「火星の人」(アンディ・ウィアー)

三年以上前に購入の電子書籍版をようやく読了。読み始めてからはそこそこ(近年の自分としては)早かった。寝る前読書とはいえおおむね二週間くらいだった。

話題になったのに読んでおらず、いまでは同じ著者の別の作品が話題になっている始末。そちらを読むのはいつになるやら。

映画化もされていて、たぶん映画も見ていないような気がする。断片的な映像は覚えがあるのだが。

簡単にいえば有人火星探査チームから不慮の事故によりただひとり火星に残ることになってしまった宇宙飛行士のサバイバル。帰途についた宇宙飛行士たちは、彼が死んでしまったものと思っているので(地球のチームはしばらくして彼が生存していることを知っていたが、帰還チームに知らされるのはかなりたってから)やや自責の念にとらわれている。

一方、火星に残されたワトニーは、なんとか知恵と工夫でサバイバルを緻密に進める。この過程が実にリアルにせまるもので面白い。昨今、フィクションで描かれた宇宙が実際のそれと大違いすぎてつまらないといった話が話題になってしまったけれど、このサバイバルがどれほど現実的なのかは知りようもない。ことによると嘘ばかりということだってあるだろうし、けれどこれはフィクションなのだから。

フィクションとはいえ、実に真に迫る描かれ方で、これは素人が読んで、見て楽しむには十分すぎる内容だ。あまりに緻密すぎてむしろ詳細を検討したりする意欲をそぐ。

そして、何度となく危難に遭遇しつつも少しずつ帰還へ向けて動いていく様が火星と地球とで描かれていくテンポも実によい。いかにも映画に向いている。あるいははなからそういう脚本として書かれたものだったりするのだろうか。残念ながら電子書籍版というのは、あとがきとかいっさい省かれてしまっていて本当に意味がない。そこだけはどうしようもなくダメだ。

最期まで息つく暇もないほどの展開が続いて、まさにエンターテインメントという感じで、これを映像で見たらそれはまた面白かろうと。機会があれば映画のほうも。

 

火星の人

 

| | コメント (0)

魔法科高校の優等生 1-3

安くなったのとかあって入校編分の残りをまとめて購入。

しかし、こうしてみるとアニメの基本ストーリーは、おおむね原作漫画の要素を持ってきているのではあるのね、とは。部活勧誘場面であるとか、達也を狙う何者かを捜索するところとか、改変されているところや使っていないところとかはあるのだけれど、大筋としては。

もちろん、極端すぎるエロ要素は脚本家の趣味全開以外でしかないと確定するわけではある。

深雪が着替えに悩むところは漫画ではエクストラエピソードでしかなかった。

で、そもそも漫画のほうのセリフとかが、原作小説に必ずしも準拠してないというのがあちこちあって、そのあたりは原作者も許容していたのかというのは、もはや別物だからという割り切りだったのか。

であれば、アニメの改変もまた「あれは別物」と割り切っているのかもしれない。実際のところはわからないけれど。

また、壬生先輩についても、ほとんど洗脳されてロボット状態だったみたいな描き方になっていて、それはどうなのだろうとは思うのだが、原作組みファンはあまり否定的なことを言わないので許容されているのかなあと。

というわけで、自分としては、あまり惹かれない作品ではあるなあと。

 

魔法科高校の優等生(1) (電撃コミックスNEXT)

 

| | コメント (0)

「たんぽぽ娘」(ヤング)

単行本がでたころに気になっていたのだけれど、そのまますっかり忘れてしまっていた。この頃なにかのきっかけで出会ったので、いや、思い出したバーゲンブックにでてきたのでこの機会に買おうかと見ていたら文庫もあってそちらでよいかと半額になっている単行本ではなく文庫を買ったのだった。

で、読んだ。

表題作「たんぽぽ娘」は実によい。確かにメリルが惚れるのもわかるし、伊藤典夫さんが惚れるのもわかる。実によい味。

で、全体として思うのは、ファンタジー系の作品はよい味を持っているけれど、それ以外の作品はどうもあまり好きになれないなということ。なんだろうな。小難しい言葉をつらねたら SF? みたいな感じがしてしまう。

対して「たんぽぽ娘」をはじめとしたファンタジー系のものは、小難しいことはいっさいなく、仮に科学的に設定を検証したらいろいろ矛盾とかあるかもしれないが、そういうことを感じさせない物語のよさというものがあるというか。柔らかく平易な文章でつづられる物語の最後に、あっと思わせるなにかが待っている。

それは、時間 SF 特有のものかもしれないけれど、そこでハードな設定云々を言い出すと物語としての面白さを損ねてしまう。あくまでも物語として素直に楽しむべき作品たち。そういう作品こそヤングの真骨頂なのかなと。

ということで、好みにあうのはわずかではあるが、ヤングの世界を知る一助ではある。次の短編集という話にも触れられてはいるものの、すでに 10 年あまり経過しているので、なかなか難しいのかもしれないかな。

 

たんぽぽ娘 (河出文庫)

 

| | コメント (0)

「ネクサス」(ラメズ・ナム)

2018 年だったかの電子書籍半額セールでついあれこれ買い込んでしまったものの消化がまたひとつ終わった。上下巻になっていて文字サイズの大きさにもよるのではっきりはしないものの、おおむね印刷されたものであればそれぞれ 300 ページちょっとずつという感じの長さ。意外にも長さはさほど感じずにサクサクと読めてしまった。確かに、面白かった。

タイトルとあらすじから選定したのだと思うけれど、意外とはずれではなかったという印象。訳者のあとがきにもとくに触れられていないものの、多分に「攻殻機動隊」の影響を受けているというのはあるのではないか。電子書籍版では省略されてしまっている解説にはなにか触れられていたのかもしれないが、カットされているので知りようがない。これは、大いに不満。

ネクサスというマイクロマシンを服用することで手軽に電脳化できる技術をめぐる物語なのだが、そこで行われる電脳通信はまるっきり「攻殻機動隊」のそれといえる。あろうことか脳内でプログラム開発までできるというありさまで、そこまでいくとどうなっているのかというのはある。マイクロマシンそのものがどのようなものであるのかという詳細な記載は残念ながらない。

ただ、現状行われているこうした電脳化技術の研究の最先端情報をもとにしているというのは事実らしいし、実際そうしたニュースをいくつか目にしたこともある。おおきな事故で障害を負い、それを補う必要から電脳化、あるいは「攻殻機動隊」でいうところの義体化が実験されるのは、よりよく生きるためのひとつの明かりなのだろうとは思う。

ただ、ここまで意識同士の統合というか操作まで簡易におこなえてしまうというのは、やはりまだまだ非現実的。だからこその SF ではある。

という意味で、ちょっとお安いハリウッド映画的な物語といえる。ゆえに、これが映画化されたら、そこそこ楽しめる SF アクションサスペンスといったものになりそうだ。アクションにバイオレンスに、ちょっとお色気に、人間ドラマまで網羅している。ちょっと大風呂敷を広げすぎているきらいがないではないものの、ハリウッド映画ならそういうものと割り切れそう。

ただ、その場合結末は少し変えられるのではないかとも。ケイドとサラは別々の道を進むという最後になるけれど、ここはきっとふたりが手に手を取ってという感じになりそう。

娯楽としては十分に堪能できるので面白い。

ただ、先にも書いたけれど、訳者あとがきでも触れている解説がカットされているのが不満だ。そこを読まないとこの作品の真価に触れられないようなあとがきなのに。「読みたかったら紙を買え」というのであれば、もはや電子書籍なんて出す意味がない。

がっかりだよ、早川書房。とは、思う。まあ、今後も電子書籍で買うのは漫画だけになるだろう。このときの一時の気の迷いが悔やまれる。とはいえ、面白かったのは事実だけれどね。わざわざ紙で買いなおす気にまではなれない。

 

 

ネクサス(上) (ハヤカワ文庫SF)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない」

シリーズ 4 作目は、はれて恋人となった麻衣さんの妹でかけだしアイドルの回。大好きだった姉なのに次第に同じ芸能活動をするうちにいつしか比べられていると感じてしまい、なにかとそつなくこなす姉・麻衣への引け目と嫉妬を感じてしまう妹のどか。そんなこんなが高じてか、家出のように姉のところに泊まりにきた翌朝、気が付くとふたりの姿形が入れ替わっていたと。

やむなくお互いに相手のふりをして生活することにするも、麻衣のほうははじめてのこととはいえ、努力でなんとかこなしていってしまう。妹のほうはといえば、むしろプレッシャーにおしつぶされそうで、CM 撮影で撮影中止を起こしてしまう。

お互いに本当は好きだし、尊敬もしているのにいまひとつ素直になれずにわだかまりを消せない。結局、咲太が間にはいるような形にならざるをえずに、それもいささか不条理な応対で。

再婚相手の子ということで異なる母親をもつふたりのわだかまりの原因や、それをとかしていく過程がいじらしい。わかっていてもなかなか行動に、ことばにできないのが人の常というもので。

そして次はシリーズでも屈指の切ない回へと。

 

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」

シリーズ三作目。今回は咲太の数少ない友達のひとり理系な双葉理央の回。不審な行動を目にして探ってみたら双葉がふたりになっていた。どちらの双葉も同じように双葉で、ひとりは SNS に自分のちょっとエッチな写真をあげるもうひとりの自分に腐心している。けれど、自分にもそうしてしまいたい心があることにも嫌気がしているという感じ。

結局はなかなか素直に打ち明けられない同じく友達の国見への思い(恋情)に起因するわけだが、そう簡単に素直になれるのであればふたりになどならない。

結果、咲太の家に世話になることになるのだが、それを単純に許す麻衣でもなく、気が付けば麻衣もしばらく泊まるという話になって、うれしいような困ったようなという。

双葉の気持ちに折り合いをつけさせて国見と三人の絆を再確認してという結末は、なかなかに青春していて感動的。アニメ化の影響もあるけれど、いちばんいじらしくてかわいいのが双葉のようにも感じる。

で、毎度毎度最後は次への伏線が展開されるというこの準備のよさよ。それにつけても最終的には(物語の完結)双葉の恋心を成就させてあげたいわと思ってしまうなあ。さて、どこへ連れて行ってくれるのやら。

 

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」

「青春ブタ野郎」シリーズ 2 作目。後輩女子、古賀朋絵が引き起こす思春期症候群のおはなし。

麻衣の事件も解決してようやく落ち着くかと思ったら同じ日の繰り返しがはじまる。微妙に違う毎日が繰り返される。ひとり繰り返しているらしい朋絵にたずねるも繰り返してないとはじめは嘘をつく。けれど結局は原因は朋絵にあると分かって解決策を探すが、それは嘘の恋人役を咲太に頼むということで。

人気のある上級生男子から告白されてしまったことで繰り返しをはじめた。クラスの女子グループのトップともいうべき女子が彼のことを好きなのに自分が告白されてしまうとかはまずいという気持ちから。

嘘の恋人作戦はそれなりに成功して、繰り返しは終わったかに見えたが、いよいよ夏休みにはいる(休み明けには別れたことにする設定)というところでふたたび繰り返しがはじまってしまうという事態に。

後輩、朋絵の複雑な女子グループの心の葛藤とか、痛いくらいささってくる展開。青春だね。

「だって、先輩のせいだし」

「理由を聞こうか」

「先輩があたしを大人にしたんじゃん」

「なんか、エロいな」

「先輩って、わかってるくせにいつもそういうこと言うよね。照れ隠し?」

終わりのほうのこういう会話、好き。

 

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(小説)

2018/10 から放送のアニメを見てすっかり気に入ってしまい、のちに原作小説のほうを全巻そろえ、その後出た新刊もそろえて、まあ読んだのは 2020 年ころだったわけではあるが、今も続編を心待ちにしている作品のひとつではある。

で、このところ記録をずっとさぼっていたのを思い出したので少し過去のものも順次あげておこうかというところ。細かいところはもはや記憶の霞になろうとしているので、まとめて記録するかとも思ったけれど、諸般の事情によりひとつずつ。

アニメタイトルにもなった一作目は自身の姿が周囲の人間にしだいに認識されなくなっていることに気づいたヒロイン、桜島麻衣が、誰か自分を見ることができる人物を探そうと目立つバニーガール衣装であちこち歩きまわっていたことに起因する物語。

それに唯一気づいた咲太の秘密の一端を知ることになる麻衣と、その現象の意味を知る咲太との逃避行を経ての過激にも思える解決に、青少年ならばワクワクするだろうし、もうすっかりそんな昔のことは忘れた年寄りには、あまりにもむずがゆい感覚とうらやましさとほほえましさを混ぜ合わせ得たような複雑な思いを残していく。そんな物語。

舞台も世界も基本は今この時代、世界。けれど描かれるのはいかにも不条理な不思議な世界。そんな不釣り合いな対比を不自然に感じさせない文章と展開がなかなかうまい。

キャラクターの設定や、入念に練られたより大きな大きなプロット。その大きな渦の中に小さな渦を落とし込みつつ、着実に全体を語り進める技術。SF というべきなのか、ファンタジーというべきなのか、なかなかに難しいけれど、一流の物語というのは間違いないのではないか。もちろん好みというのはある。

TV シリーズと劇場版を使ったアニメーション展開も見事だったが、それはまた。

 

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「魔法科高校の劣等生 3,4 九校戦編 上下」(原作小説)

サクサクっと「優等生」の範囲内である九校戦編までを読んでしまっていたのだが、記録忘れ。分冊されているのにそれぞれ 450 ページあまりはあったかと思う。入学編の倍近い。が、そんな分厚さも読みやすさは格別なのであっさありと読めてしまう。ライトノベルっていいですね。

アニメ「劣等生」で数か所細かなところでカットされたり、あるいは少し状況を替えて描かれた部分はあった。大会開始前の懇親会で、深雪やエリカと言葉を交わす場面で、小説のほうでは間に渡辺先輩が一瞬やってくるのだが、そこはカットされている。まあ、ここは無理になくても困らないという点ではアニメ化の良い判断なのでは。

また、渡辺先輩の事故のあと心配して出張から一時戻ってきた兄を見つけて反発するエリカとの件も少し変わってはいる。エリカたちのやりとりを見つけるくだりが少し違い、さらにその後達也たちと愚痴る場面も少し変えてある。とはいえ、起きた事実については変わっておらず、アニメ化にあたって少し状況を作りやすくしたというところかもしれない。違和感はない。

七草会長のクラウドボールにつきあうところでも少しカットがある。アニメではストレッチを少し手伝ってもらって終わりだったが、小説では少し長めの会話があったりする。まあ、ここもなくてはならないということではないので、時間の関係でアニメ化でカットされたからといって物語がおかしくなるようなことはない。

全体としてはほぼ忠実にアニメ化されているという印象で、見事な映像化というところなのでは。文中の気になるところは相変わらず多数あるのだが、だんだん疲れてしまったのでもはや記録することはやめてしまった。

「優等生」アニメとの関連では、まだはじまったところというのもあるが、「優等生」のほうは深雪たちに焦点をおいた独自の展開のため、オリジナルのキャラクターまで登場してしまい、そもそも劣等生のそれと事件そのものが異なってしまっているという状況は如何ともしがたい。最終的な結果だけは変えようがないというか、変えてしまっては意味がないのだが、おそらくアニメ「優等生」はそういうことを一切考慮する意思がないようなのでめちゃくちゃに変えてくる可能性もある。

さて、どうなりますやら。

魔法科高校の劣等生(3) 九校戦編〈上〉 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(4) 九校戦編<下> (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上下)」(原作小説)

「優等生」の原作漫画のほうも確認したいとは思うのだが、諸般の事情によってひとまずはおおもとの原作小説のほうを読むことに。さすがにライトノベルというだけあってあっという間に上下巻およそ 600 ページ弱の「入学編」をのべ二日で読み終えた。

確かに文章はこなれているので読みやすく書かれているというのはある。それなりに書きなれているのときちんと推敲もされているのだろうなという印象はもった。ただ、読み進めるにつれてもともとがウェブで公開されたということもあってか、少々小説としては疑問に思う書かれ方が多用されるのは気になった。

達也がエリカに真面目くさった、ではなく、真面目な声で問うと、エリカも動揺していたのが嘘のような、深刻ではないがふざけてもいない、落ち着いた口調で答えた。

 

振り返った視線の先には、ゴツゴツした、という表現が一番しっくり来る、上背はさほどでもないが肉付きのよい(もちろん贅肉ではなく筋肉だ)、ガッチリした体格の、司と同じ三年生が立っていた。

小説としてはこうした書き方はいささかよろしくないと感じてしまう。脚本でもなく戯曲でもなくエッセイでもないのだ、こうした書き方はやはり違うのではないか。

また、多人数での会話では、誰のものかわからないままに進む場合もあって、これもよくない。セリフ回しの違いが顕著であればわかる部分もあるにはあるが、そのあたりが判然としないところも少なくない。やたらと括弧書きがはいってしまうのも小説としては少し違うのでは。

まあ、そうしたところがライトノベル的であるといえばそうかもしれない。これは当初ウェブで公開していたものなので、その後は少し変化があるかもしれず、そのあたりはもう少し読み進めてみないと判断できないかもしれない。

内容としてはほぼ「劣等生」アニメで描かれたものが原作を踏襲しているという感じ。多少端折った部分もあるにはあるが、入学編に関してはほぼすべてを描いたといってもいいのではないかという印象。もちろん、多少削除したぶんもあるのだが、むしろリズムとしてはそれでよかったのではないか。

また、気になっていたブランシュ日本支部への殴り込み場面についても「劣等生」アニメは原作に準拠という感じだ。「優等生」でセリフの話者が入れ替わるようなことは原作者としても普通は認めないと思うのだが、こればかりは漫画を読んでみないことにはわからない。ということで最終的な確認はもう少し先に。

とはいえ、ライトノベルとして物語は十二分に面白いし、ここまで精緻で細かな設定をされて世界観を作られてはもうもろ手を挙げるしかない。そして、アニメでもそうだが、そうした世界観を「説明しよう」にまかせるようなことをせずに、不明なものは不明なままに次第にきちんとわかるように塩梅するそのうまさは確かに見事だというしかない。

ということで続々読む予定。

魔法科高校の劣等生(1) 入学編<上> (電撃文庫)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧