« ”夏”の終わりの寒露 | トップページ | 「オッド・トーマス」 »

蛍光管は割れ物です

 長らく愛用しているホタルック蛍光管。夜消してもほんのりと明るさを保ってくれるまさしく蛍光管なのだ。(考えてみると通常の蛍光管をなぜ蛍の光の管などと呼ぶようになったのだろう? 蛍光塗料というと蓄光して暗闇でもしばらく光って見えるものをさすのであるし、といって通常の蛍光管は消したらすっと暗くなるだけだ)

 さて。

 で、これを就寝時の部屋などに使っておくと数時間くらいはほんのりしているので暗闇になれた夜目には充分に明るい。ということで、たとえばトイレに起きたりするなんてときには便利だし、おぼろげに周囲の様子がわかったりもする。難点といえば通常の蛍光管よりはやや高いということくらい。

 現在使っているのはそろそろ寿命が近づいている感があるのでそろそろ準備しておかなくてはと思っていたのだけれど、これまで購入していた最寄のホームセンターにはまったく見えなくなっていた。さては、LED 全盛時代を受けて消えつつある蛍光管ということでいち早く製造終了してしまったのだろうか? そうでないとしたら取り扱いを LED にシフトする一環なのだろうか、などと思っていたら製造は続いているようであるし、アマゾンにもあるとわかった。で、ご他聞にもれずアマゾン安い。

 ということで購入したのはよかったのだが、配送されてきた箱はなにやらおかしい。おかしいというのも変だが、ちょっと動かすとカタカタと音がする。そもそも箱に取り扱い注意といった類のシールなども一切ない。

 開けてみるとはたして緩衝材などというものはなく、クラフト紙がほぼそのままというような状態で多少クシャッとなっているくらいのペラがのっかているだけ。さらには、通常であればグルーで糊付けされて固定されているはずなのにそれもない。ゆえに箱のなかでガタガタと動いてしまう。

 幸いにして割れていたりということはなかったけれど、中身のわからない配送業者さん他にとってはうっかり粗雑な扱いなどされていたらと思うとぞっとする。

 そうこうしていて件のホームセンターでなにげなく見ていたらホタルックが復活していたのだった。もちろん値段はやや高めになるものの、次回はやはり最寄で買うかと思ったりしたのだった。

 ちなみにホタルックの 2 本セットを購入して異なる 2 台の照明に 1 本ずつ取り付けて使っている。なにもすべての蛍光管をホタルックにする必要はないので。ホタルックおすすめです。

B000WLMR3ANEC ホタルックα 30形+32形パック品 みずみずし鮮やかな光 FRESH色(昼光色) 定格寿命9,000時間 残光・3波長形蛍光ランプ FCL30.32EDF-SHG-A
NECライティング

by G-Tools

|
|

« ”夏”の終わりの寒露 | トップページ | 「オッド・トーマス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/62440871

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光管は割れ物です:

« ”夏”の終わりの寒露 | トップページ | 「オッド・トーマス」 »