« 咲いた、咲いた、梅が咲いた | トップページ | 「イシャーの武器店」 »

「ホワイトハウスの陰謀」

 見ているうちに、そういえば昔見たことがあるなと思い出した。そうそうとどんどん思い出していく。実際 1997 年の作品らしいし、とはいえおそらくテレビで見たのだろう。

 ホワイトハウスで殺人が起きて市警刑事が呼ばれてくるのだが、ホワイトハウスの警備を担当するシークレットサービスがいい顔をしない。捜査に協力的でないし、証拠品もごっそりと持ち去ってしまった後。しかも、事件発生からほんの 15 分ほどでという。

 結局示された証拠(実際はねつ造だが)で職員が犯人にしたてられるが、無実の人間を死刑にさせるのは我慢ならないと捜査を続ける刑事に、次第に女性シークレットサービスもほだされていくというか。で、みずから終われる立場になってしまう。

 大統領の息子が現場にいて殺害された女性と関係を持っていたことがわかってくると、容疑者となるがあっさり否定される。さらには大統領自身であったりいろいろあやしい人物が浮かんでくるが、なにしろ確実な情報があまりない上に、捜査を邪魔する動きが命まで狙ってくる。

 二転三転してどこへ転がるのかと思わせつつ、着実に真相に収束させていくシナリオがうまい。最後まで楽しませてくれて息をもつかせぬという感じの展開で、エンターテインメントかくありきという一作ではないかなと。役者もいい仕事しているし。安心して見られる娯楽作品として見飽きないかも。

 原題は「MURDER AT 1600」で 1600 はホワイトハウスの番地らしい。邦題も直接的すぎてネタバレしそうではあるけれど、悪くないかなとは。

B00005FPMFホワイトハウスの陰謀 [DVD]
日本ヘラルド映画(PCH) 1999-02-17

by G-Tools

|
|

« 咲いた、咲いた、梅が咲いた | トップページ | 「イシャーの武器店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/64746928

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホワイトハウスの陰謀」:

« 咲いた、咲いた、梅が咲いた | トップページ | 「イシャーの武器店」 »