« 「これからのヴァギナの話をしよう」 | トップページ | 語りすぎないことの妙 「色づく世界の明日から」 »

電気ポットのパッキンを交換

湯沸かしポットの保温状態がいまひとつな感じになってきたのでメーカーの交換パーツを調べたらまだ入手可能だったので購入して交換。2013 年製なのでポット自体ももうそろそろ交換の時期かとは思うのだけれど、とりあえず問題はないのでまずは消耗品の交換から。

実際水を追加しようとふたを開けると盛大に結露しているのでパッキンが効かなくなってきているのだろうなとは思った。届いて早速に交換してみると経年劣化でだいぶ縮んでいる感じだった。ふたを閉めるときに少し抵抗感があるくらいになって、気温の状況にもよるもののいくらか冷め方が違うようだ。(というのも保温にはせずに魔法瓶モードでいつも使っているため)

特に調べなかったのであるいは互換品のようなものがあるのかもしれないが、さすがにこの手のものはないかもしれないしいわゆる消耗品商法の製品とは違ってそこまで高くはないのでメーカーで買うほうが安心。

今回は象印パーツダイレクトで注文。送料は一律 300 円というのでパッキンくらいだと高上りな感じがするかもしれない。ものによってはヨドバシでも取り寄せでの対応はしてくれるようなのだが、少し古いと扱いがないので直接しかない。

とはいえ、これでもう数年くらいはいけるだろうか。そのころにはさすがに本体の買い替えかなと思うので。

|

« 「これからのヴァギナの話をしよう」 | トップページ | 語りすぎないことの妙 「色づく世界の明日から」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「これからのヴァギナの話をしよう」 | トップページ | 語りすぎないことの妙 「色づく世界の明日から」 »