« マーヴィン・ミンスキーが亡くなった | トップページ | 「頭を垂れる」 »

布団襟カバーが破れたのでタオルを縫い付けてみる

B007HU95TSメリーナイト 衿カバー シングルサイズ 150×50cm ホワイト EK1500-06
メリーナイト (Merry Night)

by G-Tools

 写真で見るだけなのでおそらく類似のものかと思うのだけれど、上のような掛け布団の襟部分にかけるカバーを長年使っている。基本としては布団あるいは布団カバーの汚れを防ぐ(襟カバーだけ洗ったり、交換することで布団や布団カバーの汚れや傷みを軽減できると)という目的なのだろうと思う。

 が、もうひとつのありがたいところは冬場にあって、毛布も一緒にここにおさめてしまうと一体化してくれて扱いが楽になるのだった。ただ、さすがに長年(多分 30 年くらい)使っていて傷みがでてきていて、先日ついに破れてしまった。

 さて、どうしようかと。1000 円くらいなのだから買い換えるというのもあるけれど、弱くなってしまって破れやすいのは本当に顔というかあごというかがあたる付近だけなので、なんだかちょっともったいない感じがしてしまう。

 さらには、実は綿素材の薄いもの(シーツと同じか)なので夏はともかく冬はちょっと冷たい感触がうれしくないというのもあった。いや、夏はそもそも毛布だったりタオルケットだったりで使わなかったりするのだ。多くは布団を使い始める夏以外というところ。

 見ればボア系の暖かいタイプもあるようだが、さすがにその手は高いし、春・秋にそれはちょっとうっとうしい感じでもある。

B00N8GHMYAとろけ~る毛布のような布団衿カバー キャメル
松栄

by G-Tools


 ということで、タオルを縫い付けることにした。まあ、見た目はいろいろだろうが外に着ていくような服ということではないのでよしとしようと。寝るときだけのことだ。洗濯して外に干すといってもさほど気にすることもなかろうと。

 ということで引越しの挨拶とかでいろいろいただいたお安いタオルがあるのでみつくろって縫い付けてみた。多少曲がってしまったところはあるがほぼ問題ない程度にはできたのでこれでいくとしようかと。これで少し肌触りも柔らかくなる。交換用のもうひとつも同様に弱くなっていてそろそろ破れてしまいそうではあるので、こちらもいずれタオルを縫い付けてみようかと。

 それでも駄目だったらそのときは買いなおすということかなと。そんな生活。

|
|

« マーヴィン・ミンスキーが亡くなった | トップページ | 「頭を垂れる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/63128954

この記事へのトラックバック一覧です: 布団襟カバーが破れたのでタオルを縫い付けてみる:

« マーヴィン・ミンスキーが亡くなった | トップページ | 「頭を垂れる」 »