« 2022 冬アニメの記録 | トップページ | 「棒がいっぽん」 »

「絶対安全剃刀」 40 周年

発売当初から存在を知っていたし、目にしたこともあったのだけれど、当時はちょっと手が出なくてそのままになっていた一冊。

もう入手は難しいのかと思っていたらそんなことはまったくもってなく、40 周年の帯がついて販売されていた。ようやく入手。

40 年を経ても普通に買えてしまうということは、出版の業界を見ていると、ことに漫画とかの方面ならばことに偉業のようにすら思えてしまう。初版だけで消えていく本のなんと多いことかと。

ということで高野文子さんという名前、作品、という位置も大きいのだろうけれど、残してくれている白泉社にも感謝なのだろうな。

で、読んだ。

なんだかこんなシュールな内容だったのかというのが素直な感想。一読したところでは、正直ついていけない感が強い。これはむしろ当時読んでいたらそこで終わっていたかもしれない。

たなべのつるっておばあちゃんの話だったのか、とかいろいろ発見もあったり。

手ごわい。

ということで、引き続き高野文子さんを読むのであった。

 

絶対安全剃刀―高野文子作品集

 

|

« 2022 冬アニメの記録 | トップページ | 「棒がいっぽん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022 冬アニメの記録 | トップページ | 「棒がいっぽん」 »