« ようやく手回し充電式ラジオを用意した | トップページ

炊飯器を新しくする

 実はまだ壊れたわけではなく、使える状態ではあるのだけれど、毎日使っていて使えないと困る状況になるのでそろそろということで買い替えることにした。

 

 実のところ購入から 10 年あまりにはなっており、内釜の塗装もかなりはげてきている。内蔵の電池はとうに切れていて、毎度時計合わせをしてタイマー予約していた。

 

 仮に壊れても一日くらいなら鍋で炊くとか、パンやその他で済ますということも可能であるものの、次第に最寄りの家電店とかも不便になるこのごろ、買い替えるといってもすぐ間に合うかどうかも微妙。まして、三合用などというのは通年ではあまり置かれなかったり種類も少なかったり(なかったり)。

 

 ということで、まだ使えるうちにこのあたりで新調。これまでは安いマイコン式だったのだけれど、たまにはとちょっと奮発して圧力 IH にしてみる。使用感としては特においしくなったという風ではない。圧力鍋式なので炊飯の佳境にはいると「ゴボゴボ」と音がするので、使用状況や人によってはうるさく感じるらしい。

 

 炊飯時間はやや長めかもしれない。また、圧力がかかるのでうち蓋の構造が丈夫になっていてやや重い。ということで、次回は圧力鍋でなくてもよいかなとも。

 

 古い炊飯器は念のために予備として残してある。運よく長持ちすれば次の 10 年後の買い替えでめでたくお役御免ということにしようかなと。

 

 タイマー予約が楽になったのは実にありがたい。

 

 昨今の家電はおおむね 10 年くらいが買い替え時という印象であるし、日進月歩が激しいので省エネだとかいろんな技術的なメリットとしてもそのくらいで買い替えるというのが、おそらく正しい方向なのだろうなと。もちろん、懐具合との相談ではあるのだけれど。

 

象印 圧力IH炊飯ジャー(3合炊き) ブラウンZOJIRUSHI 極め炊き NP-RL05-TA

|

« ようやく手回し充電式ラジオを用意した | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく手回し充電式ラジオを用意した | トップページ