« 立冬 | トップページ | 朝顔観察記録 その 14(最終) »

「ネイビーシールズ」

 とらえられた女性 CIA エージェントの救出に向かい、ひとりの負傷はあったものの任務を遂行。が、なぜかそのまま次の任務がというのだが、そのあたりがよくわからない。しかもチームが分かれるようなことをいっているし、さらにはアフリカとほかと別れるようなことを。

 結局冒頭の救出作戦が終わってからの 1 時間以上はなにが進行しているのかよくわからない部分が多くて、さながらナレーションなどのいっさいないドキュメンタリーフィルムを見ているかのよう。映画なのだし、もう少しなにが起きているのか、どう行動しようとしているのかといったあたりは観客に明確に理解してもらえるような描き方は必要だったのではないかとは。

 いっそ割り切って、よくあるアクション映画であれば、そのあたりの細かいところはよいかと思えるのだけれど、そういうわけでもないのでもやもやばかりが残ってしまうという弊害。脚本がよくないのか、演出がよくないのか。

 そんなこんなでいまひとつ面白味にかけた作品だった。

B01H3E9EACネイビーシールズ [DVD]
ポニーキャニオン 2016-08-17

by G-Tools

|
|

« 立冬 | トップページ | 朝顔観察記録 その 14(最終) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/64460754

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネイビーシールズ」:

« 立冬 | トップページ | 朝顔観察記録 その 14(最終) »