« インク思う晩秋 | トップページ | 「神々の歩法」 »

「ハルロック 1」

 なにやら 99 円というのもあって(さらには arton さんも買ったらしく、きむらさんから薦められてしまったのもあり)購入してみることに。いや、噂は聞いていたし、面白そうとは思っていたのだった。昨年あたりまではリーダーストアから毎月のようになぜか 300 ポイントあまりが付与されるという謎な現象が続いていて、ろくに買いもしないのになぜ付与されるのだろうか? と不思議に思っていた。

 とはいえありがたいのでポイントで買える範囲で使わせてもらったり(せこい)ということをしていたのだけれど、今年になってそれがなくなり、このところになって今度は週末とか数日限定で 100 ポイントを付与されることがたびたびあるようになった。

 しかし、100 ポイントではほとんど買えない。いや、ポイントだけで買おうとするからであって、リアルマネーも使えということなのはわかっているのだが。ということでまず使うこともなく過ぎていたのだった。

 そんな今回ちょうど 99 円というのならば間に合うなということで買ってみることに。安かったり無料だったりは 1 巻だけということが多いのは、つまり面白かったら続きは買ってね! という期待によるということはわかっている。

 で、面白かった。ハルさんが女子大生とは思わなかった。電子工作にはまってしまい、日々秋葉原のパーツ屋に出没しては嬉々としている。化粧とか洋服とか女子力と昨今いわれるようなことにはまったく関心がなく、それはそれでまあよいかと思うのだが、さすがにちょっと変人すぎたよハルさん。

 ケチなお父さんが結婚何年目? というくらいに珍しくお母さんに買ってくれたホームベーカリー。ところがさて使おうと思ってふたを開けたら中には生ゴミが満載。ハルいわく、生ゴミ処理機の仕組みってほとんどホームベーカリーと同じだと思うからテストしてみているんだ。いいでしょ? 的な。お母さんの静かな怒りは絶望に変わっていくわけで。

 漫画なのでとはいえさすがにもはや人としてどうなのだ、というレベルは哀しさすら覚えたり。まあ、そんなハルさんが変なものを作っていく過程そのものはなんとも面白い。昔パーツ屋さんにいったころを思い出したりして。今はもうないパーツ屋さん。いまだにかつて購入したトランジスタとかダイオードとか残ったままなのだが、あれはいったい何を作ろうとしていたのだろう。

 どこぞの放送局で早々に一時間ドラマにでもしないだろうか。もちろんハル役はリアルな池澤さんで。今なら代役も不要でドラマ化できる。という話はでていないのだろうか? ないようだな。残念だ。

 というわけで続きはまたいずれ。(全四巻完結らしい)

4063883590ハルロック(1) (モーニング KC)
西餅
講談社 2014-07-23

by G-Tools

|
|

« インク思う晩秋 | トップページ | 「神々の歩法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/62701594

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハルロック 1」:

« インク思う晩秋 | トップページ | 「神々の歩法」 »