« ゴーストがささやいている | トップページ | 「ダンス・ウィズ・ウルブス」 »

大暑

 大暑といいつつも前夜から雨となり、いくらか涼しくすむのかと思いきや、熱がすっかり冷めるということもないままに雲にふたをされてしまい、気温はやや高めのままに湿度が上昇するという。蒸し暑い大暑を迎えることに。

 梅雨明けしたと思ったら九州などで雨が降り続いたり、梅雨はないというけれど蝦夷梅雨というくらいに延長線上で長雨が続く北海道(例年のことではある)。そうかと思えばよく晴れた朝晩であれば、日中の痛いような日差しと暑さを除けば急に涼しい風が吹き始めるころでもある。

 大暑とはいっても二週間もすれば立秋ということで、そろそろ秋の気配がしてくるころでもあるのだった。そう思うと 8 月の中・下旬を目当てに緑のカーテンを作るなどというのは、ある意味愚の骨頂ではないのかなどとも思ってしまったり。やはり 7 月には出来上がって日差しをさえぎってもらわなくては。梅雨のなかとはいえ。いや、むしろ梅雨だからこそ成長してくれて都合がよいということかも。

 ふと思うに、今年はまだ蚊の被害には目に見えてあっていない。草取りをしていたときにまとわりついてきた覚えもあるのだけれど、確実に蚊によると思われる虫刺されはないような。天候の関係もあってか発生そのものがやや少ないということはないだろうか? どうなのだろう。

 蚊といえば、電池式の蚊取り器具でボタン電池が薬剤カートリッジに使われているのだけれど、これを外さずにそのまま不燃ごみとしている例があるようで。ボタン電池の回収も回収箱・缶が目立つところに置かれなくなってきた現状もあって、はたしてどこまできちんとなされているのか不安な感じがある。いっそ、行政のゴミ収集で乾電池と同様に集めてくれたら問題の解決に役立つのではないかと思うのに、かたくなにボタン電池は別といいはるのはどういう事情なのだろう。

 充電池も同様。いまではこれらの電池の個別回収ルートというのがどんどん狭くなっていて、正規のルートを探すのが難しくなってきている。きちんと回収するならいい加減行政でやってもよいのではないかと。そこからそうしたルートにのせればよいのに。などと。

 大暑の話が、対処の話になってしまった。まあ、それはそれで正しいからよいか。暑さはまだまだ続く。

|
|

« ゴーストがささやいている | トップページ | 「ダンス・ウィズ・ウルブス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61941878

この記事へのトラックバック一覧です: 大暑:

« ゴーストがささやいている | トップページ | 「ダンス・ウィズ・ウルブス」 »