« 「完訳版 赤毛のアン」(松本侑子訳) | トップページ | 「魔法科高校の劣等生 3,4 九校戦編 上下」(原作小説) »

「魔法科高校の優等生」4 巻でブランシュ殴り込みを確認

パラレルワールドの優等生」で示した入学編におけるクライマックス、ブランシュ日本支部への殴り込みをかけ、リーダーの司一と対峙したときの会話を原作漫画のほうでも確認した。

基本的に達也のセリフとしては書かれており、アニメで深雪にしゃべらせてしまうのは、同じ時系列の世界なのに事象が異なるというパラドックスを生んでしまう。こういう改変はしてはいけない行為だとしっかり認識させるべきだったと思うのだが、そういう意識のスタッフはいなかったのだろうな。

04084

取り急ぎこの場面があるであろう入学編の最終巻である 4 巻だけしかみていないのだけれど、それでもセリフに違いがあるというのは確認できた。ただ、漫画の場合にはコマ割や吹き出しの問題もあるので文意は残したうえで多少の改変はあっても仕方ないとは思う。同じ内容を異なる人物が話してしまうというようなことはあってはならない。

また、討論会当時のほのか、雫の行動が原作漫画では部活中となっているが、アニメではただ外をほっつき歩いていたということになっていて、なぜそんなつまらないところで改変するのかは脚本家の意図がわからない。少なくともこの玉井豪という脚本家は、原作をできるだけ忠実にアニメ化しようという意図はまったくなく、さらには自らのエロ本能全開にすることにしか興味関心がないのではないかという感想すらもってしまうくらいだ。(きけば放送終了時の提供バックでも遊んでいるらしい)

まあ、何を言ってもはじまらないのだろうけれど。これを「魔法科」シリーズのひとつとするのだけは遠慮したい。

魔法科高校の優等生(4) (電撃コミックスNEXT)

 

|

« 「完訳版 赤毛のアン」(松本侑子訳) | トップページ | 「魔法科高校の劣等生 3,4 九校戦編 上下」(原作小説) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「完訳版 赤毛のアン」(松本侑子訳) | トップページ | 「魔法科高校の劣等生 3,4 九校戦編 上下」(原作小説) »