作ってあるとわかった。当時としてはまだそういう電脳世界というものになじみがなさすぎて、また用語がやや不十分だったというのもあってかしっくりこなかったといのがわかりにくさの一因だったのかもしれない。

今になってみると少し用語や設定の解釈を今風に変換してとらえるともう少し理解がしやすい。

早すぎたアニメーションといわれる所以かもしれない。

26 話というくくりの呪縛のせいか、途中夏休みのインターミッションが 4 話くらいはいってしまうのが、ある意味無駄と言えば無駄なのだけれど、そこもそこそこ取り込んで材料のひとつにしているあたりはうまいのかもしれない。

終盤、ぎゅうぎゅうに詰め込みすぎている嫌いはあるので、もう少しそのあたりを前にもっていっていればというところは正直ある。電脳メガネは、その後スマートフォンと形を変え、今ではヘッドマウントディスプレイとして少しずつ現実になろうとしつつある。もちろん、作品のような状況になるのは、まだまだ未来の話ではありそうだ。

子供がということにとどまらず、現実と非現実とのもつ意味であるとか、ヒトとのかかわりであるとか、いろいろ考えさせるものがあって終盤の重さは前半の比ではない。けれど、きちんとそれらが回収されて解決されていく様はなかなかに見事だ。当時そこまで受け止められなかったのは、こちらの責任でもあるのだろうな。

作画のこだわりようも当時は話題になったけれど確かに異様にしなやかにゆれるスカート描写がもう変態的。作画全般はシンプルで懐かしい感じのそれになっているけれど、決して手を抜いてとかではなく安定した統一された作画で最後まで見せてくれる。

来年あたりだったかに公開予定という磯監督新作を前に、もう一度放送とか配信とかで盛り上げてくれないものか。時代性の上からも必要性を強く感じるのだけれど。

 

電脳コイル Blu-ray Disc Box

 

| | コメント (0)

「海賊王女」 4 話における変態作画(褒め言葉)

Fenapp_04t

ときどき変態的にこだわった作画というものが登場するけれど、「海賊王女」 4 話のこの場面、石の謎をたずねて長老のところへ向かう途上での歩き後ろ姿。もう変態的によく観察してこだわって再現されている。ま、少しだけ控えめではあるものの、あまりやると下品になってしまうのでほどほどのところで止めているという感じで、そこもよき。

| | コメント (0)

「ゆるキャン△ 2」でのバイク作画

Yc2_10

「ゆるキャン△ 2」10 話。スマホのマップを確認のために一時停車から発進するまでの作画。

こういうとこやぞ、「スーパーカブ」。

| | コメント (0)

「せんせいのお人形」 8 巻(最終巻)を読む

 

いよいよ最終巻。4 巻以降で紙書籍がないのは残念ではあるが、どうしようもない。

内容としては当初から予想された結末にほぼ落ち着いている。とはいえ、最後にちょっと重めのトラウマを持ち出すあたりはなんというか。それでも割とあっさりと解決されるのは、すでにして二人の関係性が一定程度成熟しているがゆえかもしれない。

また、結末としても予想されやすいところではなく、少しひねったところから導入したあたりは好感が持てる。ただ、それがあまりにも先走りすぎて終盤までどういう状況なのかよくわからないのが難点とはいえる。そこで名前はでても顔がでてこないのはなぜか。そういうのはある。

読後感はよい。確かによい。ただ、前半の雰囲気と後半の雰囲気の違いが少し違和感として残るというのはある。最初はひたすら不遇な少女にさまざまなことがらを与えて(教えて)いって新しい自分を見出していくテーマだが、後半はひたすらにふたりの恋愛に主眼が置かれてしまう。少し物足りなさはある。

そして、あまりにも予想された結末(大局的な意味で)へとひた走るのもぶれないと言えばぶれない安定だけれど、もっと違うところへもっていくのかと思っていただけに少し物足りなさを覚えてしまうのはわがままか。

とはいえ、久々によい作品を読んだのもまた事実。yugui さんの Tweet がなければ知ることもなかった。感謝。

 

余談としては、4 巻以降電子書籍のみになったのには、紙書籍での売り上げ見込みというものはあったのだろうなと。人気は確かにあったので紙書籍もよい売れ行きではあったろうと思うが、爆発的といえる作品ではないだろう。さらに縦スクロール漫画という障壁もある。ページを作るために全部再編集が必要になる手間、淡いとはいえカラー印刷となると印刷代も高くなる。事実 1000 円近い価格だ。今後、こうしたウェブ漫画が紙書籍はもとより電子書籍という形になることすらも危惧されるのが現実かもしれないかな。

 

 

せんせいのお人形 8【フルカラー】 (comico)

 

| | コメント (0)

「ヨルムンガンド」18 話での前合わせ

「ヨルムンガンド」を見ていて気が付いたのでメモ。

18 話で SR 班班長を追ってやってきたビーチ。ココのブラウスがはじめ右前に描かれていて、あるいはユニセックスという設定でいくかと思ったら、すぐに左前のカットがでてきたのでどうやら統一ミスらしい。

Jormun1801

Jormun1802

 

| | コメント (0)

「劇場版ヴァイオレット・エバーガーデン」を Blu-ray で見る

5 月ころに予約を開始した円盤。当初 8 月発売予定ではあったものの諸般の事情により 10 月中頃に延期されていた。およそ半年が経過して届いたので見た。映画館では見ていないのではじめて見る。とはいえ、およその内容はいろいろもれてきて分かっていたのではある。

テレビシリーズで余命わずかとなった母親が没後 50 年にわたって娘に送る手紙を書いた話が語り部として機能していて、この演出はなかなかよいのだが、冒頭少しそこに気づきにくかった。が、さほど問題ということではない。その手紙を受け取っていたアンの孫が、アンの葬儀を終えてからその手紙を見つけたことからヴァイオレットの足跡をたどる旅にでる。それと並行するように描かれるのがヴァイオレットのその後本編。

少佐の消息であったり、それでふたりがどうなるのかというのは、少しあっさりしていた。そこへいたるまででまたひとり死期を待つ少年の手紙代筆とそれにかかわる物語が主題。

すでに電話機が少しずつ普及しはじめるという時代設定で、いずれ郵便は廃れるのではという背景が冒頭から語られる。今のこの時代、すでにして電話すらも廃れつつある。そして、だからこそ繰り返しささやかれる手紙の効用。

少年の死をピークにして少佐との邂逅は本当にややあっさりともいえる展開。もちろん、それでよいのだとは思うものの、もう少しふたりのその後についてみたかった気持ちというのもある。

語り部となったアンの孫娘の旅路の終わりはヴァイオレットが晩年まで過ごすこととなるエカルテ島。そこで郵便業務を最後まで続けていて、今では切手のデザインにもなっているという設定。この切手、郵便局でオリジナル切手として作ったらよかったのになあ。ふみの日とのコラボレーションとしては一級品になるのではと思うが、そういうことはなかったようだ。(過去の記念切手履歴にはない)

文字だから伝えられることばがある。それは事実でもあるが、できればもう少しその後ヴァイオレットの幸せな姿もまた見てみたいなと思いつつ。

今後単品で入手することはできないかもと ULTRA-HD 同梱で購入したものの、これを見る環境はないので、はたしていつになることやら。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧