2016 年秋アニメで見たもののまとめ

 2016 年秋アニメで見たもののまとめ

■響け! ユーフォニアム2
 安定の第二期。京都アニメーションの真髄を発揮したのかというくらいのよい出来で終わりを迎えた。コンクールにいたるまでの部員同士の関係や悩みやもろもろもよかったのはもちろんのこと、コンクールでの演奏シーンにはひとかどならぬ努力のあとがみられ、音楽と楽器演奏の運指がぴったりとシンクロしていてもはや神技かという領域に。
 1話冒頭のシーンが冬だか初春だかというまだ寒い季節のようで、はたして最後にそこまでたどりつくのかと思ったものの、しっかりと(とはいえ最後はやや飛ばし気味ではあったけれど)つないでまとめあげたという。
 原作がよいのもあったのだろうけれど、実にきっちり仕上げた名作になったか。

■信長の忍び
 不覚にもスルーしていたのだけれど、某所で知ってみてみたらこれが面白い。ショートアニメなのでするすると展開するし、ギャグのいれかたがなかなか絶妙。幸いにして一挙配信になっていたのをまとめてみたので気が付けば最後までいってしまった。
 いや、どうやらこれは 2 クールもあるようで、冬も続いているようだ。一番のお気に入りは「ツンデレのねね」。

■ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢高校
 第3期はこの決勝戦だけで 10 話で終わったのだったか。途中で声優の田中一成さんが亡くなったというニュースが流れ、途中で交代してしまうのかと、やはり慣れ親しんだ声を失うことの不安が。結局かなり収録はされていたらしく 9 話くらいから交代されたようだったが、亡くなったこともあってだったのか、あまり出番はないような印象だった。
 ただ、決勝戦だけで 10 話を使うというのはさすがにちょっと長すぎたような印象もあるが、 5 セットマッチなのでそれなりだったのか。これまでが長かっただけにちょっと物足りなさを感じた視聴者は多いかもしれない。

■夏目友人帳 伍
 安定の作品、といいたいところだけれど、さすがにちょっとだれてきた感じが。確かに世界観や人や妖とのつながりや交流といったものは相変わらずであるし、そこは心地よいのではあるが、相変わらずが続くにはちょっともう十分かと。
 ということでやっていれば見るが、あえてということもなく、仮に見逃しても惜しくはないかという段階にきてしまっているような気がする。個人的には。

■バーナード嬢曰く
 趣旨はおもしろいし、楽しくみたところはあるのだけれど、いかんせんこれはアニメ向きではなかったなというのが正直な感想。マンガとしてこちらが十分な時間をとって画面を読み取る余裕があってこそ伝わる内容が多いのに、ショートアニメということもあって、やたらと忙しいためになにが書かれていたのか読めないままに進展したりして本末転倒。せめて、そのあたりに配慮のある作品作りであったらまた違ったかもしれない。

■魔法少女育成計画
 「まどかマギカ」を狙ったのかと思ったけれど、ただの魔法少女候補生といって集めておいて殺し合いをさせるだけの作品に成り下がっていた。よほど「バトルロワイアル」のほうがまだまっとうな(いや十分不当ではあるが)理由によっていたようにも。不愉快なだけに終わった。

■ステラのまほう
 なにが面白いというほどではなかったのだけれど、なんとなく行き着く先を見たくて見てしまったという感じ。おじさま絵ばかり描きたがる女の子をはじめ不思議少女満載なところがちぐはぐな感じでよかったのか。
 とはいえ、これだけ短期で同人ゲームを作ってしまう素人女子高校生というのは少し無理があるようには思ったりも。プログラムはゲームツクールみたいなものでも使わないと無理なのではとは。

■TRICKSTER - 江戸川乱歩「少年探偵団」より -
 なにやら 2 クール目もやっているのだが、「少年探偵団より」とかいっているけれど、よっているのは名前だけで、設定にしても内容にしてもまったく関係もなく、ドラマですらなくただの SF もどきであった。これを 2 クールもやる理由がわからない。ほとんど某著名な歌手の手前なのではないかと思うくらい。

■終末のイゼッタ
 ずいぶんと前評判はよく、実際はじめは「これは!」と期待させる展開であったのに、だんだんとおかしなあ方にいってしまい、クローンがでてくるに及んでとうとう終わった。終盤バタバタと展開させて収束させてしまい、もう少ししっかりとした企画で作品を考えるべきだったのではという残念感ばかり残る作品になってしまった。もったいない。

■おくさまが生徒会長!+!
 相変わらずのコメディなのでまあ普通に楽しめたのだけれど、ちょっとサービス方向に無理をしすぎて本来的な物語の面白さを損なっているのではという嫌いも。いや、原作ままなら仕方ない。

■灼熱の卓球娘
 途中から見て、一挙配信で遡ったというさくひん。絵柄はちょっとつらいところもあったけれど、卓球スポーツ根性ものみたいなところに、いろいろツボを刺激するネタを仕込んでいるというなかなか面白い作品だった。

■ナゾトキネ
 謎解きアニメなのだが、時間が短いのでリアルタイムに一緒に考えるというのはまず不可能で、で、それがなに? という感じの展開なのでさっぱり意味不明な作品だった。しかも、終わり方がまだ続くよなあというもので。やめたほうがよいのではなかろうか。無駄にエロい展開も意味不明であったし。

■ろんぐらいだぁす!
 一挙放送を見て案外いいかなというので見始めたが、例によってこの秋は放送を落とした作品が多くてこれもそのひとつ。秋クールでは最後までいけずに終わり、残り 2 話は年明けて 2 月くらいに放送になるとか。
 いささかサイクリングのステップアップが無茶な感じがするのは仕方ないとしても、それにしてもというところがないではない。自転車の描き方はずいぶんと丁寧にされているなという印象はあった。みんなで走っているとギア比の違いまで描かれていたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「小説 君の名は。」

 夏の公開からほとんど熱狂的なブームを巻き起こしてある種熱病のようなヒットとなっているというアニメ「君の名は。」。見るのは当分先になりそうだけれど、ひとまずは小説のほうを読んでみようかということに。ゆえにアニメの展開と同じなのか、結末と同じなのかもわからない。ということを踏まえたうえでまあネタバレでもしかたないというスタンスでちょっと書いておく。

 紹介としては、やたらと高校生男女の体が入れ替わりつつ展開し、なかなか出会えない切なさが話題といったふうに言われる。実際、冒頭はそのとおりではある。寝ている間にお互いの体と心が入れ替わっていておおむね一日、つまり寝るまではその入れ替わりが続くと。といっていつでもということでもなくそのあたりは不明なままに展開する。

 この冒頭。コミカルな展開でじわじわと読者をつかみにかかっていてこのあたりはうまい。とりあえず入れ替わっていて、男が女の子の体になったらきっとこういう行動しそうだよなというある種願望のようなものが描かれる。御幣を覚悟でいえば。

 一方で女の子が男子の体になったらというとまどいがそれなりに描かれて、双方を行きつ戻りつするかのような文章構成で書かれていて、ある種実験小説的な意味合いもありそうだ。

 とにもかくにもそうしておもしろおかしい展開でぐっと物語世界にひきこんでから、がらりと展開を変えて物語の核心んにはいるとその調子はかわる。入れ替わりもなくなって、そうしていろいろみているとその入れ替わりが実は時を超えたものだったということがわかりはじめるにいたって、「おお、そうきたか!」という感じになる。

 男の時間のほうが未来であり、つまり過去においてすでに彼女は死んでいる。隕石の墜落によって。それを阻止するすべはないのかということで奔走するのが中盤。そうして、なんとか過去において村にその危機をしらせて被害を阻止しようと動き出すが、そもそもそんな奇抜なはなしを信じる理由もない。高校生、しかも女の子がなにか言ってもなにを根拠にそれを信じようというのかと思われてもしかたない。

 実際、作戦は失敗しなかなか避難しようという動きがない状況になっているところで物語は止まってしまう。次に物語がはじまるのはすでに書き換えられた世界だ。その世界では隕石の墜落による村の被害は回避され、住民の誰も死ぬことはなかった世界。最終的にどのように働きかけ、それがどう効果して被害を防いだのかというくだりが具体的に書かれることはない。

 そこは端折られてしまった。そして、平和に終わった世界だけが描かれ、少し大人びたふたりが東京でなにかにひかれるかのように再開を果たす。そんな物語。

 やはり村の危機を回避するまでの過程があまりに省略されすぎて無理がある。そこをごまかしてしまってはダメなのではないかという感じがしてしまう。そここそ重要な部分なのであって、たとえご都合主義に描こうとそこを描かずに過去の話として語るだけではだめではないかとは。

 小説版ではアニメで描けない部分まで書いているちうような話も聞いたのだけれど(あるいはそれは他のアニメ作品の小説版だったかもしれないが)、これではちょっと不十分と言われてもやむを得ないのではなかろうか。

 もちろん、そこでアニメではどう描かれたのかと気になる部分ではあるが。できれば、さらに書き直されることを期待したいかなと。

4041026229小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-06-18

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメ「氷菓」における自転車とかばん問題について(というほど大げさではない)

#文章は長くないですが、画像が多いのでページは長いです。

 気が付いたのはようやく全話を見た 7 月ころで、あらためて確認したりあれこれと考察してみたりして一応の推測を得たのだけれど、なかなか書くにいたらず今になってしまった。いい加減記録しておこうと。(とはいえ、ニフティの個人事業売却のはなしがあるようなので、ココログそのものの行方が不透明でもあるけれど)

 で、アニメ「氷菓」だ。評判がよいのは聞いていたけれど、当然のごとくこちらでの放送などはあるはずもなく(で合っていると思うが)、配信でも見る機会がなくて今頃になってようやく通してみたのだった。うん、よかった。京都アニメーションさすがというのもあるし、作品のベースもさすがというか。

 で、本題とは別にアニメには気になる部分があった。キャラクターと自転車の位置関係が妙な時があるのだ。はじめにでてきたのは第 4 話。文集「氷菓」をめぐる過去の事件を考察するためにえるの家に集まる奉太郎と里志が自転車に乗っている。で、ここで明らかに右側走行をはじめる。

アニメ「氷菓」第4話冒頭 自転車に乗って右側走行の奉太郎(かばんは右肩)と里志
アニメ「氷菓」第4話冒頭 自転車に乗って右側走行の奉太郎(かばんは右肩)と里志


 続く第 5 話冒頭。えるの家から帰る奉太郎と里志。雨なのでふたりは自転車を押して歩いている。歩いているのは右側なのだが、自転車は体の左側だ。雨があがって走り出すとそのまま右側を走っていく。

アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨の帰り道の奉太郎と里志
アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨の帰り道の奉太郎と里志

アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨の帰り道の奉太郎(かばんは右肩)と里志 雨あがる(ふたりは道路の右側にいて自転車は体の左、つまり道路中央側にある)
アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨の帰り道の奉太郎(かばんは右肩)と里志 雨あがる(ふたりは道路の右側にいて自転車は体の左、つまり道路中央側にある)

アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨あがり自転車で走り出す奉太郎と里志
アニメ「氷菓」第5話冒頭 雨あがり自転車で走り出す奉太郎と里志


 ネットにはこれをしてけしからんという意見が見つかったけれど、たぶんそれは本質を見ていない。

 では、ということですべての回で登場する自転車を確認してみる。

アニメ「氷菓」第1クールオープニング えるが自転車を体の右において歩いている
アニメ「氷菓」第1クールオープニング えるが自転車を体の右において歩いている

アニメ「氷菓」第1話 える(自転車は体の右)、奉太郎、里志
アニメ「氷菓」第1話 える(自転車は体の右)、奉太郎、里志

アニメ「氷菓」第4話 える(自転車は体の右)
アニメ「氷菓」第4話 える(自転車は体の右)

アニメ「氷菓」第5話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)
アニメ「氷菓」第5話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)

アニメ「氷菓」第10話 奉太郎(かばんは左肩)と里志(自転車は体の右)
アニメ「氷菓」第10話 奉太郎(かばんは左肩)と里志(自転車は体の右)

アニメ「氷菓」第11話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)
アニメ「氷菓」第11話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)

アニメ「氷菓」第18話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)
アニメ「氷菓」第18話 える(自転車は体の右)と奉太郎(かばんは左肩)

アニメ「氷菓」第22話 左側走行の奉太郎
アニメ「氷菓」第22話 左側走行の奉太郎

アニメ「氷菓」第22話 自転車を右において歩く奉太郎とえる
アニメ「氷菓」第22話 自転車を右において歩く奉太郎とえる


 いずれも自転車を押して歩くときには、体の右側において歩いている。自分のこととして考えると右利きの人であればまず同じようにしているはずだ。里志については先の右側走行時と合わせるとどちらの側でもあって通常はちょっと考えにくい。また、同じ 4 話であっても、えるは体の右側に自転車を置いて歩いている。

 実のところえるに関しても逆に位置している回がある。それが第 21 話。

アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の左側)と奉太郎(かばんは右肩)
アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の左側)と奉太郎(かばんは右肩)

アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の左)と奉太郎(かばんは右肩) 後姿
アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の左)と奉太郎(かばんは右肩) 後姿

 ところが同じ 21 話でも終わりのほうでは、
アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の右)と摩耶花
アニメ「氷菓」第21話 える(自転車は体の右)と摩耶花


 自分のこととして考えても立ち位置というのは癖になっているものでもあり、よほど意図的な理由がない限りはあえて逆にすることなどないし、仮にそうしたとしても実にちぐはぐした感じになってしまって扱いにくいものだ。だから、通常気分や状況で位置を変えるなどということはまずない。

 さて、ここでもうひとつ気が付くことがある。それは奉太郎がカバンを肩から下げているときの肩が右か左かだ。見返してもらうとわかるが、多くは左肩に持ち手をかけているが、自転車との位置が逆になっている場面ではそれが右肩になっている。必ず。

 先の第21話で比べると、えると歩いているときは右肩だったのに、下校時には左肩になる。

アニメ「氷菓」第21話 奉太郎(かばんは左肩)と里志
アニメ「氷菓」第21話 奉太郎(かばんは左肩)と里志

アニメ「氷菓」第21話 奉太郎(かばんは左肩)と里志 その2
アニメ「氷菓」第21話 奉太郎(かばんは左肩)と里志 その2

 また、遡ってページ冒頭の自転車右側走行のときの画像を見てもかばんは右肩になっているのがわかる。自転車と体の位置関係、走行時の向き、かばんをさげる肩の向き、いずれも同期している。


 これらから類推できるひとつの仮説は韓国スタジオの間違いがそのままになっているというもの。

 京都アニメーションでは ST BLUE という韓国スタジオが強力なパートナーとして協力しているらしい。撮影以外の段階のほぼすべてを任せるくらいの信頼を置いているらしい。韓国では車両は右側通行だ。この時代作画のための原画データはデジタルで送られるかクラウド上のフォルダなどに置かれている可能性が高い。

 この原画データを見た韓国スタッフ。自転車が左側走行しているのはおかしいねと右側走行で作画。という可能性が一番なのではなかろうかと。いや、多少無理がないとはいわないのだけれど、ほかに納得のいく理由が見つからない。

 そうであれば鞄を下げる肩の位置が左右変わってしまうのも画像反転で納得がいく。ただ、これらの場合でも不思議なのは服の合わせは正しく修正されているというあたり。(21 話のえると奉太郎の正面や、奉太郎と里志の画像などがわかりやすい)

 事実逆向きになってしまっている回に ST BLUE が参加していることはスタッフロールでも確認できる。仮に修正しようとするとシーンすべてを描きなおすことになり、膨大な手間を必要としてしまう。ということで修正はあきらめてしまっているのではなかろうかと。

 まさか気が付いていないなどということはないと思うのだが。


B00OZC2IWC「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2015-02-27

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016 夏アニメ 見たものまとめ

■食戟のソーマ
 相変わらず料理勝負はなかなか面白いのだけれど、まあ、凡人の普段の生活とはかけ離れていてそのあたりの無縁さはなんとも言い難いところであるのも事実。
 前回が 24 話くらいまであったのでそのつもりで見ていたら 13 話だったかで終わってしまって、そういう意味では少々物足りなさを感じてしまうのは仕方ないか。とはいえ、展開の区切りでちょっと一休みという感じではあるので来年あたりまた続きをやってくれるとよいなとは。
 GYAO! での配信があれば楽なのだがなあ。

■アルスラーン戦記 風塵乱舞
 こちらはさらに短く 10 話だったかで終わってしまった。それもまた区切りという意味はあるのだろうが、なんだかそのくらいなら放送を先送りしておいたほうがよかったのではないかとも。あっという間でもあるし、さながら幕間の物語を小出しにされただけみたいでもあり、期待に対しての物足りなさは増大されてしまったのではないかとも。
 物語そのものは面白いのだし、作画もよいのだから無理しなくてもという。原作が長いのだからどこまでアニメ化するのかというのもあるのかな。

■七つの大罪 聖戦の予兆
 アルスラーン戦記の残りにつなぎとしてはいっただけというこれまたどうなのという。前作の後日談の外伝的小話を強引にいれこんだという感じで、物語そのものが大きく動きだすわけでもなく。それに類する展開をポツポツと入れ込んではいるものの、そもそも幕間の小話でしかないのでさほど進展するでもないのでがっかり感はつのるだけ。これもまたやらなくてもよかったのではないかと思えてしまう。大人の事情ではあろうけれど。

■タイムトラベル少女
 科学啓蒙アニメという雰囲気ではあって、その部分だけに関していえばそこそこ成功したのではないかという。ただ、そこにからめて技術を狙う企業家とのやりとりは今一つしっくりとせず、あるいは余計な演出だったのではないかと思えてしまうくらい。いっそ、「タイムボカンシリーズ」のようにまぬけな相手とのコメディにしてしまったら笑えて面白くみておしまいでよかったのかもしれない。
 最後の展開で未来を見せているのと、途中でもそうとわかる部分で一応の謎解きはされているのだけれど、科学啓蒙としてはもう少しタイムパラドックスとか SF 的なかっちりした考証とかは欲しかったかなとも。まあ、文部科学省あたりが後援して小学校とかで教材利用するあたりならそこそこ有意義なのかもしれない。

■Rewrite
 はじめはちょっと SF 風味の学園コメディだったのが、だんだん変な方向に進みはじめて、なにやら世界を揺るがす謎の組織ふたつのぶつかりあいになって、世界は週末を迎えるみたいなことで終わるというわけのわからない作品になってしまった。
 ここのアイデアは面白そうなのだが、どうもあれこれ混ぜすぎて収拾のつかないところにきてぜんぶ破滅で一丁上がりという結末ははじめとのギャップが大きすぎてちょっと面白くない。詰めが甘かったような。

■この美術部には問題がある
 設定はシンプルで分かりやすく、ひたすらに美術部を中心におきるおかしなことやら日常を描いていて安心して見ていられる。うさみさんが純情でおもしろくてかわいくて。いい感じのまとまりで終えたし、夏アニメのなかでは満足度が高かった。

■NEW GAME!
 総じてみると「で、なんだったの?」という感じではある。アニメ制作会社の実情というか悲哀というかをコメディタッチで描いてみましたという感じかと思いきや、そうでもないようでもあり。「SHIROBAKO」のような感じがないままに終わってしまったのも仕方ないのか。
 自分たちがかわいい女の子にしか見えなくなってしまったおっさん達の物語という言葉が流れてきていたけれど、それがもっとも納得できる評価だったなという作品。

■あまんちゅ!
 海女の話ではなくダイビングを通じて友情をつかんでいく内気な女の子の物語だった。ぴかりのキャラクターやらダイビング部の先輩ふたご姉弟のおかしさやら、顧問先生の青春している姿やら。いろいろ日常をきらきらさせる魅力にあふれた作品だった。やっぱり人との出会いは大事であるよ。もう少し見たかったかなという余韻はある。

■甘々と稲妻
 無料配信がなかったのだが、AbemaTV で新作アニメの放送もはじめたなかにあったのでなんとか見た。よかった。視聴環境がつらかったことを除けば。つむぎちゃんとおとさんとことりさんと。そこに友人やらなにやらも混じったりして料理を作って食べるだけの話なのに、なんという暖かさとしあわせ感なのかと。食べることは幸せであり、料理することも幸せであり、食べることのもつ意味をあらためて思わせてくれる部分があった。
 「クッキングパパ」とかともまた違う感じで実にほのぼのしつつ、なかなかにシリアスなところもあっていい作品だった。原作漫画も少しだけ読んだけれど、ほぼ忠実にアニメ化していたようで、雰囲気はそのままだった。いいなあ。

■planetarian ~ちいさなほしのゆめ~
 5 回くらいだったのだが、毎回作品の時間がまちまちという不思議なアニメ。荒廃した未来世界にプラネタリウム解説ロボットがお客を待っていて、たまたま現れた屑鉄回収を生業にする男がひきずりこまれてしまうと。ちぐはぐな会話を通じてそれでもなにか意思疎通がされて、次第に感情移入していく様はもどかしくもあったけれど、終わってみると悪くない。結末のもの悲しさはちょっと残念にも。さらなる物語に続くようでもあったけれど。
 プラネタリウムの上映プログラムとして再利用されたらまた面白いのかもしれない。

■レガリア The Three Sacred Stars
 一度放送を中断して作画しなおしたということで話題を集めていて、さほど興味はなかったのだが冒頭を見てみて、どうも趣味ではないなとやはりやめてしまった。


----
番外:

■Re: ゼロからはじめる異世界生活
 見ていないのだけれど、どうも周辺からは面白かったという声が聞こえてきてちょっと見てみたいという気持ちが。ただ、春から続いていて見ていなかったので途中からという気もしなくてそのままになってしまった。まとめ配信でもしてくれないものか。AbemaTV で一挙配信があるというのだが、時間との兼ね合いがどうなるか。

■ハイキュー!!
 この秋から三期がはじまるという「ハイキュー!!」の 1、2 をまとめてみたら、いやあ、面白い。往年のドラマ「サインは V」みたいな荒唐無稽な超絶技などでてこないのだけれど(いや、ないこともないが、そこまで非現実的でもない)試合が実に手に汗握る感じてわくわくさせる。キャラクターも面白いしよくできている。マネージャーの潔子さんは美人で性格がよくて弱くてでも強いし。
 春高バレーの県予選が決勝戦の直前で二期が終わっているので、ずっと見ていた人は早く三期をと思ったろうなと。三期の開始をわくわくして待っている。

■山賊の娘ローニャ
 NHK での本放送は昨年あたりだったかの BS で見られなかった。この春から E テレで放送したのを通してみた。もともとが児童文学なので結末てきにあまりぱっとしなくてもそれは仕方ないのかもしれないが、全般としては悪くない物語だった。ただ、やはり CG で作られた動画は全般に平板なのっぺりとした感じが強くてどうもしっくりしないところがあった。これまでのセルアニメになれているから余計というのはあるのだろうけれど、昨今のディズニーアニメに多い絵柄というのか。それにしてもという感じではあった。ややテクスチャを強く感じてしまいすぎる髪の毛などはもう少し質感が欲しかったかなとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメ「ばらかもん」がいい

 アニメやドラマはおおむね三ヶ月で入れ替えというのが多いので、ちょうどその切り替え期になるとちょっと番組に空きがでる。というのはテレビのほうの話ではなくてネットでの配信サービスでのこと。

 ということでその時期になると過去の作品などの一挙配信とか、毎週少しずつまとめて再配信といったことをするのが増えてくる。新作はまだだし、あってもまだいろいろ出揃っていないのでちょっと見るものがないというときに、まだ見たことのなかったものでよいものを見つけたりするのもまたうれしい。

 今回は「ばらかもん」だ。タイトルは聞き覚えがあったのだけれど見たことはないし、内容も知らなかった。若手の書道家が重鎮のお偉いさんを殴ってしまったことを受けて、南の島でのんびりした暮らしをしつつそこで島人と触れ合うことですこしずつ自分の変化に気づき、作品にもそれが影響していくという内容らしい。

 島の住民がなんとも個性的でもあり、それでいてとても自然で、おそらくはそれが普通でそんな生活感がなんともよくてついつい引き込まれてしまった。

 まだ小学校にもあがっていないらしい「なる」という女の子の存在はその筆頭であるし、なるにかき回されるようにして主人公が少しずつ変わっていく様がいい。猟師のおっちゃんたちのたのもしくも恐ろしく、それでいて妙に親切だったりと一見とっつきは悪いが、悪人などいないという島の暮らし。中学生の女の子もなんともいい感じの存在感でついつい島暮らしにあこがれてしまうくらい。

 まだ、現段階では最後まで配信になっていないので、結末は知らないのだけれど、なんだか楽しみな作品になった。インターバルによい作品に出会えたなと。

 中学生の美和ちゃんがお気に入りだったりはする。なるも可愛いけれど。

B00LHDHSG8ばらかもん 第一巻【昼の部】イベント優先申し込み券封入 [DVD]
バップ 2014-09-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年春アニメの見たもの感想まとめ

■ふらいんぐうぃっち

 はじめなんとなくスルーしてしまったらなにやらもったいないことをしたらしいと聞いたので見始めたら、本当にもったいないことをしていた。ということで冒頭の数話を見ていない。

 ごく自然に魔女という存在が認知されていて、普通に生活していて、その生活がとくに特別でもなくてのんびりやんわりほんわかとある意味いなかの日常として描かれているゆったり感がなんともいい。日曜のやすらぎという感じの作品だったなあ。

 はじめから見なかったのが悔やまれる。振り返りの一挙配信があればと期待したのだけれど、結局ないままに終わってしまったよ、GYAO!。

■迷家(まよいが)

 一話を途中まで見たけれど耐え切れずに止めてしまったので。

■くまみこ

 絵柄の感じからあまり期待しないままに見始めたら案外よかった。これもまたほのぼの系だけれど、ときどきちょっとブラックなところが。超ド田舎に住むまちが都会にあこがれるけれど、熊のナツはそれが嫌。でも、熊なのに最新技術や家電にも明るくてタブレットを操作するし、都会のこともよく知っている。不思議な熊だ。

 そんなまちとナツをめぐる周辺の人もどこか変で、そのドタバタばかりなのだけれど、なんだかほのぼのする。最後はなにやら評判悪いようなのだが、よしおならそのくらい言っても不思議はないし、それはそれではないかなとは個人的に思っていたりするが。

■ジョーカーゲーム

 日本に極秘に作られて諜報機関 D 機関の話。なかなか面白いネタだし、物語ではあったのだけれど(硬派なところとかも)、なんだか全体としてのまとまりはやや弱くて、断片的に物語があるだけなのでいまひとつ全体としての世界であったり面白みというのはやや足りなかったようには。

■テラフォーマーズ・リベンジ

 続編。絵柄の設定や演出がずいぶんと軽くなってしまっていて、そのあたりが全体としてはちょっと不満では。火星にいったグループのなかでひとつが反乱を起こしていて、それと戦うという構図だけ終始して結局決着つかないままに終わってしまったというのが消化不良ではあるか。

 ほとんどドラゴンボールの末期みたいな展開なので、見ていてちょっと辛いものがあるのは残念なのだが。発想としては面白いので妙に超人的にしなければもっと面白いのかもなあとは。続きがありそうだけれど、さて見るかどうか。

■ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

 なんとなくタイトルからして敬遠していたのだけれど、最後のほうになって一挙配信でたまたま見たら案外面白かった、いい具合に変ぶりが徹底しているアコという存在。他のキャラクターが結局実はみな女だったというラノベ定番のハーレムっぷりとかはもう面倒なくらいではあるけれど。まあ、ほどほどだったかなとは。

■ハイスクール・フリート

 なにやら放送前から噂が大きくて、なになにとちょっと期待していたのだけれど、これは失敗であったなと。ガルパンの二匹目のどじょうを狙ったらやぶへびだったというか。艦これも人気だし艦船だせばいいっしょ、という安易さだったのか。

 よくはわからないけれど、世界観が荒唐無稽はまあよし。が、演習にいきなり出たと思ったら教官に攻撃されて反撃したら反乱したとみなされるとかいう謎展開。ちょっと無理が過ぎる。さらには、もろもろのおかしな事件がすべては謎のネズミに似た生物によるもので、電子機器が異常をきたし、人間もおかしな状態になってしまうということですべて片付けてしまったところも安易過ぎ。

 その上に途中の漫然とした感じの余白がまたなんともで。この漂う残念感はどこからくるのかもはやよくわからないという感じで、見るも痛々しいという。最後までやったけれど、これじゃあなあと。


# さて、以下は見なかったけれど。

キズナイーバー
 とみたさんがよかった、よかったというので途中からでも見ればよかったろうかとちょっと後悔している。


境界の RINNE
 昨年のシーズンからの続き。これはもうそこまで続けて見ることもないなという内容なので。面白いけれど、どうしてもというほどでもないという。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG
 前作も途中で我慢できなくなったので、続きである今作は見なかった。

学戦都市アスタリスク 2nd Season
 こちらも続きだが、前作は一通り見たものの、なんだかもういいなという展開だったので見ていない。今回はよかったという意見もちらほらとあったけれど。


 この春は本当に見たいと思うものが少なかったなあというのが全体の印象。さて、夏はどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメ「氷菓」の後半だけ見た・・・ので、

 ネット配信がここまで盛んになっていて、なぜネットテレビなのか、と思ったりもするものの、まあ始まった AbemaTV というもの。決まった時間でないと見られないというのは既存のテレビで十分で、ネットではいつでも見られるというほうが便利ではあるのだけれど、それは有料サービスのほうでどうぞ、ということのようだ。

 主に GYAO! の配信でこちらでは放送されないアニメなど見ていることが多いので、やはり決まった時間にしか見られないというのは不便で、あまり気にしてこなかった。それでも、時によって見たいと思うテレビがない上に、ラジオもこれというものが、という時にはふと思い出して番組表くらいは確認してみようかと思ったりしたのだった。すると、たまたまアニメ「氷菓」の一挙再放送があるという。

 知人がいたく気に入っていたのは知っているものの見たことはないし、気にはなっていたのだけれど、さすがに深夜の一挙放送では寝ている時間だ。が、後半 11 話は翌日の昼間にあるという。5 時間という長丁場ではあるのでどうしたものかとは思っていたのだけれど、せっかくの機会なのでと見ることに。うん、面白かった。

 そもそもこれがミステリ風味の学園物語だなどということも知らなかったのだった。米澤穂信の原作というのだから、まあそうかとあとになって思ったけれど、それならば確かに面白かろうと。製作も京都アニメーションとあれば、それはいい仕事をしているにまず違いない。

 それぞれが多少つながりつつではあるものの、後半だけでも楽しめないことはない。ただ、それでもこうなってしまうとどうにも前半が気になる。まさに「私、気になります!」の心境。

 といってまたぞろ深夜の一挙配信とかではとても見ることはできないし、なにしろ 5 時間ぶっつづけで通常のテレビよりも CM 時間が短いのでおちついてトイレにもいけないという状況。やはり GYAO! あたりで配信してくれないものかと思ったり。いや、そういうことを言うと「円盤買え!」と言う声が聞こえてきそうではあるのだけれどさ。

 うーむ、気になる。

B00OZC2IWC「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2015-02-27

by G-Tools


 原作小説のほうもいずれは。

4044271011氷菓 (角川文庫)
米澤 穂信 上杉 久代
角川書店(角川グループパブリッシング) 2001-10-31

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「謎の彼女X 12」

 どうやら一年半ほど前にたまたま無料だったことで読み始めてみたということだったらしい。冒頭のなんとも突飛な設定というか展開というかが気になって、これは SF 的に展開するのか、はたまたという興味もあって、ついつい続きを読んでしまったのだった。まあ、ある意味思うつぼにはまったと。

 が、結局最終の 12 巻まできたら、なんだか普通に恋愛漫画としてごくごく幸せな結末を迎えて終わってしまった。謎があまり謎にならないままに、謎は謎なままに、さらなる謎はさほどなく、謎はそれとしておいておかれた。そんな感じ。

 もちろんそもそもの設定である、よだれたらして寝ている彼女とか、よだれを交感するふたりとか得意な状況はあるものの、それ以上にはあまり進展することもなく、それらがなにかをもたらすというほどでもなく。いや、確かにそれがふたりの関係を保っていくキーとなっていたのは事実ではあるのだけれど。当初のミステリアスなあるいは魅惑的な雰囲気はしだいに薄くなっていって、そのあたりを除けば普通に恋愛漫画になってしまったという感はあるのだった。

 まあ、それでも十分に面白かったのは確かなのだけれど、ちょっと物足りなさが残るのも事実ではあるかなあと。この卜部さんの不思議なところはどう生かされるのだろうというあたりが。作者も最後に書いているように、結局はよだれをなめさせるという行為こそあれ、それ以上にはまったく進展するようなことはなく清いつきあいのまま物語が終わる。もちろん、その先の将来は実に円満な予測ができるものなので、後味が悪いわけではなく。

 当初は一種独特の画風がどう生かされるのかという楽しみもあったのだけれど、そのあたりもやや抑えられたという感じでもあり、10 年あまりにわたったという連載でいろいろ路線修正みたいなものがあったのかなと想像したり。

 まあ、不思議な恋愛物語としては十分に楽しめたのであった。不思議な出会いであったなあと。

4063880109謎の彼女X(12)<完> (アフタヌーンKC)
植芝 理一
講談社 2014-11-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「GREY 下」

 本が好き! ヨンデミルで電子書籍を献本していただきました。ありがとうございます。

 上巻だけ読んで終わってしまうのかと思っていたところ、ほどなく下巻が登場。が、応募しようと見たときにはすでに応募完了というメッセージがでていて「ぬかったか!」と悔やんだのだけれど、どうやら募集開始時に前週との切り替えがうまくできていなかったのか、翌日見たらまだまるまる残っているとわかったのであわてて応募したのだった。

 さて、本題。

 上巻ではグレイがいかにして戦士となったのか、そして彼はどのような戦士なのかというあたりと、この世界の仕組みの概要が描かれたというところだった。最底辺の暮らしから抜け出すには戦士となって戦闘に勝ち続け、ポイントをかせいで市民権を得るしかない世界。ところが、その世界はどうもうさんくさいところがある。というあたりで終わる。

 そしてはじまる下巻。仲間であるはずだったレジスタンスの浮遊要塞ナゴシからの攻撃を受けて、同行していたレジスタンス員と戦士仲間ノーヴァを失ったときからしばらく時間が経過しているような様子。目的地はあくまでもナゴシのようなのだが、たどりつく前の戦闘で意外とあっさりとこの世界の秘密を知ることになる。

 それは今の時代からすればありがちな設定でもあるものの、描かれた 1980 年代にあっては少しばかり先取性をもっていたかもしれない。ディープラーニングとかでコンピュータがどんどん進化して、さながらチューリングマシン問題がますます混迷を深めそうなこの先の時代として思えば、そう遠くない将来に似通った未来は訪れたりするかもしれないと思うことも、あながち無理すぎるということはないと思えてしまったりもする。

 まあ、そんな世界がグレイの世界の秘密。あっさりわかってもそこで終わることはなく、ナゴシへの潜入からその先へとアクション満載で謎も簡単には終わらせてくれない。いろいろな欠片がつながりあって、最終的なシティへの突入へとなだれこむ。

 なんとなくこの下巻の雰囲気は、まるで「ドラゴンボール」を想起させるかのようなところがあり、死神と呼ばれるグレイの面目躍如というところか。まあ、ヒーロー物語というのはこうでなくては。

 ただ、結末はややあっさりすぎるかもしれない。当時の状況を知らないものの、やや疲れてしまったというのが本音だったりするのかもしれない。もちろん、十分納得のいく展開で終わるとはいえ、やはりそこまでの長さや重さを思うとあっさりすぎる嫌いは否めない。そのあたりは少しだけ惜しい。

 ラストカットのクールさが余韻を残しつつ「まあ、それもありか」と許容できてしまう。それもまた、たがみよしひさ、らしさかもしれない。アクション満載の「GREY」、堪能させてもらった。

4821184680GREY (下) (ぶんか社コミック文庫)
たがみ よしひさ
ぶんか社 2007-07-19

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016 冬アニメのまとめ

 この冬は本当に少なかった。珍しいくらい。

■赤髪の白雪姫 2nd シーズン
 先ごろの続き。海賊に誘拐されたり、なまくら王子が成長したりというのが主軸のシーズン。ある意味安定した物語展開。ただ、どうしても白雪の言動とかがたまに癇に障るようなところがあったりも。悪いというほどではないのだけれど。このくらいでもう十分かなあという印象ではある。

■ヘヴィーオブジェクト
 ハイテクな兵器に対して人間のある種アナログな戦いで勝利するという構図は面白いのだけれど、C4 あればなんでもできますよ的な雰囲気は最後まであって、そのあたりはやっぱりどうにも腑に落ちないところもあったりは。戦闘服の肩にあるプレートはなんなのかというのも気になってしまって今ひとつ入り込めない部分もあったりは。
 基本面白い設定ではあるのだけれど、一期で終わってもよかったのかなという印象ではある。

■魔法少女なんてもういいですから
 もういいですからといいつつしっかり魔法少女しているのだった。ショートアニメということでまだ救われていたのかなという印象は。とはいえどう見てもまどマギだろうという感じが強くて、そのあたりはどうなのかとも。まあ、なくてもよかったかなあという感じでは。

■だがしかし
 駄菓子屋を舞台に駄菓子ネタを繰り広げる物語で、ある種の人には懐かしさだけでも十分という作品なのか。個人的にはあまり思い出とか思いいれとかないので知らないものばかりという世界ではある。そもそも地域によってはあまり目にしたことがなかったりもするので。
 ある種不条理アニメといってもよいところがあって、駄菓子 PR アニメという程度くらいなのかとも。とはいえ、個人的に不作だった冬アニメとしては一番好きな類ではあったのだった。

■紅殻のパンドラ
 パロディ的な完全義体もの、というところ。一応面白くは見たのだけれど、結局なんだったのだろうという感じがないではない。まあ、そういうタイプの物語なのでと割り切れば十分楽しめる。「アップルシード」も「攻殻機動隊」も進展がない中、エロイラストばかりと嘆いていた動きの一環と思えば。

■僕だけがいない街
 正直一番「これは!」と思えた作品なれど無料配信が 1 話しかなかったのでもやもやしたまま終わったのだった。面白そうだったのだけれどなあ。

 そして、この春も今ひとつ見たいと思うものがあまりないのだった。「ジョーカーゲーム」くらいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧