スマカメに四苦八苦

 PLANEX のスマカメを買ってみたのだが、設定がなんともひどかったのでメモしておく。

 付属の説明書にはスマートフォンアプリでの設定がでているだけで、PC 用にはまったく触れられていない。まあ、スマカメというくらいなのでスマートフォン前提という趣旨もあろうからそこはまあ我慢する。

 インストールパッケージのテキストファイルには msi ファイルをクリックしてインストールくらいしか書かれていないのでほとんどゴミ。それでも実行するが結局なにも映らない。スマカメがそもそも見つからないという。

 スマートフォンへもアプリをいれて試してみるがやはりこちらも見つからない。説明によれば無線 LAN の SSID やパスワードを設定するようにとあるのだが、ネットワークのそれらを設定してもダメだ。

 で、検索して次のページに行きついた。

 http://planex.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/4150/c/1811/p/1801

 つまり、ルーターに接続してというのではなく、直接スマカメと一対一で接続するという形。こんなことまったく説明はないし、パスワードなど知る由もない。なんだかなあ。

 ネットワークに接続されていない状態でどんなに検索したところで検出されるはずもない。アクセスポイントのなかからスマカメを選んで上記の設定を行うしかないということさえ記載されていればなんの問題もないものを。

 数時間悪戦苦闘して最後はゴミにするしかないのかと思っていたところだった。まあ、なんとか使えるのかもしれないが、なんだか面倒だな。ルーター経由にはならないのかなあ。ほかに手立てがあるのかどうか。

追記:
 無線 LAN 設定にはじめは TEST WiFi というのしか出ないのだが、ここであらためて上記 FAQ でのパスワードを設定するとその後ルーターが見つかるようで、ここでそちらを選択してパスワードをあらためて入力(ルーターのやつ)するとルーター経由でつながるようだ。やっぱりわかりにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々に Android Studio

 絶賛放置中の Android アプリ。Google からメールがきて target SDK バージョンをあげろという。

 もはやそのままで勝手に削除されるとかならそれでもかまわないともいえるのだけれど、まあそれでもということで久々に Android Studio を起動する。もしかすると Android Studio で APK を更新するのははじめてかもしれない。というくらいに放置している。

 たまにアップデートのための起動はしていたのだが、さてどこをどうやって APK を更新するのだったか。そもそもサイン付きのやつを作るにはなにやらキーファイルが必要だったりしたが、あれはいったいどうしたのだったかとかいろいろ忘れている。

 そのあたりはなんとかクリアしたものの、さすがに古いのでAPI 26 以上をターゲットにすると、今度は最低までも少しあげろといわれてしまったり、それらの影響で多少コードに変更を求められたり。

 自動的に補完されるところもあればダメなところもあり、なかでも FloatMath が。すでに廃止になっているのでこの部分をすべて修正。それでもなんとか動作しているようなのでホッとはしている。

 ということでなんとかすべてのアプリの更新を終えた。

 アプリの削除機能も実現するらしいというニュースなのだが、どうも実現しても面倒そうなのでこのまま非公開のままかなとも。

 しかし、この程度とはいえ、将来ずっと管理していくとなると、それはそれで面倒な話ではあるなあと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

快適 nasne 生活はじめてました

 テレビのアンテナ線が確保できないのでさてどうしようかと思っていたところで nasne にたどりついた。ネットワークを通じてテレビを視聴したり、nasne に録画もできるということで、それならば家の中のどこにいてもテレビを見ることができるわけだなと。しかも、録画したものも。

 レコーダーで録画しておいても見るとなるとそこにいなくてはならないし、さらにはテレビがモニターになるわけで考えてみると面倒な手順を踏んでいるわけだなと。

 それがスマホや PC でできる。これはありがたい。

 ということで購入。

 ただ、nasne そのものはアンテナ線とつながなくてはならない。そして、ネットワークにつなぐには中継器なりが必要になりそうだ。モデムとつないでいるルーターは自室にあるが、このルーターをアンテナ線がある場所にもっていくには遠い。

 ということで、モデムとつないだルーター(親機)と nasne につないだ子機を無線でつないで中継するという運用に。

 ところがあらたに購入したルーター(中継機能はある)と親機とをつなぐための方法・手順については同梱されていない。やむなくネット検索してメーカーサイトの動画を見つける。それに従てようやくつなぐことができた。結構面倒。バッファローなので AOSS ボタンとかでさくっとできたら楽なのに。

 もともと数台を中継することは可能であっても、そういう運用はあまり期待されていないってことなのだろうか。

 さて、いよいよと思うと今度は nasne 利用のアプリで壁が。壁というほどでもないけれど、スマホ用アプリは視聴のためには追加料金が必要という。アプリそのものは無料だが。で、録画予約とかはそのままでもできるが、いずれにしてもリアルタイムのテレビであれビデオであれ見るためには追加料金が必要。

 PC 用のソフトも有料。こちらはもっと金額があがる。ということで今はまだスマホだけ。とはいえスマホ用もいくつも種類があって(同じソニー系で出しているのに)少しずつ機能が違うようでもある。このあたりは統一できるものは統一してもらったほうがよいのでは。

 光メディアへの書き込みなどは PC 用を使うのが一番のようで、このあたりは少し様子見。とはいえ使えないと不便ではあるが。キャンペーンとかで少し安くならないかなあ。

 というか、nasne 買った時点でスマホアプリなり PC ソフトなりの割引とか無料とかあってもよいのではないのか。でないと使いようがないわけで。

 とはいえ、なかなか快適な生活ではある。

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)
nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2016-12-08
売り上げランキング : 434


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

起動は再起動ではありません(らしい)

 Windows メモリ診断ツールを予約していた。もう終わっていると思っていた。が、ちょっと PC の調子がよくないようなので珍しく再起動すると見慣れない画面になっていた。メモリ診断ツールが実行されている。

 ふと思い出すに、「再起動したときにチェックする」みたいな文言だった。そうか、確かに「再起動」と「起動」は違う。スリープしたままということはなく、その日の最後には必ず電源を落とすので、翌日起動したときにはすでにメモリ診断は終わったものとばかり思っていたが。

 結果としては異常はないというのだが、それでもメモリ関係のエラーでブルースクリーンになることがたびたび。やはり svchost.exe の問題なのか。対処したという話はなんども目にしているのだけれど。どこまでいっても解決しないのか、はたまた自分の環境による問題なのか。

 それにしても「再起動」でないとダメとなると、通常実行されないままのタスクが多くの PC に残っているのではなかろうかと思ったりするのだが。シャットダウンしたあとの通常起動前にも実行してよいのではなかろうかと思うのだが、どうだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Cygwin 上で rbenv を使った Ruby-2.3.3 のインストールに成功した

 Cygwin で Ruby-2.3.2(3) がインストールできなかった問題。パッケージ名に openssl-develop としたらインストールされて、結果的に 2.3.3 のインストールが完了した。これまでほかの *-dev とかいう名前で試していたけれど、この手のパッケージ名というのは統一されているとかはないのだろうか?

 とはいえ、2.3.1 はすでにインストールできていて、その時には問題なかったことを思うといささか謎は残るのだけれど、もはやそのときにどうであったかはわからない。

 また、 readline にしてもエラーがあったので、apt-cyg install readline したところあれこれインストールされて、その後エラーにならなくなったわけではある。これも 2.3.1 のときに問題なかったのが謎。それともバージョンとかの違いとかなのだろうか?

 なんにせよひとまず使えるようになったので、まだまだ Cygwin で tDiary 生活が続けられそうなのでよしということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Cygwin 上で rbenv を使った 2.3.2 のインストールに失敗する

 Ruby-2.3.2 がでたというので Cygwin の Ruby もアップデートしようかと rbenv でインストールしようとしたらエラーになってしまった。はじめは readline と openssl の拡張がコンパイルできないというのだが、2.3.1 はインストールできているのでそれらがインストールされていないわけでもないはず。

 それでもと readline はインストールしなおしたところエラーがでることはなくなった。openssl はすでにインストールされているといわれてなにか追加でということもなく、やはりエラーがでて終わってしまう。

 Xubuntu では 2.3.2 をインストールできていたのだけれど。Cygwin はやはりいろいろ無理があるってことなのか。rbenv にしても Cygwin での動作を保証はしていないらしい。

 ここはいったん openssl を削除してからインストールしなおしてみるってことなのか? 2.3.1 からとはなにか変更されたこととかあるのだろうか?

 tDiary をローカルで動かす目的だけといってもよいので古いバージョンだからといって困るということはそうそうないのだけれど、できれば最新には追随しておきたい。あるいは rbenv を使わずにインストールしてみるべきか? それでもダメならなにか 2.3.1 とは異なることがあるってことか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

数独解法に斜め対応させてみた(コードなし)

 ローカルなポイントカードにブルーカードというのがあって、当初は長野県内だけだったのが、その仕組みを他県にもというのがあったようで、いくつかのところでサービスがあるらしい。

 年に二回案内などが届くのだけれど、今回数独のクイズが載っていた。人力で解いてもよいのだけれど、どうせならということで Ruby に解いてもらうことに。

 とはいえいちからコードを書くのはちょっとなので検索すると案外たくさんでてくる。遠藤さんの書かれたものも見つかった。 そのなかのひとつを参考にしてみたのだが、残念ながらこのままでは今回の問題に完全に適合できない。縦、横、ブロックに加えて斜め 2 列もあるのだった。

 手始めに斜めがないままに実行してみるときちんと結果はでるものの、斜め列を見ると同じ数字が出現してしまうことを避けることができない。ほかの縦、横、ブロックは合っている。

 ということでよくわからないままにコードを読んでいっておよその動きを把握したところで斜めの計算も追加してみる。はじめはうまくいかなかったのだが、なんとか動作するようになった。結果を確認してみても問題ないようだ。

 ただ、ここでもう一段考えるべきかというのが、はたして解はこれだけで本当によいのかどうか。あるいは、別解が存在するかもしれないというのをすべて検証するにはもう少し修正しないといけないのだろうなと。さて、どうするか。

 たまの素材なのだから考えてみるべきという感じではあるのだけれど。

 参考にさせてもらったのは、次のページのもの。

[ 【Ruby】【アルゴリズム】数独を解く。プログラミング言語Ruby 学習感想文 ~1章 - せかいや ]


# コードの差分だけでも gist にあげるべきか否か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケルベロスの罠にはまる

 噂の 9 月の Windows Update でのトラブルに案の定遭遇。Windows 10 の累積的更新プログラム KB3189866 のダウンロードにはいったところで止まったまま。その他いくつかの更新はすでに落としたらしく進捗としては 50% まできていてそのまま進まない。

 ということで直接ダウンロードと思ったが Firefox で見て行ったところ、Internet Explore でしか使えないという Microsoft Update Catalog とかいう。その他のブラウザではダウンロードセンターへというのでリンクをたどると、ダウンロードセンターのトップページにいってしまい、また探し始めなくてはならない。どうしてそんな仕様。

 ということで IE 11 でアクセス。なんのために Edge をメインにすえたのだろう。いや、そういうことがあるからあくまでも残しているということかとも。

 が、これがちょっと直感ではわかりにくいような UI で、なにをどうすればよいのかよくわからない。こんな感じかとやっていったらなんとかできた。いや、できたのならわかるのだろうと言われるかもしれないか。しかし、使いやすいものでは決してなかった。とはいえ、こうしてアクセスしてダウンロードするのは一般ユーザーというわけではなくて、ある程度わかるユーザーに限られるのかというところではあるのか。

 はたしてダウンロードしたのはスタンドアローンインストーラで、それを実行すると、つまり Windows Update のキャッシュに追加されて単独でアップデートされたのだった。その後、ほどなく残されていたほかの更新もあらためてダウンロードされてインストールされたようだった。

 Windows 10 になってファイルのサイズがわからなくなっているのもうれしくない。どのくらいの時間がかかるのかを見通すこともできない。また、以前ならば更新をキャンセルできたり、ファイルを選択することもできたが、今はそれができない。

 勝手に操作されないためと思えばわからないではないのだけれど、もう少し不足の事態への対処方法があってくれたらという思いも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Windows 10 で Cygwin + tDiary

 Windows 10 にするにあたって一番気がかりだったひとつが Cygwin での tDiary 環境。とはいえ、このところそこそこ経験を積んできたので、まあなんとかなるだろうくらいに思っていた。果たして。

 Cygwin をインストールして(apache は標準ではインストールされないのでチェックすることも忘れない)、conf ファイルの修正などもして先の情報を参考にしつつ cygserver がサービスとして実行されるようにしておく。

 さてとブラウザでローカルホストにアクセスするがなにも表示されない。It Works! がでない。

 Skype などがポート 80 を使ってしまっていることがあるというのはすでに知っていたので、大方そんなところなのだろうと調べると Skype ではなくシステムで使っている。PID 4 という早いところで。これはちょっと面倒なのか?

 ひとまず 8080 とかにしてみたのだけれど、apache は起動するもののブラウザにはなにも表示されないまま。

 ということでいろいろ調べているとわかったのは、Windows 10 が IIS だかを標準で機能を有効にしていて、これがポート 80 を使っている。これは必要なければ機能の無効化でよいと。

 [ Windows10にアップグレードしたらApache起動しなくなったので対策に乗り出したっていう話 | Thought is free ]

 ただ、 Windows 10 ではこうした場所へのアクセスがどうもわかりにくい。コントロールパネルを探すだけでも一苦労してしまう。わかってしまえばよいのだけれど、移行したすぐには悩んでしまう。

 そうしてようやく It Works! が表示されるようになったので日記にアクセスするとエラー。これは ruby-list だったかで最近みかけたような気がしていたので Ruby 側の修正を。 win32/resolve.rb で require 'kernel32' だったかを、'kernel32.dll' と拡張子までつけないと探してくれないということらしかった。次で修正されるらしい(と思った)。

 ところがさらにエラー。が、これはどうやら古い tDiary のファイルが残っていたためだったようで、クリーンに入れなおしたら問題なく日記画面が表示された。なんとか日記環境も復活したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もう何度目かのリカバリー症候群

 一応前の続き

 といっても時間が空いたのと、珍しく更新が途絶えていたことからもいえるように、実は一週間の間に三度リカバリー後アップグレードをしていた。もう、ぐったり。

 というわけでちょっと当初の感じは忘れてしまったけれど、一応の記録とする。

 それまで使っていた Windows 7 環境のままでどうにもアップグレードが失敗するので、こうなるともうリカバリーするしかない。システムイメージの最新バックアップなどというものは残念ながらない。実は二年ほど前に SP1 までにしてイメージをバックアップしていたのだけれど、それを書き戻してもダメだった。

 ということでまっさらにして出荷状態に戻す。データのバックアップは一応したもののいくつかはうっかりして失ってしまった。まあ、Firefox のブックマークであるとか、開いていたタブ情報であるとかが主ではあったけれど。

 初期状態の Windows 7 は SP1 が出る前のものなので、まずは Windows Update で適用されるのを待つ必要がある。また、使えないもの、あるいは使わないものもあるとは思うものの、プリインストールされている VAIO オリジナルのソフトウェアなども更新しておきたい。アップグレードしてからではもはやアップデートできないので。

 この VAIO Update に時間がかかる。一通りすませるとおよそ 3 時間。まあ、ADSL の切なさといえばいえる。それらをすませてからそれでもやや祈るような気持でアップグレードをはじめる。三度も繰り返すとは思いもしないものの、実際何度でもとなったら DVD にしておいてよかったとあらためて感じた。

 リカバリしてからだとだいたい失敗はないのだが(それでも部分的に失敗したりはあった)最後のフェーズに到達するまではやはり不安。この間がおよそ 1 時間。パスワードの入力を求められるまでいけばもう安心。

 ただ、リカバリも部分的に失敗したりする。理由はわからないけれど失敗したといわれてやり直したりもした。各種設定などは固有のものは十分にはひきつげないようではあるので、どこまで有効なのかはよくわからない。まあ、これはおいおい使いながら。

 二度目にはスタートメニューのタイルに表示されるべきアプリが保留のままになっていたり、はてはマイクロソフトアカウントへ切り替えようと思ったらエラーになってそもそも切り替え画面にすらいけない。ということがあって、修復をこころみたもののうまくいかず、ビルドを前に戻すというのを試してみたら、つまりそれは Windows 7 に戻るということだったとわかってがっかりする。

 回復で戻した Windows 7 からふたたびアップグレードしようとするとまず失敗する。よくできている。これはきっと Windows 10 の呪いに違いない。

 ということでまたぞろリカバリしてから SP1 にして、VAIO Update もしてアップグレードの一連の時間を経過する。早くて 7 時間くらいは使い物にならない。イメージバックアップをとっておきたいが、ディスクに余裕がないのでいずれという話だ。

 いいかげんアップグレードにもなれてしまって、さながら Windows 95 の時代に帰ったようだった。あのころはまず MS-DOS をインストールして、それからおもむろに Windows 95 のインストールにかかる。そんな作業を毎日のように繰り返しているものだった。そのくらい不安定なところがあったなあと思い出す。あまりに何度もやるので手慣れたいつもの手順をふむだけだったりも。

 失った環境をある程度復旧させたかとは思うものの、もう Windows 7 に戻すことはしたくないなあとは。できるだけ早くにハードディスクを用意してシステムバックアップをしておかなくてはなあ。

 Windows 10 での不満といえば、ロックスクリーンがうっとうしいのと、シャットダウンへの道のりが面倒なこと。画面の明るさがどうもきちんと反応してくれないこと。画面をピンチすることを前提にしていること。まあ、いろいろだけれど、基本悪くはないし、というかもはやこれでいくしかないのである。

 ともかくも svchost.exe の暴走から本当に開放されるのだとしたらそれだけでも十分にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧