« 「デッドサイレンス」 | トップページ | BBC製作の「ワイルドジャパン」という番組を見た »

本日冬至

 あたたかな冬至。数日おきにやってくる寒気によって寒さと暖かさとのせめぎあいをするかのようなこのごろ。それでも冬至は冬至。冬至というとゆず湯だったりかぼちゃを食べたりだったり。ただ、思うにゆず湯というのははいったことがない。しょうぶ湯とか家庭でということではないけれどりんご湯みたいなものもまず記憶がない。我が家は案外普通にお風呂でしかなかったような気がする。

 まあ、わざわざゆずを買ってきてということが面倒なのかもしれないし、そのあとのゆずはどうするのだ? というところかもしれない。普段からゆずなどの出番はないので思い出しもしないというところでもあるか。もちろん、ニュースやら新聞やらで聞き及んで知っている程度にはわかっているのだけれど。

 どちらかというとかかせないのはかぼちゃかもしれない。必ずといっていいほど煮物にして食べる。もっとも近年はすっかり冷凍かぼちゃを重宝させてもらっているようなわけで、ずいぶんと楽にはなった。かぼちゃの切り方とかもいろいろいわれる。固いのでいかに安全にそして楽に切るかなのだろうけれど、どうやらそもそも固いのが間違っているみたいなはなしもあるようで。

 とりあえず小人数であれば冷凍されたものはいつでも使えて便利。かぼちゃの煮物では砂糖たっぷり使う作り方覆いのだけれど、それだとかぼちゃの味があまりしないうえにただただ甘いだけになりがち。それをどうにかしようと醤油もたっぷりいれたりするから色もきつくなるし、ひたすら味の濃いかぼちゃの煮物になってしまう。

 前にも書いたような気がするけれど、そもそもかぼちゃは甘い。種類にもよるだろうけれど、甘い。だから砂糖は基本いれなくてもよいのだ。ダシと醤油少しをいれて水もあまりいれすぎず、煮汁が全体に回るように鍋を動かしたりしつつ。あまり箸などでいじると崩れたりするので、あまりいじこじしない。時間もそう長くする必要はないし。あ、酒かみりんは少しいれるとよいな。

 ということで明日はかぼちゃの煮物である。

# それにしても「いとこ煮」というのは、やはり謎だ。かぼちゃと小豆とおいおい煮るからという理由らしいけれど、「おいおい、ちょっと待て」というレベルの理由のようには思うのだけれど。謎である。

|
|

« 「デッドサイレンス」 | トップページ | BBC製作の「ワイルドジャパン」という番組を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/62917922

この記事へのトラックバック一覧です: 本日冬至:

« 「デッドサイレンス」 | トップページ | BBC製作の「ワイルドジャパン」という番組を見た »