「アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル」

ちょうど一年前くらいだったかになにかのツイートで知ったのをリストにいれておいたように記憶。ようやく購入した。

しかも、アウトレットブックということで半額になっていて、かといって汚損があるということでもなく、専用のシールが貼られているだけ。

もともとアニメーション業界にいたわけではない奥田さんが、いかにして業界にはいることとなり、1960 年代以降の作品でのべ 1000 本近い絵コンテを切ってきたことの履歴書。

当時の世間や業界の空気といったことまで描かれていてなかなかに興味深い。

幾多の紆余曲折もアニメ業界の栄枯盛衰とも重なって、この先を占う一助といってもよいくらい。昔はよかったなどという話ではもちろんなく、早くからコンピュータ導入に関与した経験もあって、昨今の状況の長所も短所もすっきりと示してくれたりもする。

奥田さんというアニメーターおひとりの自叙伝にとどまらず、日本のアニメーション史のひとつとして資料的価値も十分。

本来であれば、全体を俯瞰したものをどなたか編集者さんがまとめるという作業をいまのうちにやっておくべきなのだろうが、それもなかなかに難しそう。

せめて、著名な方々による個々の履歴書でよいので上梓してくれたらと願うばかり。記録は重要だ。

 

アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル

 

アマゾンだと中古になってしまうようだし、アマゾンが販売のは通常価格品のようだ。honto あたりだと時期にもよるがアウトレットブックとして購入できるので、そちらを見てからでも遅くないかも。

 

| | コメント (0)

「リコリス・リコイル Ordinary days 」

アニメの思ったよりの人気にあやかってという体ではあるものの、出す予定はあったのではないか、とは思っているのだがアニメでは登場しない日常を小説にしてみたという文庫本が発売になった。事前の予約ですでに重版が決まっていて、円盤全巻セットの事前予約に負けじおとらずの人気だったらしい。

買うにしても落ち着いたころでよいかと思っていたのだが、発売当日のタイムラインを見ると「ない」「ない」という阿鼻叫喚が並んでいてあれまあと思った。

ではとネットショップなど見ると確かにそうらしいが、ヨドバシドットコムを見れば在庫がある。ならば買ってみるか、ということで注文したら問題なく届いた。とはいえ翌日には在庫がなくなって販売休止になった。(その後、取り寄せになり今は在庫があるようではある)

タイムラインにならぶ速攻読んだという感想は、どれも面白かったというものばかりではあったし、ラジオでの若山さんは「最後、泣きました」といっていた。

そうなのかあ。と思いつつ読み終えた。ページ数の割に短時間だったのは、ライトノベルにありがちな段落の短さもあるかもしれない。

で、ひとことで言うならば、

同人の二次創作小説

だった。

というのも、アニメのほうは監督の意向もあってキャラクター同士の自然な掛け合いが感じられるようにセリフを変えたり、アドリブをいれてもらってよいということだったようで、むしろそうしたアフレコ(最近は本来のアフターレコーディングの意味がまったく失われているが)の結果を受けて作画していたという面が強かったようで、声優さんの演技がキャラクターの動きにまで反映されていたらしい(クルミが機内のミズキを呼ぶ場面で地団太踏むのは台本にはなかったらしい)。

また、その後の脚本でのセリフ回しにも反映されたやに聞く。

そういうことがあって、アニメでのキャラクターそれぞれが、しっかりと独自の色を持っていたし、それが脚本にもきちんと反映されていた。が、しかし、アサウラ氏はストーリー原案であって脚本参加しているわけではない。別名義で実は参加しましたということが、あるいはあるかもしれないが、本作を読む限りでは考えられない。

それくらいキャラクターが別物になっている。

キャラクターの所作、話し方、そういったものがアニメとは違う。やや近いところはたまにある。けれど、やはり全体として見ると違う。アニメが作られるなかで醸成されていったそれぞれのキャラクターというものが、この小説には存在しない。

だから、同人の二次創作小説の域でしかない。

正当な本編とは違うが、正当な外伝ではなく、まったくの同人。

それぞれはそれなりに面白かったし、それは悪くない。ただ、土井というキャラクターにたきなが恋しているのではという冒頭作品の誤解はそこで解決してしまったはずなのに、あとの話でなぜかそれが蒸し返されたりというのは、時系列的にも少しおかしい。

若山詩音さんが泣いたというのは、おそらく最後の話が、あまりにハードである意味「リコリコ」らしくないからか。切ない話ではある。が、結局きちんと結末まで書き切ることができなくて、あいまいになってしまったのは、ちょっといただけないかなとも。そこを逃げてしまってはせっかくのハードな内容に水をさす。そこをきちんと書ききってこそ、ハードな内容をあえて書いた意味があったのではないかな、とは思う。もちろん、そういう書き方が悪いわけではない。

どちらかといえば、もっとライトな小品を連作にしたほうが、スピンオフとしてはよかったのではないか、とも。

まあ、同人としては上々です。

できれば、脚本担当の方々による正当なスピンオフを待ちたいところ。

(円盤二巻のドラマ CD の脚本がアサウラ氏ということで、ちょっと不安である)

リコリス・リコイル Ordinary days (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「アイの歌声を聴かせて」Blu-ray を買って、見た

昨年秋のタイムラインを賑わせていた劇場版オリジナルアニメ「アイの歌声を聴かせて」。ようやく円盤発売になっていたのに気づいて、少し迷いつつもおまけつきのほうを購入した。

昨年、公開時に何度も見ているというツイートや、ぜひ見て欲しいというのとか、いろいろ流れてきていて、「そうなのかあ」と思いつついた。熱烈なファンの行動もあってか上映館が増えたり、期間が延長されたりというのもあり、もうすっかり映画館へ行かなくなってしまった身にもそれなりに気になっていたのだった。

実によい作品だった。

いきなり歌いだすミュージカルアニメと聞いたので正直少し構えていたのだけれど、まったくの杞憂だった。

冒頭、漫然と見ているとそこまで気づかないが、終盤に冒頭映像に戻ってくる場面で「ああ、なるほど!」と膝を打つ。そんな演出も実に見事。

シオンが教室にやってきて自己紹介をといわれ、サトミの姿を見つけてツツーと近寄っていき「サトミ、今幸せ?」と言わせるシーンも終盤に効いてくる。シオンの素性に気づいたサトミが連れ出して「お母さんがどれほど苦労してここまでやってきたのかわかってるの」的に言うと、間髪を入れずに「しらない!」と答えるときと、その後同様に幸せの意味がわかっているのかと問うサトミにも即座に「わかんない!」と答えるシオンのそのタイミングと語調の見事さに、土屋太鳳恐るべし、とすら感じる。

シオンという存在は監督もいうようにとびっきり大きな嘘だが、そのほかの嘘は丁寧につくられたいかにも現実味のある嘘で、そうしたメリハリのつけ方のよさが物語を面白くさせてくれている。

劇場作品の 100 分あまりという時間枠があるので、ときにややうますぎる展開がないとはいわないが、そんな小さなことはどうでもよいと思わせてくれる全体の構成の妙。

終盤、シオンの秘密が明かされている場面はなかなかに涙をさそうけれど、正直「よりもい」のそれを思うとそこまでではなかった。だからといってダメだなどということはまったくなく、荒唐無稽ではあるものの、この作品ならそれは十分あるという結末へとなだれ込む終盤は圧巻だ。

少なくともこの瞬間だけは、幸せな気持ちを共有できる、そんな作品。

土屋太鳳、すごいなあ。

# 家のなかのあれこれが AI によって管理されている姿が描かれるのだけれど、これが実によく考えられていてこういう未来はちょっとうれしいなと思わせてくれる。(朝ご飯を作っていて、みそ汁の具材を刻んでいる時に「そろそろいれるよ」というと鍋の火を少し落として待ってくれるとか)

 

 

アイの歌声を聴かせて (Blu-ray特装限定版)

 

追記:

そうそう、エンドロールを見ていたら結城浩さんの「数学ガールの秘密ノート ベクトルの真実」がでていて、「えっ?」となった。

あわてて本を出してきて、どこだろうかと探したがよくわからず。しばし、考えるに、そういえば板書の場面があったなと思い出し、確認したらそうらしい(あとで結城浩さんによる昨年の Tweet も見つけた)。

20220803171232s

259 ページ、問題 4-3 がそれ。シオンちゃんすごいわ。

 

数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

 

| | コメント (0)

「ALIVE」ClariS リコリコバージョンを買った

物語はもちろん、オープニングもエンディングも気にいってしまって、ついつい CD を買ってしまった。

ノンクレジットオープニング動画はなくてもよかったのだけれど、リコリコバージョンはこれだけなので、こちらを。

で、取り込みましょうかとよませたら、タイトルほかがおかしくなった。

20220809-084633

アルバムタイトルも曲名もアーティスト名も全部違う。

ためしにこの「Honeydrop Miu」で検索しても該当するものが見つからないという恐怖。

ClariS バージョンでどうかはわからないけれど、こちらは型番も違うのであるいはデータベースへの更新がなされていないとか、遅れているとかなのかなあ。

しかたないので手動で修正。

あるいは、本当に中身が違うのかと不安に思ったけれど、再生させると問題はなかった。よかった、よかった。

が、老人には歌詞の文字が小さすぎて読めないという哀しみ。

 

 

ALIVE (期間生産限定盤)

 

リコリス・リコイル関連はどれも人気すぎて一時的に在庫がなくなったり、円盤も早期全巻予約特典付きとかが完売状態だったりしてとんでもないことになっているけれど、この CD も同様で在庫がちょっと不安定。とはいえ今年の 11/30 までは再生産する予定のものなので、人気のほども考えれば、仮に今在庫がなくて買えないと思っても、少し待てば在庫が間に合う可能性は十分あるとは思う。とはいえ、早いに越したことはないか。

さて、円盤をどうしたものか。

 

| | コメント (0)

クルミの PC で動いているもの(リコリス・リコイル)

5 話でそこそこはっきりした画面が映ったのでなんとか文字を拾ってみると、どうやらこれは mac 方面のインストーラらしい。

20220804-200417

 

O/T/com.rq.form-tmpv4J6Xvcb9
/Suite Installer.app/com.rq.shared-assets.zip"

O/T/com.rq.shared-assets-tmpnmqnSpYIG

0O/T/com.rq.particular-tmprLfnaXatN
T/Suite Installer.app/com.rq.form.zip"

おおよそ上のような感じの文字列で、installer.app というのは macOS とか iOS 方面で使われているらしい。

com.rq.xxx.xxx のほうはなんとなく Java っぽい雰囲気もあるのだけれど、検索してみても文字列ではヒットしないので既成のなにかではないのかもしれない。

ただ、まあ、assets とか form とかの zip を展開してもあまりという感じがないではない。

ま、これは雰囲気のための文字列だからあまり細かいことを言ってはいけない。

 

| | コメント (0)

リコリコオープニングの 64 秒からが好き

2022 年夏アニメでは、もうこれが一番好きなのだけれど、オープニングのこの 64 秒あたりからのちさととたきなを交互に、それぞれ回り込みさせながら私服姿をいろいろに見せてくれる映像が、本当におしゃれで好き。

作品世界の重苦しさとは違って、今できる精一杯を楽しもうとしているちさとと、少しずつそれに感化されていくたきなの姿にほっとしてしまう。百合とは少し違う。

ガンアクションとかにも手を抜かない姿勢も好感が持てるし、円盤の事前全巻予約が埋まったということにも人気のほどがうかがえるよねえ。

とはいえ、終わってみないことには最終的な判断はわからないけれど。

 

| | コメント (0)

「冒険エレキテ島 1」

 

ロシア語版が出たというようなところからなんだろうと思っていたら、arton さんから「面白いというか不思議ですよ」と教えてもらったのでさっそく読んだ。

単にエレキテ島という謎の島を探す物語なのかと思っていたら、そうではない。

いや、そうではないというか、それだけではない。はず。

冒頭、主人公の女の子みくらが乗る飛行艇に書かれた文字からするすると連想される。「Mikura Ameria」。島をわたる航空輸送便を請け負う社名。

なぜ、アメリアなのか。一緒に開業して冒頭で亡くなる祖父がブライアン・アメリア。

アメリア、航空機、エレキテ。

ああ、これはアメリア・イヤハートに材をなす物語なのだろう。地球一周飛行中の最後、太平洋に消えた女性飛行家、アメリア・イヤ(ア)ハート。最後の飛行の供をしたのがロッキード・エレクトラ。

アメリアの消息はアメリカ中の話題となり大掛かりな捜索がなされたにもかかわらず、一切その痕跡を見つけることができとおらず、いまだ大きな謎であり、多くの人の記憶に残る事件。

そのアメリアがこの移動する島、エレキテ島にいるために見つからないのではないかという展開を予想させる。年代的には祖父ブライアンが直接アメリアとどういう関係に設定されているかは、やや難しい。同乗していたフレッド・ヌーナンというのもちょっと合わない。といって息子というのもやや難しいか。

(いや、消息を絶ったのが 1937/7 で作品世界が明示されてはいないが発行年くらいを想定として 2010 年前後。とすればアメリアの息子という考え方もできなくはないのか。そして、島でヌーナンと暮らしたという展開は「アメリアの島」(ジェイン・メンデルソーン)を連想させたりもする。)

と、そんな憶測、深読みはともかくとして、祖父を失ってから見つけたみくらあての荷物。祖父が記録したエレキテ島の記録や考察。そしてエレキテ島当ての小包。かならずや届ける、見つけるという意志で捜索にあたる日々がなんともワクワクする。そして、かっこいい。

でも、みくらちゃん、お風呂上りにまっぱで考察にふけるのはやめてね。停電して「まずはろうそくとパンツを探そう」といいつつ、ほかのものに気を取られるのもやめてね。女の子なんだから!

どうやら、本作。1 巻から 6 年を経てようやく 2 巻がでたものの、もちろん完結しているわけではないらしい。急ぎ 2 巻も読む予定だけれど、完結ははたして?

# ちなみに「島」をどう読むか問題。個人的には、ここは「しま(じま)」かな、とはおもっている。

 

 

冒険エレキテ島(1) (KCデラックス) コミック

 

アメリアの島

(当然ながら、「アメリアの島」は絶版だ。まあ、正直な感想としては三文小説ではある。)

 

| | コメント (0)

2022 春アニメ、見た記録

■ かぐや様は告らせたい ーウルトラロマンティックー

 安定した展開の三期。もっとも、少し尺をとりすぎたように思えなくもなく。最後の最後でお互い告白するという終わりは悪くなかったし、そこまでの過程も従来通りに緩急がよくて楽しめた作品。その後もアニメ化するらしいけれど、劇場版という噂もある。

 まあ、ここで終わってもとは思うものの、「はいはい、ごちそうさまでした」って終わりでも悪くはないか。

 どちらかというと本編よりもエンディング映像がひとつのスピンオフ作品になっていて、これで一回まるまるやってくれたらとずっと思っていた。

 

■ BIRDIE WING

 女子ゴルフのアニメがふたつほどあるという話がでたのは一年くらい前だったか。そのときはさほど気にもとめなかったのだが、たまたま見たら、ああ、これはいいねと。王道スポーツ根性もの的な設定。ちょっと恥ずかしいセリフ回しは声優さんじゃないから自分でいうわけではないし。

 ただ、作画としては日常場面の作画がもうひとつよろしくない。ゴルフプレイの作画はきちんとした監修者がいるようで実によく描かれている。

 分割(しかも半年先)2クールということで、ちょうどいいところ(大会がはじまった)で終わってしまい、しかも普通に次回予告がでたりするので、それで半年待ちかあというのはファンには少し酷なようにも。

 バンダイナムコ制作なので続きはスマホゲームでとか言われないかと不安はつきないけれど。後半を一応楽しみに待っている。

 

■ ヒーラー・ガール

 これもまた気にもとめなかったのだが、案外よくできていた。歌が治癒効果を持つ世界の物語なのに、歌で止血できたり傷がふさがっていったりとかおかしいだろ、と文句つけている莫迦が散見されたのは、本当日本の低脳化をよく表している。

 そもそも声優の歌唱ユニットとして存在していたグループ名が先ということらしく、そこから派生してアニメ化されたという異色の経緯。いきなりミュージカルのようになる演出、展開は多少面食らったというのは正直なところだけれど、毎回丁寧につくられていてドラマとしても鑑賞にたえるものだった。

 とはいえ、全体の構成としては、少し物足りないというか無理矢理感もあって、そこがやはりオリジナルの弱みだったかと言えなくもない。

 劇場版あたりで三人の少女のその後の成長が見られたりしたら、それはそれで楽しそうだ。

 

■ 処刑少女の生きる道

 ああ、意外といえばこれも。またぞろ異世界転生ものでタイムループものか、という感じだったけれど、少し設定がひねってあってその分は面白く見られた。

 とはいえ、この手のロードムービー的なものだと展開が同じになりがちではあり、実際まだまだ入り口あたりで終わってしまったので消化不良以前といえなくもない。せめて 2 クール前提でもう少しじっくり作ってくれないものかしらねえ。

 

■ であいもん

 前評判はよかったし、原作のファンも多いやに聞く。たしかにほのぼのとした温かみのある日常、人情という物語で、そこはよかった。

 ただ、作画の点で顔のハイライト処理があまりに実際的ではなく、いったいどこから光を当てたらそういうハイライトになるのかというのがデフォルトだったのが気になっていまひとつ評価が低い。

 いいんだけれどねえ。

 

■ カッコウの許嫁

 一話だけみてやめてしまったのだった。申し訳ないが、ちょっと合わなかった。

 

■ SPY x FAMILY

 もうこの春はこれでもちきりというくらいだった。わけてもアーニャの演技が秀逸で、種崎敦美さんというもの。

 これもまた、実際のスパイはあんなじゃないとか、いろいろ文句言う手合いもあったようだけれど、現実とフィクションの区別はできないわ、物語というのは本当と嘘をうまくないまぜにしてあるから面白いのであって、上手な嘘がよい作品なのだよ。とは思うのだが。

 2 クールとはいえ、こちらも続きは 1 クール待ちなのでちょっと高揚感が冷えてしまいそうなのは残念といえば残念。

 

■ サマータイムレンダ

 連続 2 クールというのでまだ続いているが、これまたタイムループかあ、と思っていたら、これもまた少しひねっている。ループさせつつ少しずつ状況説明にしているあたりもなかなかよくて、下手に解説いれすぎないあたりはよい。

 8 話くらいのときに一回だけ極端にギャグ寄りの作画になってしまったのがあって、あれはやはり異質なのでやめるべきだったのではと思うが、監督としては OK だしたということなのかな。本当異質でキャラクターデザインから逸脱しているわけなのだが。

 物語としては、どんどん深みにはまっていてこれで本当にハッピーエンドがくるのか? と思わせるのでうまいなあと。原作は完結しているというし最後までやってくれる 2 クールだと思いたいのだが、さて原作の終わりも知らないのでどう終わるのかは未知数。

 

■ パリピ孔明

 P.A.Works 初の原作ものということでいろいろ期待も不安もあったようだけれど、まあ、作品としてはさすがに P.A.Works という出来ではあった。

 とはいえ、これまた 1 クールだけで、しかもようやく物語がはじまったというところでの終わりで、たしかにラップ展開に時間をとりすぎたのではという意見にも頷けるものはある。あそこで終わらせるための尺つなぎだったのかもしれない。

 うーむ、どれもこれもよいものを作りながら中途半端に 1 クールで終わりなので本当あちこりの料理に手当たり次第に手をつけておいて「ごちそうま」といっているような世界になってきた。なんとかならないものかしらねえ。

 

式守さん、阿波連さんもあったけれど、数話見たところで耐えられなくなってやめたのだった。そして、すっかり忘れていた。

 

■ まちカドまぞく2丁目

 ああ、さらに忘れていた。一期は見ていなくて、今回たまたま二期の途中だったか、はたまた一期のまとめ配信だったか(すでに覚えていない)を見て気に入ったので見ていたのだった。シンプルな不条理日常コメディで、よいノリ。小原さんがいい味だしている。

 さらにモモの変身の時に右下にカウンターがでて、超スロー再生なんです! をアピールしているあたりも面白い。

 絶賛というほどではないけれど、なにも考えずにちょっと楽しみたい、そんなときにはよいかも。次期があるならまた見ようかなというくらいには。

 

 ちなみに夏はいまのところあまりなくて「リコリス・リコイル」が大当たりといった感じ。ただ、これもまた 1 クールで終わりとか。ああ。

 

| | コメント (0)

「ドミトリーともきんす」

内容はまったくわからないままに買ったのだけれど、ちょっと特殊な作品だった。

漫画というか、四人の著名な科学者の本を紹介するといった体裁の作品。

関係あるようなないような漫画が数ページあって、そこからとりあげた本の一説を紹介して、本そのものを紹介してというページが続く。

朝永振一郎、中谷宇吉郎、牧野富太郎、湯川秀樹の四人だが、どれも専門的な本ではなくエッセイといったものが主らしい。科学読み物への招待といった趣。

正直なところとしては、やや可もなく不可もなくという感じで、もう一歩かなとも。

科学読み物には縁がなかったという人にとっての端緒になるのであれば、それはそれで有益なのかなとは思うし、そういうきっかけも多少は生まれるかもしれない。

ふと、高校時代に担任からなぜかもらった「量子力学的世界像」を思い出したりはした。当時は読まなかったけれど、後年になって読んだらなかなか面白かった。

 

ドミトリーともきんす 単行本(ソフトカバー)

 

| | コメント (0)

「メイドさんは食べるだけ 4」

相変わらずすずめちゃんはかわいい。

そして、本当に日常的な食べ物をひたすらおいしく食べているだけ。

だが、そこがよい。

という漫画。

細かい設定とかどうでもいいんですよ。

かわいいは正義。

という作品。

ま、いやしよね。

 

メイドさんは食べるだけ(4) (イブニングKC)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧