« 「さよならドビュッシー」 | トップページ | 仮想 XP での MSXPLAYer メモの 2 »

仮想 XP での MSXPLAYer メモ

 あらためて MSXPLAYer (二代目)の運用メモを。

 「MSX MAGAZINE 永久保存版 2 」付属の MSXPLAYer(便宜上二代目と呼ぶ)は、Windows XP までの動作しか保証されていない。実際 Windows 7 ではインストールはできるが正しく動作しない。

 Windows 7 以降でも動作するという話の三代目(永久保存版 3 付属)はすでに入手不可。

 仮想環境に用意した Windows XP で運用するのが簡単。

 Windows 8.1 以降であれば Hyper-V という標準の仮想環境が使えるが、Home エディションでは使えない。ということで Virtual Box などの仮想化ツールを使う。

 Windows XP はすでにサポートが完全に切れているので基本ネットワーク接続しない設定で。Windows Update もすでにまったく機能しない。

 MSXPLAYer の仮想フロッピーディスクを自由に入れ替えるツールがあるが、うまく使えなくなってしまった。が、そもそも仮想マシンで実行しているのだから実 FDD ですら仮想 FDD であるというのが実態。

 よって、仮想フロッピーディスクマネージャなど使わなくても、フロッピーディスクイメージさえ用意すればいくらでも自由に交換ができる。なお、2DD フォーマットになるのでフォーマットプログラムだけは仮想フロッピーディスクマネージャの人が作成したフォーマッタが有効。

 手持ちの古いソフトなどをイメージファイルにしているのであれば、ImDisk などが便利。インストールするとコントロールパネルに専用のアプレット? が登録されるのでそこから使用したいディスクイメージを開くとドライブとしてエクスプローラで開いてくれる。

 [ MSX & MSXエミュレータ関連ソフトウェア -Tatsu ミュージアム ]


# Hi-TECH C の準備手順についてはあらためて。

|
|

« 「さよならドビュッシー」 | トップページ | 仮想 XP での MSXPLAYer メモの 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/63820177

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想 XP での MSXPLAYer メモ:

» 仮想 XP での MSXPLAYer メモの 2 [つらつらぐさ]
 MSXPLAYer(二代目)メモつづき。  [ Tatsu's MSX情報局 -始めよう! HI-TECH C- ]  MSX-C がある [続きを読む]

受信: 2016.06.24 14:50

« 「さよならドビュッシー」 | トップページ | 仮想 XP での MSXPLAYer メモの 2 »