« 急激な暑さに負けじと、うやうやしくいただきましたよ | トップページ | 夏は下駄 »

2015春アニメの記録

 2015 年春、見ていたアニメの記録。

■シドニアの騎士 第九惑星戦役
 直前に前のシリーズの配信があったのでそこから見たので話がわかった。クローズアップ現代のアニメの海外進出といった回でその特殊な製作方法なども見ていて気にはなっていたのだった。平板な顔に違和感がないといえば嘘になるが、物語はなかなか面白くみた。ただ、副題となった物語への盛り上がりというかはいまひとつな感じで終わってしまった感があって、そのあたりはもうひとつか。全体としてはいろいろありすぎてひとつに定まりきらないという情報の多さがあるので、もう少しじっくり見たかったようにも思う。とはいえ、続きがあればまた見たいとは思う(映画への導入だったのかもしれないけれど)。

B00SMO1C1Wシドニアの騎士 第九惑星戦役 一 (初回生産限定版) [Blu-ray]
キングレコード 2015-04-29

by G-Tools

■アルスラーン戦記
 既に著名な原作小説の漫画化、そのさらにアニメ化ということで、まあ面白くないわけはない。夏も引き続きということではあるものの、漫画のほうはまだまだ途上のようなので、いったん切れのよいところで終了となるしかないのだろうなと。ただ、国の名称や民族観といったものが現実の西欧、東洋のそれと同じなので、どうもそういうところからは離れられないのだろうかという残念感がないでもない。とはいえまあ安心してじっくり見られる戦記ものというのはある。ところでファランギースのあの服は、あれでよいのだろうか。

■境界の RINNE
 安定の高橋留美子という感じ。まあ、ネタが続けばどこまでもという内容でしかないので、そういう意味ではさほどではないのだが、なんとなくつい見てしまう面白さというのはあるか。キャラクターが面白いからというのはある。

■血界戦線
 なにやら評判がよいらしいのだけれど、個人的には 3 話くらいまで見てやめてしまった。あまりに超人的な物語をやってしまうとどうも面白みにかけてしまう。展開もどうもなじめなくて。

■レーカン
 これまた 3 話くらいみてやめてしまった。「夏目友人帳」や「神様はじめました」的な霊が見えるという(その意味では RINNE とも似ている)ような話で、コメディなのだけれど、よい話だなとは毎回思うものの、いまひとつそれ以上にひかれるものがなくてやめてしまった。

■終わりのセラフ
 吸血鬼に支配されてしまった世界ということらしいのだけれど、どうも展開がすっきりしなくてこれまら 3 話くらいでやめてしまった。

■グリザイアの迷宮、グリザイアの楽園
 迷宮は実際 40 分あまりの一回あっただけで、残りは楽園の 13 回分だったか。なにやらちょっと面白そうな展開だったので通して見たのだけれど、終わってみるとなにやらいまひとつ物足りないままに終わってしまったような感じも。前半の個々のエピソードあたりはなかなかに面白く見たのだけれど、終盤のタナトスがでてきてどうのこうのというあたりから、なんだか出来すぎな展開になってしまって。最近のアニメは中学生とか高校生が全能すぎてそのあたりも今ひとつに感じてしまう理由かもしれない。面白かったのではあるが。

■山田君と7人の魔女
 春のなかではなかなか面白くみた。魔女の話がでてくるのが中盤以降で、ちょっと序盤が長すぎた嫌いがあるのは難点か。当初単純に入れ替わると思っていたら、実は山田の能力は能力のコピーだったというアイデアはなかなかにうまく効いていて、終盤へもいかされていて面白い。魔女が登場するのに時間がかかり、最後はトントンと出してしまうという急ぎっぷりで、最後はちょっとあわただしくてもったいない感じではあった。とはいえ、最初はそこまで面白いと思えなかったが、最後はなかなか楽しめた作品になった。

B00W2UK7KY『山田くんと7人の魔女』 上巻BOX(初回生産限定版) [DVD]
アミューズソフト 2015-08-26

by G-Tools


■長門有希ちゃんの消失
 なんとなく期待していたというのもあってか、楽しく見ている。途中なぜか長野に合宿にきていると知ってなるほどと思ったりも。実際に消失するのが終わり頃なのかと思ったらどうやら夏もまだ続くらしく、となるとどう展開するのだろうと原作を知らないものとしては楽しみでもあり、不安でもあり。まあ、長門がかわいいのでよしということで。うん。

B00UV5Y5PA長門有希ちゃんの消失 第1巻 初回生産限定版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2015

by G-Tools


■魔法少女リリカルなのはViVid
 1 回目を見ただけでやめてしまった。

■トリアージX
 これも 3 回くらいまで見てやめてしまった。ここでも高校生あたりで抜群の運転テクニックを持っていたり、超絶的な運動能力や射撃能力を持っていたり。おまけに必要以上に超巨乳の女の子ばかりで、どうも。仕事人みたいな内容ではあるのだが、それもどうもという感じで。

■プラスティックメモリーズ
 冒頭はあまり面白みを感じずに見ていたのだが、途中からしだいによくなった。会話とかシチュエーションとかがどうもいまひとつな感はあったが。なぜ耐用年数? をすぎるとアンドロイドが異常行動をするのかというあたりが弱いというのもあったか。終盤の展開はそういう設定うんぬんを無視して単純にラブストーリーにしていたあたりがまあよかったかもしれない。前半がもう少し違っていたらという感じではあった。

■ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
 ニコニコチャンネルのほうで途中から見たのだが、案外面白く見た。ただ、どうしてもこのダンジョンの構造がよくわからずにいた。ウィザードリーとかのイメージなのかなんなのか。あまり細かい理由については触れられないので、まあそういうものとしてみるというところか。どちらかというと例の紐にひかれてという側面は否めない。

■響け!ユーフォニアム
 どうも人気らしいので途中からようやく見た。ニコニコチャンネルで。そして、うん、これはよかった。冒頭少し見てないところがあるが、キャラクターといい映像といいよかった。若いっていいなあ。ただ、もう少し続くのかとばかり思っていたので 1 クールだけでちょっと残念。とはいえ、この内容で続けるのはきついのかもしれない。ちなみに「くみこ、声にでてる!」という状況はマスクをつけるようになって自重しなければとたびたび思う行動でもあるのだった。

B00VJU3NEA【Amazon.co.jp限定】 響け!ユーフォニアム 1(オリジナル2L型ブロマイド付) [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2015-06-17

by G-Tools


■食戟のソーマ
 ニコニコチャンネル見ていたら面白そうだったので途中から。動画を見ようとすると「不適切な内容との報告があるが、見るか?」みたいな画面がでてびっくりした。たしかにフードポルノとタグされるのは伊達ではなかったようだ。テレビの料理対決番組みたいな雰囲気ではあるけれど、なかなかに面白い。とはいえ、やはり高校生くらいでこれほどまでにすご腕を持つ料理人ばかりというのは、漫画だからとはいえ無理があるよなあとは思ってしまうのだった。面白いけど。夏も続くようだ。

 ということで、やっぱりアニメばかり見ているようだ。

|
|

« 急激な暑さに負けじと、うやうやしくいただきましたよ | トップページ | 夏は下駄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61882357

この記事へのトラックバック一覧です: 2015春アニメの記録:

« 急激な暑さに負けじと、うやうやしくいただきましたよ | トップページ | 夏は下駄 »