« 魔法科高校の優等生(アニメ版) | トップページ | 「南の風が吹いたのち、北の風が吹くでしょう」 »

「探偵はもう、死んでいる」(アニメ)

観測範囲ではあまりよい評判がなくて、もちろん一方ではよいよという話も見えてはいたのだけれど、さてどうしようかと思いつつ、初回くらいはと見始めたら妙に長い。今回どうも初回から二話分使うものが多いのかしらね。

で、ちょっと SF 的なものもありつつ、コメディ的でもあり、本格的(風)でもあり、なにより名探偵のシエスタさんがかわいいじゃない。と思っていたらタイトル通りでいきなりすでに死んでしまったという展開ではじまる。うーむ。

どう見ても主人公男子が中学生には見えないのに中学生でシエスタと出会うという展開には、不満があったのは事実なのだけれど。とはいえ、エンディングで「赤尾でこ」さんの名前を見て、どうりでこの初回が長さのわりにきちんとしていて面白くできているわけだと納得。これは、もう少し見てみるかという気持ちなのだが、シエスタが復活するような展開はないのだろうか。

「つまらない」という評もあるけれど、個人的には好き。とはいえシエスタ亡き後の次回以降の展開如何ともいえそうだけれど。さて。

探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

|

« 魔法科高校の優等生(アニメ版) | トップページ | 「南の風が吹いたのち、北の風が吹くでしょう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法科高校の優等生(アニメ版) | トップページ | 「南の風が吹いたのち、北の風が吹くでしょう」 »