« 「まんがseek」が再出発したそうで | トップページ | 今年もネジネジ »

久々に自転車タイヤのパンク修理をする

 久しぶりに自転車タイヤのパンク修理をする。最近はパンクをしなくなった、などということはなく、単に使用頻度や運に左右されているというか。まあ、運転の仕方、日ごろのメンテナンスの度合いなどにもよるわけではあるけれど。いずれにしても自転車のタイヤなどというヤワな厚みしか持たないものが、そうそう丈夫であるはずもなく、ちょっとしたことですぐパンクなどしてしまうというのが実際ではあるのだった。

 予想通りにスネークバイト。コンクリートだかアスファルトだかの隙間にはいったというような話だったので、当然そうであろうと思っていた通り。いや、隙間にはいったといってもいろいろなので必ずしもということではないのだけれど。

 鋭利なもの、画鋲であったり釘であったり、ガラス片のようなものであったり、とにかく刺さるというようなことで穴があくのはほぼひとつの穴(もちろん例外がないわけではない)。

 一方で舗装の段差などを勢いつけて乗り越えたりしたときにおきるパンクはたいていスネークバイト。つまり蛇にかまれたかのように二箇所対称的に穴が開く。

 さいわい小さなものでほかには問題ないようであったし、タイヤへの損傷はこれといって見当たらない。なにかが刺さっているという様子もないので(タイヤの内側、つまりチューブ側に突き出したままだとまたパンクするので確認重要)パッチをひとつあてて作業終了。

 チューブをタイヤに戻してタイヤをはめこむさいにはねじれとかがおきないように少しだけ空気をいれておくと安心。ほんの少しだけ。

 しかし、もうずいぶんとパンク修理をしてないためにセメントがすっかりダメになっていたのでやむなく新しく購入。ただ、小さなセメント単品でよかったのだが(パッチはある)あいにくと単品では大きなものだけ、パンク修理セットには小さなセメントが付属しているのだが、むしろこのほうが安上がりなので虫ゴムもはいっているしなとこちらを購入することに。

 とはいえ、次にパンク修理をするときまでこのセメントが使える状態で残っていることかどうか。まあ、そのときはそのときではあるのだけれど。

 自転車屋さんでパンク修理してもらうと今なら 1080 円(税込み)というところ。これを高いと思うかどうかは微妙なところではあるのだけれど(なにしろそのくらいとらないとやってられない、というか多分それだけではやっていけないというべきか)、パンク修理くらいは覚えておいて損はないし、さほど難しい作業ではない。そんなこというとそれこそ自転車屋さん泣かせになってしまうけれど。その分、ちゃんとして自転車を正しい価格で買ってあげることにすればそれでもいいのではないかな。安いけれどすぐ壊れてしまうような怖い自転車を買うよりも。

 街の自転車屋さんがどんどん消えていく。


 こんなやつね。

B000UMX0F0SAGISAKA(サギサカ) パンク修理セット L 31695
SAGISAKA(サギサカ)

by G-Tools

|
|

« 「まんがseek」が再出発したそうで | トップページ | 今年もネジネジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61840675

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に自転車タイヤのパンク修理をする:

« 「まんがseek」が再出発したそうで | トップページ | 今年もネジネジ »