« 朝顔観察記録 その 14(最終) | トップページ | 布団襟カバーを安全ピンでとめる »

「焼きたて!!ジャぱん」

 4:3 の画像というだけでもいささか古い作品というのはよくわかる。見たことも聞いたことも実のところなかったけれど、ひとまず見始めてみた。少々演出がくどいかなと思いつつも、パンつくりを極めていくあたりはそれなりに面白いなと見続けた。

 新潟の田舎で自己流のパン作りを極めつつあった少年が、都会の有名パン店に入社すべく試験を受けるというあたりからだったか。少々型破りながら、型破りであるがゆえに既存の感覚にとらわれずにパン作りを極めようという姿勢が気に入られたのか、どうにか合格。とはいえ、前途多難という展開。

 グループの後継を担うのは三人の孫娘たちと目されているものの、彼女らの間にもいろいろ確執があったりでそれが物語の展開のキーとなっているわけではある。

 はじめこそそのあたりの店同士のいざこざをパンで解決みたいな展開なのだが、そのうちに新人社員によるパンのコンテストになり、それがいつしか世界選手権になり、最後はなぜかテレビの対決番組になって終わる。

 最後のほうになるにつれてだんだん気持ちがなえてくるので、せいぜいがところ世界選手権で終わりであったらまだしもという感じはあった。そもそも 69 話というのは長い。その割になにか決定的に話が進展したというほどでもない。

 たしかに最終的にかなり主人公は成長して、目指すジャぱんに近いであろうパンを作るまでにはいたるようなので、それは確かに物語の終わりへとつながるのだろうが、同じような展開が延々続く、つまりドラゴンボールが延々とさらに強力な相手を登場させては物語を繰り返していった結果面白味を失ったのとも似ているというか。

 ことに最後のほうでは放送時間そのものも足りなくなってだいぶ端折ってしまうことも多くなり、これはもう人気もあったので続いたが最後は飽きられて打ち切りみたいな状況だったのではなかろうかと思ってしまうくらいなのだった。

 やはり、もう少し早めに終えたほうがよかったろうな。原作がどうであったかは知らないのだが。

B0007KT1FS焼きたて !! ジャぱん 1 [DVD]
橋口たかし
アニプレックス 2005-03-25

by G-Tools

|
|

« 朝顔観察記録 その 14(最終) | トップページ | 布団襟カバーを安全ピンでとめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/64505639

この記事へのトラックバック一覧です: 「焼きたて!!ジャぱん」:

« 朝顔観察記録 その 14(最終) | トップページ | 布団襟カバーを安全ピンでとめる »