« 終わったかに見えたニカドがなぜか復活している(みたい) | トップページ | 「空と無我」 »

メモ:「粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う」

粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う (文春新書)
粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う (文春新書)中垣 俊之

文藝春秋 2014-10-20
売り上げランキング : 7250


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 新聞の書評ページにあったのでメモ。が、発売は半年あまり前らしい。こういうタイミングででてくるのもちょっと珍しいのではないか。

 南方熊楠をどうしても思い出してしまうけれど、実のところあちらも未読なのであったなあと。いずれ、あわせて読みたい。

 ちなみに、苔がちょっとしたブームと聞くけれど、さすがにゼニゴケは遠慮したいと思うものだろうなと思うけれど、さて、ファンな方にはそれすらもまたいとおしいのだろうか?

|
|

« 終わったかに見えたニカドがなぜか復活している(みたい) | トップページ | 「空と無我」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61773829

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:「粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う」:

« 終わったかに見えたニカドがなぜか復活している(みたい) | トップページ | 「空と無我」 »