« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

「イルマーレ」

 湖の上にたつガラス張りの不思議な家。都会の病院勤務となるためにそこを引き払うことになったケイトが次の住人あてに手紙を残す。郵便の転送手続きはすませてあるけれど、もしも届くことがあったら次の住所へ届けて欲しいなどと書いて。

 ところがその手紙がなぜか 2 年前に届き、つまり彼女の前にそこに住んでいたアレックスがその手紙を見ることに。書かれている内容に小さな齟齬がみつかり、そんなこんなでいつしか文通のはじまるふたり。しかし、なぜその家にあるポストへの投函でやりとりが? と思うのは日本的な印象なのか。

 そうこうするうちに次第にお互いにひかれあっていくものの、どうやらお互いの間には 2 年という時間の違いがあるということに気づくと。それでもなんとか出会うことはできないかと思ったり、偶然(というか媒介している犬のおかげか)ですこしずつ接触がはじまったり。

 いよいよレストランで会おうということになるのだが、ケイトにとっては明日だが、アレックスにとっては二年後のこと。それでも待つ。店に二年先の予約をいれて。ところがアレックスはこない。いや、こないだろうと見ているもののあるものは思う。冒頭で交通事故に遭遇して倒れた男性に救命措置をするケイトなのだが、それはどうみてもアレックスだろうという展開だった。そのことにはその時点まで触れられないわけだが、そこでようやくつながってくる。となれば、その事故は防がなくてはということで過去のアレックスに手紙を届ける。しかし、もう二年がたっていて、アレックス時間ではまさに今日であろうと。

 はたしてこのまま出会えないままなのかというすれ違いぐあいがきっと人気の秘密ではあるのだろうなと。

 SF というわけではないのでタイムパラドックスとかは考えてはいけないし、なぜという不合理はそういうものとして楽しむのがよい。見ていて思ったのはフィニイの「愛の手紙」のようであるなと。フィニイのそれは古い家の机の引き出しにあった便箋だかに手紙を書いていれたら過去に届いた。そして便箋のある限り文通を、というような話だったかと。その回数が決まっているというあたりも切なさにつながったわけだけれど、実にフィニイらしい作品で好きな作品ではある。

 シチュエーションは異なるけれどなんとなくそれをイメージしたのだった。なにやら元の映画が別にあるとかいう話も見聞きはしたが調べてはいないのでわからない。それでもいい感じにまとまった映画ではないかな。浪漫にあこがれる世代・時期・気分にはよいのではないか。

 タイトルについてはやや微妙なところがあって、原題は「The Lake House」。では、イルマーレとはなにかと思ったが、つまりふたりが約束していて会えなかったレストランの名前ということらしい。うーむ、ちょっと微妙。とはいえ、恋する乙女にはキュンキュンきそうな作品であることは間違いないかな。


B003EVW5UAイルマーレ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋分の日

 秋分の日。なれど、雨。

 今年の梅雨は比較的雨が少なく、かといってずっと暑かったのかというとそうではなくて寒暖の差が非常に激しいという感じの暑さだった。お盆を過ぎて台風があとからあとからわいてきて、次から次へとやってくる。

 そこへ前線も加わるものだからあちこちで大雨になったり、強風が吹いたり。むしろこの秋になって大雨傾向になってきている。一時は夏の渇水が心配された地域もあったくらいの割には、特に問題にされることもなかったのは、お盆くらいからの雨のせいなのか。

 ここ数日も雨勝ちで、たまに休む日があるものの、どうもいつも降っているというような驟雨という季節感。秋霖であるなと。

 本来ならば秋晴れを期待して、稲田では稲刈りなどがされたりもして、はぜかけされる景色も見えたりして、暑いでもなく寒いでもなく、過ごしやすい気候のもとでおはぎなど食べたりという季節のはずなのだけれど、どうにもじめじめした様相のこのごろ。

 秋晴れを迎えられるのはもう少し先、来月 10 月くらいになってしまうのだろうか。紅葉はどうなるのだろうとやや悩ましい今年の秋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

数独解法に斜め対応させてみた(コードなし)

 ローカルなポイントカードにブルーカードというのがあって、当初は長野県内だけだったのが、その仕組みを他県にもというのがあったようで、いくつかのところでサービスがあるらしい。

 年に二回案内などが届くのだけれど、今回数独のクイズが載っていた。人力で解いてもよいのだけれど、どうせならということで Ruby に解いてもらうことに。

 とはいえいちからコードを書くのはちょっとなので検索すると案外たくさんでてくる。遠藤さんの書かれたものも見つかった。 そのなかのひとつを参考にしてみたのだが、残念ながらこのままでは今回の問題に完全に適合できない。縦、横、ブロックに加えて斜め 2 列もあるのだった。

 手始めに斜めがないままに実行してみるときちんと結果はでるものの、斜め列を見ると同じ数字が出現してしまうことを避けることができない。ほかの縦、横、ブロックは合っている。

 ということでよくわからないままにコードを読んでいっておよその動きを把握したところで斜めの計算も追加してみる。はじめはうまくいかなかったのだが、なんとか動作するようになった。結果を確認してみても問題ないようだ。

 ただ、ここでもう一段考えるべきかというのが、はたして解はこれだけで本当によいのかどうか。あるいは、別解が存在するかもしれないというのをすべて検証するにはもう少し修正しないといけないのだろうなと。さて、どうするか。

 たまの素材なのだから考えてみるべきという感じではあるのだけれど。

 参考にさせてもらったのは、次のページのもの。

[ 【Ruby】【アルゴリズム】数独を解く。プログラミング言語Ruby 学習感想文 ~1章 - せかいや ]


# コードの差分だけでも gist にあげるべきか否か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の気配

栗のいが


 秋深まる。

 まだ、多くのいがは青々しているけれど。

 しかし、この時期に花をつけるものだったろうか? 今月にはいってずいぶんと花が咲いているのを見たのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケルベロスの罠にはまる

 噂の 9 月の Windows Update でのトラブルに案の定遭遇。Windows 10 の累積的更新プログラム KB3189866 のダウンロードにはいったところで止まったまま。その他いくつかの更新はすでに落としたらしく進捗としては 50% まできていてそのまま進まない。

 ということで直接ダウンロードと思ったが Firefox で見て行ったところ、Internet Explore でしか使えないという Microsoft Update Catalog とかいう。その他のブラウザではダウンロードセンターへというのでリンクをたどると、ダウンロードセンターのトップページにいってしまい、また探し始めなくてはならない。どうしてそんな仕様。

 ということで IE 11 でアクセス。なんのために Edge をメインにすえたのだろう。いや、そういうことがあるからあくまでも残しているということかとも。

 が、これがちょっと直感ではわかりにくいような UI で、なにをどうすればよいのかよくわからない。こんな感じかとやっていったらなんとかできた。いや、できたのならわかるのだろうと言われるかもしれないか。しかし、使いやすいものでは決してなかった。とはいえ、こうしてアクセスしてダウンロードするのは一般ユーザーというわけではなくて、ある程度わかるユーザーに限られるのかというところではあるのか。

 はたしてダウンロードしたのはスタンドアローンインストーラで、それを実行すると、つまり Windows Update のキャッシュに追加されて単独でアップデートされたのだった。その後、ほどなく残されていたほかの更新もあらためてダウンロードされてインストールされたようだった。

 Windows 10 になってファイルのサイズがわからなくなっているのもうれしくない。どのくらいの時間がかかるのかを見通すこともできない。また、以前ならば更新をキャンセルできたり、ファイルを選択することもできたが、今はそれができない。

 勝手に操作されないためと思えばわからないではないのだけれど、もう少し不足の事態への対処方法があってくれたらという思いも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お月見

十五夜


 夕方にあわててオートのまま撮影したのでとんでいる。

 お団子もお供えしないけれど、つかの間のお月見。

 なにかよいことありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちゅーりっぷ

サボテンの花


 たった一日だけ咲いてしぼんでいく。

 どどーんと伸びて、開いて、しぼんでいく。

 朝顔のそれにも似て、たくましく。

 白いその姿は、あやしくも美しく。

 そんな、サボテンの花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ブーリン家の姉妹」

 16 世紀。世継ぎとなる男子が生まれないヘンリー王子。愛人を置くのではという情報をえて娘を玉の輿にと画策するブーリン家の父親たち。アンとメアリーのうちアンをかつぎだすものの王が見初めたのはメアリー。ところがメアリーは先ごろ結婚しつましくも幸せな暮らしをはじめたところ。結局一家そろって王宮で暮らすこととなり、メアリーは王の子を身ごもる。はたして生まれたのは男子ではあったが、妊娠中の体調が思わしくなく隔離されるようになると王の心は離れてしまう。

 そこで、いったんはフランスへと追いやっていた姉アンを呼び戻し、王の気持ちをメアリーにとどめるようにと画策するが、メアリーではなく処世術を身につけたアンへの思いをつのらせることとなる。やがて、アンは王妃をも王宮から追い出しみずから王妃となることを目論む。メアリーはうまれた男子とともに王宮をさり、あらたな暮らしをはじめる。

 アンは王妃となるも、周りからは魔女とののしられ、生まれた子も女の子。なんとしても男子をと妊娠をはたしたものの流産。なんとかしなくてはと弟と関係をもとうとしたのを目撃され王に密告されてしまう。実際は弟とことを果たすまでにはいたらなかったものの、王の逆鱗にふれ、結局弟とともに処刑されることになってしまう。メアリーは王に直訴し、命だけは助けるといわれるも、それは言葉だけ。メアリーを見逃すがアンは処刑されてしまう。

 科学がまだ未発達の時代。宗教だけが規範であり法である。今よりも野蛮なのか、今とて野蛮なのか。その後、エリザベスが長きにわたって国を治めたというので、結局王の血を引く子供がきちんと国を治めていたということらしい。男親たちの権力や地位への欲望に利用されるだけの娘たち。使えないとなれば切捨てられ、利用できるとなれば何度でも思いのままに利用される。娘はただの道具だった時代。とはいえ、今はそうではないのかといえば。

 なんとも悲運でおぞましい姉妹を、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンがいい感じに演じているのだった。

B019GQN4K6ブーリン家の姉妹 Blu-ray
ポニーキャニオン 2016-02-17

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あさまだき

波打つような朝焼けの雲


 「竜の巣だ!」とでも言いたくなるような朝焼けの雲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうは、白露

 秋が深まって白く露がという季節らしい。台風が立て続けに襲来していたりと、にわかに秋の長雨のような様相をていしているこのごろ。とはいえ、地域によってはやはり夏以来雨が少なめで(いや、梅雨時以来というべきか)雨が欲しいというところもあるやに。

 このあたりもやや少なめかとは思うものの、そこそこは降ったのか。いや、もう少しというところでちょっと足踏み。朝晩の涼しさは秋を実感させるのに十分ではあるものの、日中は 30 度を超える日々が続いていてまだまだ実質的な秋を感じるには遠い感じ。

 そろそろ暑さも落ち着くらしいとの予報ではあるので、ようやく秋らしくなるのかと期待もするのだけれど、日々短くなっていく日の長さを思うと、少し寂しさも覚えたりはする。ゆく夏を惜しむというわけでもなく、そもそもすでに夏というにはやはり季節は進み過ぎてしまい、さりとて秋というには。

 近年、素直に季節を感じることがなかなか難しくなってきた。だからこそ、なにかイベントで季節を感じようという動きが強いのかもしれないか。

 気が付けば、あと二週間もすれば秋分だったりするわけだ。秋は駆け足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝顔観察記録 その 11 さらなる記録更新

 記録はつねに破られる。

 とうとう 34 輪を記録。

 あまりの数に何度も数えなおすが、間違いなし。

 ちょっと多すぎる。

 いったい、いつまで咲くのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝顔観察記録 その 10 記録更新

朝顔 22 輪


 朝顔がついに 22 輪という記録をだした。写真ではとてもすべてをきちんととらえきれない。

 累計で 200 あまりの花をつけたことになるので、それがすべて種をつけられてはたまらないということで、花が終わるとつみとっている。そのため、種に回す栄養を花に回しているがゆえに数が多いままという見方もできそうか。

 さて、いつまで、どのくらい咲くのか。

 ちなみに、もう終わりかと思っていたきゅうりだが、ふと見たら大きなものが 1 本あってさっそく収穫。さらには成長してきて 2 本がまだあるので、もう少しいけるのかというところ。

 北海道・東北の大雨被害によって野菜の流通に影響がでているので、いくらかでもそれを補える野菜はありがたいわけだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

前夜

2016/8/29 の夕空


 台風 10 号前夜の夕焼け空。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザップニュース集計(2013/7 - 2016/8)

ザップニュースグラフ 2013 年 7 月から 2016 年 8 月まで


 ザップニュース集計 2016 年 8 月まで。アメリカはますます勢いを増す。フランスはやや勢いに陰り。イギリスがやや勢いを盛り返したかに見える。そのほかはやや停滞気味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »