« 「絶対安全剃刀」 40 周年 | トップページ | 「メイドさんは食べるだけ 4」 »

「棒がいっぽん」

手に入るうちに高野文子の二冊目、「棒がいっぽん」(マガジンハウス)。

といってもこちらはタイトルも知らなかった。とりあえず発行の古いほうから順に選んだだけなので。

で、開いてみて驚くのが表題作が目次にない。

で、読み終えると「ああ、なるほど」と一定の理解はするのだけれど、なぜ、そういうタイトルのつけかたになったのかとは思う。

年代的にもやや新しいので絵柄も少し洗練されてきていて、初期のころとの違いを感じる部分も多い。相変わらずのシュールさもさりながら、ときどきどきりとさせる内容も多くて、そこがまあ高野文子さんの尽きせぬ魅力なのだろうなと。

「東京コロボックル」「奥村さんのお茄子」、あたりが特にお気に入りだけれど、冒頭を飾る「美しき町」とか「バスで四時に」なども得も言われぬものが潜んでいて油断ならない。

こちらも毎年くらいのペースで重版されてはいるようだけれど、それもいつまで続くかはわからないので、やはり本はであいもの。あるときに買っておいたほうがいい。

さて、とりあえずもう一冊残っている。

 

棒がいっぽん

 

|

« 「絶対安全剃刀」 40 周年 | トップページ | 「メイドさんは食べるだけ 4」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「絶対安全剃刀」 40 周年 | トップページ | 「メイドさんは食べるだけ 4」 »