« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

「大放浪」(田中光二)

パンデミック系の小説とかが流れてきて昨年から思い出していたのだけれど、文庫を発掘してきて再読。やや説明が長ったらしいところもあるので飛ばし読み気味ではあったけれど二日弱で読了。

しっかりと覚えていなかったのもあるけれど、こんな話だったかと。

世界中がおそらくはウィルスと思われる感染症でほぼ壊滅状態になったところで、とある実業家に選ばれていた者たちが巨大な飛行船に集結してまさにノアの箱舟となる物語。

感染症の詳細については最終的にはあかされるものの、あまり詳しくはでてこない。インフルエンザウィルスとボツリヌス菌とのハイブリッドという感じのウィルスによるものという設定。

飛行船で世界を回りつつ、選ばれし者たちを回収していくという展開なのだが、次第にそこに隠された謎があらわれてきて結末を迎えるということ。ありていにいえば、その実業家こそがウィルスを作成し、ばらまいた張本人で、選んだ優秀な者たちにあらかじめワクチンを飲ませておいた。それによって彼らは飛行船までたどりつくことができた。

けれども、その動きを察知したとあるグループによって破壊工作がなされる。最終的に飛行船に乗り込んでワクチンの情報を得ようと画策する。というような話。

小松左京の「復活の日」ほどの設定の深さというか、物語の深さというかはない。冒険物語だから。とはいえ、実はもう少しそういう話だったろうかという思いはあったのだが。

ま、絶版なのでネタバレでも。

| | コメント (0)

「里山奇談 2 めぐりゆく物語」

春ころに買ったものをようやく読む。このごろ三作目が文庫化されたばかりだったりするが、それを読むのはたぶん来年あたりかもしれない。まだ買ってないし。

現代の「遠野物語」とでもいうようなちいさなちょっと不思議な話が、たくさん詰まっている。いくらかは実体験であろうし、いくらかは誰かに聞いた話であろうし、いくらかは物語とするためのフィクションでもあろうし。

そうした田舎の不思議な体験、物語というのは、最近でこそ少し薄れてきているようにも思うものの、かつてならばより身近に存在した。そんななつかしさも覚える小品集。

かつて北海道の峠を自転車で越えていた自分としては、とうぜんひとりで峠を越えているさなかに思いをはせるといろいろ思うことがあったり、犬の話などは浜中ユースホステルにいたホステラーを展望台まで勝手に案内してくれる犬(大型犬)を思い出したり(当然案内してもらった)。

遺体に群がる蝶の話は「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のなかの蝶の話を思い出させたり。

真偽のほどは定かではないし、考え方はいろいろあるだろうけれど、自然への畏怖という日本的な考え方というのは、謙虚に生きるという上では大切なことではないかと思わないでもない。科学文化が発達してそうしたことへの意識・畏怖が次第に薄れてきている現代にあってこそ、思い起こさせるべきかもしれない。

そんな小品集を、心の休息のように、ときおり拾い読みするのもまた一興ではないかしら、と。

里山奇談 めぐりゆく物語 (角川文庫)

| | コメント (0)

2021 年春アニメ

「MARS RED」あとでまとめて見た。新しい吸血鬼ものとしてはおもしろい設定ではあったが、6 話あたりから展開が変わってしまって、そこからが少しぐちゃぐちゃしてきてしまったのが難。もともと朗読劇だったらしい。が、なんとなく「Fate」の中二病的な幼さを感じてしまう部分もあって、最後はやや微妙な感じが。

 

「 Vivy -Fluorite Eyeʼs Song-」100 年も書けて歴史改変しようというのがそもそも無理過ぎてだめだった。

 

「スーパーカブ」原作のダメさ加減と、制作会社のダメさ加減を強く認識するにいたった作品だった。スーパーカブ必要ないくらいに。

 

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」ゆるゆるコメディなので安心して見ていられる作品だったが、この手は一回限りなので二期は考えないほうがよい。

 

「さよなら私のクラマー」作画の悪さ、脚本の悪さ、などなどあらが目に付いてしまって。原作なのだろうけれど、ギャグをいれたいならあだち充とかをもっと勉強したほうがよい。劇場版のできも想像できてしまいそうでダメだった。

 

「憂国のモリアーティ」(2クール目) 1 クールでやめたほうがよかったという後半の悪さだった。切り裂きジャックはでてくるし、果てはジェームズボンドまで。

 

「焼くならマグカップも」前半アニメ、後半は出演声優による舞台探訪。途中でやめてしまった。

 

「東京リベンジャーズ」夏も引き続き 2 クール目をやっている。握手すると過去と行き来できて、好きだった女の子が現代で死なないように歴史改変をしつづける。ちんぴらの抗争という展開そのものはきっと評判がよいのだろうけれど、やはり歴史改変ものは矛盾が大きすぎてこの程度ではどうにもというところがある。

 

「86」秋から 2 クール目が放送になるという。設定の独特さは面白いのだが、社会や文化的なものとの整合性という点ではどうも腑に落ちない。とはいえ、設定てきには興味深く見た。

 

「ひげを剃る。そして、女子高生を拾う」犯罪アニメをつくってどういうつもりだ、とかいう輩が徘徊していたが、だったらミステリ系も人が殺される物語もつくれないではないかということはどう考えるのかしら。親との和解場面は少々無理があって、このあたりが原作の限界だったのだろうとは思うが、総じてきちんとつくられた作品だった。赤尾でこさんらしい。

 

「EDENS ZERO」少し遅れて見始めた。いかにも王道な SF 冒険ファンタジー。「ONE PIECE」の宇宙版という感じなのは、仕方ないのか。これも 2 クール目が続いている。

| | コメント (0)

「マヨラナ 消えた天才物理学者を追う」

 

 

松崎有理さんがつぶやいていたのを見て購入。バーゲンブックということで当初の半額で買えたのでそれもまたありがたい。

1900 年代はじめに天才的な発想を見せたものの、生来の発表嫌いということもあって、ほとんどその功績が表に残らないままに失踪という最後を迎えた物理学者、エットーレ・マヨラナの姿を資料やインタビューなどを通じてまとめたもの。著者自身も科学者であり、エットーレの名前を冠する研究センターに所属したことでその存在を知り、以来ひきつけられて調べをすすめたと。

エンリコ・フェルミをはじめとするイタリアの科学者たちを集めたパニスペルナ通りの研究所。のちに誘われてその一員となったエットーレは、本来ひとりで考えるほうが好きだったようで、所属はしてもやや異彩を放っていたらしい。そして、早くからニュートリノの存在を見つけてその特徴についてまで考えていたらしい。

しかし、フェルミはそれを否定していた。のちに(エットーレ失踪後)逆にニュートリノの第一人者的な存在になっていくらしいのだが、そうした紆余曲折についても著者の視点で描かれていて面白い。

すぐに発表していたらいくつもノーベル賞が与えられたのではないかというくらいのエットーレだが、大学での教職をえて赴任してほどなく失踪。やめますという手紙を出したかと思えば、やはりやめるのはやめますと送りなおしていたりするものの、結局行方はわからないまま。自殺したのか、事故なのか、はたまた海外のあちこちで目撃したという情報まででてくるにいたってなにやらスパイ小説のような面白さまでしてくる。

時、あたかも大戦争時代を迎えようともしていたころで、フェルミなどもノーベル賞授賞式参加を口実にイタリアを出国し、そのまま帰ることはなかったのだという。そうした時代背景に翻弄されていく物理学者たちの姿もまた興味深く読める。

ロシアのペレルマン博士。ポアンカレ予想を解決した彼は、あまりに数学や物理に没頭したがゆえか、精神に異常をきたしたらしく姿を消してしまったまま。ようやく所在をつかんで恩師がたずねてみても、もはや人には会いたくないということだった。

エットーレもまたそうなのかはわからないが、実に謎多く、さまざまな憶測がうずまいているらしい。著者としては、そこはわからないままにおさえてある。確かにそれが正しいのだろう。

ニュートリノにはエットーレの名前が残っているという。マヨラナニュートリノとディラックニュートリノ。正しいのはどちらのモデルなのか、いまだ判然とはしないらしい。ニュートリノの存在、その特質は、おそらくエットーレがいなければもっともっと発見までに時間がかかったのかもしれない。そのくらいに偉大な人物というのに、自分もふくめてその名前すら知らずにこれまでいた。いや、知ったところでどうということでもないのも事実ではあるが、そんな様々な物語がその裏にあったとはなあと、世界の不思議を思うくらいには強烈な物語だった。

唯一不満に思うのは、ジルダが持っていた箱の行方について明確にされないままであること。エットーレ失踪の前日、最後の彼にあったのが当時の生徒のひとりジルダだった。女性は苦手だったはずの彼が、なぜか講義が休みでもあるのに学校にジルダをたずね、手ずから箱を預けたという。中身についてはいっさいわからない。

後年、ジルダはその箱のことを夫に話すと、エットーレの所有物の保管者となっている当時ナポリ大学物理学研究所長だったカレッリに渡すという話をしたというあたりまで本書に書かれているのだが、どうなったのかが書かれていない。ジルダの手を離れたようには読めるのだが、誰の手に渡ったのかは不明なままだ。実際そのあたりはどうだったのか? ジルダ本人にインタビューはしているのでそのあたりわかっているのだろうとは思うのだが。その箱の中身がわかれば、きっと大きな発見になるのではなかろうか、とも思うが、どうやらもうそれも望めないらしい。

パニスペルナ通りの研究所を描いた映画があるらしいのだが、どうも日本ではまったく上映されたりした様子はないようだ。あくまでもフィクションではあるが、できれば見てみたいものだ。

エットーレ・マヨラナ。もしも、生きていたらどれほどの功績を残したのだろうな。

マヨラナ 消えた天才物理学者を追う

| | コメント (0)

「探偵はもう、死んでいる。」2話

いきなり名探偵のシエスタが死んでしまって、さてと思っていたらもう本当に生き返らないという設定だと見せつけられる第2話。

おおかたそんな展開になりそうだなと想像がついたものの、うーむ、これでは。

おそらくはこの先もシエスタの魂が赴くように彼女と彼を動かしていくという展開にはなるのだろうけれど、それは求めている物語とは違うものなのではあった。

シエスタが見たいのだ。

声優さんの出番ももうほぼ終わり。無念だ。ヒロインというのに。

しかし、主人公は、どう見ても 26 歳くらいでしかないな。中学生だったときと変わらずに。一方であらたなヒロインはちゃんと女子高生しているけれど。このあたりもいまひとつ推せないところかもしれない。

| | コメント (0)

いずれベルばらになるのでは、「かげきしょうじょ!!」

作品として安定しているし、実によくできていて 2021/7 月クールとしては出色の作品となるであろう「かげきしょうじょ!!」なのだけれど、どうもあまり人気がないみたいでもある。

宝塚を彷彿とさせる設定だけに毛嫌いする層が多いのかもしれないけれど、少女漫画としても王道だと思うし、実に心地よい青春ものとしても楽しい。キャラクターも生き生きしているし、作画だってとても丁寧だ。

オープニングからしてもうわくわく感満載。エンディングにいたっては、これはもう宝塚ではという音楽で、聞けば実際に宝塚で楽曲を作っていた方が作られているとか。どうりで本物。

いずれ宝塚でも演目にするのではないかという予感すら感じさせる。

むしろ、おそらくは連載中ということもあって物語の中途で終わらざるを得ないということで、たとえ 2 クールやったとしても、物足りなさを感じずに終えられるのかという不安が。

なにかと「フィクションなので」と逃げていた某作品には、こういうのをフィクションというのよと教えてあげたい。

| | コメント (0)

「どうしてものが見えるのか」(村上元彦著、岩波新書新赤版)

ところで、個人的なことだが私には色覚異常があり、子供のころはときとして劣等感に落ちこんだり、また当時の入学試験では差別されて、色覚検査表を暗記してすりぬけるなど、いろいろと苦労した。これが私が視覚や色覚の研究をこころざした動機でもある。色覚異常者にたいする無知と独断にもとづく差別は、人権意識が高まるとともに徐々に減ってきてはいるものの、社会の一部には依然として頑迷に残っている。そこで、本書の終わりの章で色覚異常に関する正しい知識を紹介し、早急に解決を要する社会問題などについて意見を述べておいた。色覚異常者とその家族の参考になればと念願している。また諸学校の教員(とくに養護教員)や入学試験の関係者、色覚を問題にしている免許の立法と行政、あるいは企業にたずさわる人びとが、色覚異常について科学的に正しく理解してくれて、基本的人権を侵害している不条理な色覚差別が早急に撤廃されることをねがっている。(まえがき、より)

1995 年に出版された本書も、残念ながら 2021 年現在においては絶版らしい。

ときおり色覚眼鏡といったものがすばらしいと賞賛するような言説がネットに散見されるが、どうもそういうのはおかしいと思うという話を見て、確かにそうであるなと。

その器具そのものには、それなりの意義や効果はあるだろうが、それは画期的なものなどではなく、ごく当然のことでしかないと。それもまた先にあげた「まえがき」にあるような間違った認識によって呼び起こされる似非感動にしかすぎないのではないかと。

本書では眼とはどういうものであるのかを科学的に、生物学的に解き明かし、物が見えるという仕組みについて詳説している。その最後に「まえがき」にもあったように色覚異常について一章を割いている。色弱とはどういうものなのか、その原理とこれまでの社会がおかしてきた罪と。

電子書籍すらなく絶版なのは、岩波書店として実に残念なことだ。

色覚異常をどうよぶか

私個人としては一気に「ドルトニズム」に変えてしまって、まちがった既成概念を払拭したい気がする。ドルトンは自分の色覚異常を詳細に報告したくらいだから、この命名を名誉にこそ思え、不愉快ではないだろうと推察するし、かつては「ドルトニズム」とよばれた歴史もあった。しかしこの用語は一般社会にはなじみがなく、普及させるのは時間がかかるかもしれない。日本眼科学会、その他色覚・色彩研究者の諸学会で議論していただければありがたい。

どうしてものが見えるのか (岩波新書)

| | コメント (0)

「ヴァニタスの手記」(アニメ)

赤尾でこさん+梶浦由記さん、ということでちょっと期待を持ちつつ見始めた。

簡潔に言うと、「夏目友人帳」+「BLOOD+」+「ダンタリアンの書架」で、キャラクターデザインは名探偵コナン。以上。

| | コメント (0)

「南の風が吹いたのち、北の風が吹くでしょう」

このところ地元局のアナウンサーさんが、気象情報でこんな風にいうようになっていた。みなではなくこの人だけで、決して間違っているということではないのだけれど、なんとなく耳障りが悪いなあと思ってしまう。

従来ならば「南の風、のち北の風(が吹くでしょう)」というのだが、なぜかそんなふうに言う。ディレクターがそれをよしとしているのだろうから特別変には思っていないのだろうとは思う。

実際、ちょっともぞもぞした感じを覚えるものの間違っているというつもりはない。ただ、やはりなんだかもぞもぞする。統一性という点でもちょっとあれかしらねえとも。

局アナウンサーで東京勤務、気象通報経験があると少し違うのかしらねえと思ったりはする。あれは大変だろうけれど(実際経験した方の弁では最初は特に大変だったと聞く)アナウンサーとしては非常に有益な経験になるのだろうなとは思うのだけれど。まあ、地方局の短期契約のアナウンサー(人によってはまるっきり初心者での採用)では、そういうことも無理な話。

さて、今後変化があるのか、はたまたあらたな発見はあるのか。楽しみにしつつ。

| | コメント (0)

「探偵はもう、死んでいる」(アニメ)

観測範囲ではあまりよい評判がなくて、もちろん一方ではよいよという話も見えてはいたのだけれど、さてどうしようかと思いつつ、初回くらいはと見始めたら妙に長い。今回どうも初回から二話分使うものが多いのかしらね。

で、ちょっと SF 的なものもありつつ、コメディ的でもあり、本格的(風)でもあり、なにより名探偵のシエスタさんがかわいいじゃない。と思っていたらタイトル通りでいきなりすでに死んでしまったという展開ではじまる。うーむ。

どう見ても主人公男子が中学生には見えないのに中学生でシエスタと出会うという展開には、不満があったのは事実なのだけれど。とはいえ、エンディングで「赤尾でこ」さんの名前を見て、どうりでこの初回が長さのわりにきちんとしていて面白くできているわけだと納得。これは、もう少し見てみるかという気持ちなのだが、シエスタが復活するような展開はないのだろうか。

「つまらない」という評もあるけれど、個人的には好き。とはいえシエスタ亡き後の次回以降の展開如何ともいえそうだけれど。さて。

探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

| | コメント (0)

魔法科高校の優等生(アニメ版)

昨年は「来訪者編」が 12 回で久々に作られて、今年は続きがまだくるのかと思ったら、優等生だった。スピンオフ漫画原作なので、絵柄もどちらかというと漫画よりに設定されているのか、これまでの劣等生アニメで見慣れているものとのギャップはしかたないと思いつつも、やはり少し違和感があったりはする。

それでも声優さんが同じなのは幸いで、これまで違っていたらそれはそれでがっかりというしかないのだろう。

ただ、2話になっていよいよ違いを見せつけられて、さてという感じも。

食堂で、森崎たちに席を開けろと言いがかりをつけられるシーン。劣等生では、少し状況が違ったようにも思うのだが、このあといきなり下校時の騒ぎになる。

劣等生のときにはもう少し兄妹の状況に触れられていたので、いいがかりにたいして深月たちが間にはいるというのも自然な流れなのだが、そういうのがないままいきなりすでに見知った仲になっていて、優等生から見た人には話が見えないのではないかと。

騒動の展開もほのかの心の声とかが強調されるあまり間がありすぎて、それでいてどうもレイアウト的にもその立ち位置は先のカットと合わないといったものもあったりで、どうも整合性と緊張感にかけてしまう。劣等生のときの洗練されたシナリオから比べて正直あまりにも見劣りする。

もちろん、原作漫画でどのように描かれているのかわからないので、あるいはそれに沿っているのかもしれないけれど、アニメ化にあたって少しそのあたりを調整するということは必要なことではないかしらとは。

制作会社も異なるし、話の筋としては同じとはいえ原作が異なるものであるし、深雪やその友達、女の子を主軸においた物語展開のようなので、雰囲気にあったオープニングとかは実によいと思うのだけれど。本編のシナリオはもう少しなんとかならないものかとは。

魔法科高校の優等生 (1) (電撃コミックスNEXT)

| | コメント (0)

「バケモノの子」

テレビ放送の録画でようやく見た。何度か放送されていたと思うのだけれど、なんとなく見ないままになっていた。

ところが、見てみたら予想とも想像とも、そしてどこかで聞きかじったかと思うような内容はいっさい無関係にいい話だとわかった。

ぶっとんだ設定と展開からも、しっかりと収まるべきへ収めるその手法は、もう見事というしかない。

楓さんの出現も実によくて、存在もよくて、ちゃんと青春までしていて。

結末に悲しさもあるものの、いかにもらしい決着のつけかたは文句をつけるようなものではない。

風連という感じの楓と蓮という名前にもなんともいえない親しみを感じてしまうし。

ああ、もっと早く見てもよかったのだなあと。

人生の残り時間も少ないのだし。

| | コメント (0)

さよなら Twitter

2021/7/10 06:00(JST) からと思われる変更で、携帯電話番号を登録しないと使わせないということのようなので、使用を終了しました。

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »