« Java の自動更新にたびたび失敗する | トップページ | テレビ東京の例のバス旅で偕楽園から善光寺 »

「AKIRA」

 あまりに話題になりすぎて、つまりだから当時は見ていないアニメのひとつ。とはいえ大判コミックは持っていてそれは読んでいるはずなのだけれど、インパクトの強さばかり記憶にあって話の内容をほとんど覚えていない。まあ、それはこれに限った話ではないのではある。

 その描き方とかが当時はとてもかっこよくてちょっとそれまでになかったものを感じたのでちょっともてはやされすぎたようにも思ったりもする。とはいえ、その後のこの手の作品に大きな大きな影響を与えたであろうことは想像にかたくない。そうした意味でも非常に記念碑的な作品ではあるのだろうな。

 ただ、それがこのアニメ作品であったのか、はたまた原作漫画のほうであったのかはなんともいえないかもしれない。

 結局超能力を秘めた子供を開発する研究をしていたところでのある種暴走が生んだ鉄男をめぐる物語なのだけれど、やはりそもそもが長大な物語だったので 2 時間あまりのアニメに収めるにはやや足りなかったのかというところも。

 物語としては分かりやすくまとめているのでよいのだけれど、それだけにちょっと薄い感じはしてしまって物足りない感じがないではない。OVA として少しじっくりとまとめていたらもっとよい作品として残ったのかもしれないかなとは。

 とはいえ歴史的な作品としてみておいて損はないかなとも。

B004UID0NWAKIRA 〈Blu-ray〉
大友克洋
ジェネオン・ユニバーサル 2011-06-22

by G-Tools

|
|

« Java の自動更新にたびたび失敗する | トップページ | テレビ東京の例のバス旅で偕楽園から善光寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/63182507

この記事へのトラックバック一覧です: 「AKIRA」:

« Java の自動更新にたびたび失敗する | トップページ | テレビ東京の例のバス旅で偕楽園から善光寺 »