« 窓予約がちょっと邪魔 | トップページ | ぼーしゅ »

まずは啓蒙からはじめよ(と思う)

 自転車の罰則に関する制度の変更というか拡充というかにともなって、少しばかりあちこちで騒ぎが起きている様子。そもそも道交法的に(というか具体的にはその細則によって定義されている内容ではあるのだけれど)禁止とされていたのは今月からではなく、すでにそうであったことで、これまでも禁止されていたことではある。

 ただ、これまでは自動車などのような反則金であったりとかのいわば簡易な制度がなく、軽微な違反でも即裁判とするしかないような法整備だったために、自転車に対してはややゆるい運用がされていたというのが実情なのだということ。それを補完するような法整備をして、反則金であったり、違反者にたいする講習会の義務であったり(講習会費用という名の反則金であったり)を設けたので、軽微な違反でも以前よりも摘発しやすくなったということなのだと大意としては理解するべきものなのだ。

 とはいえ、自転車の無法が目立つ昨今とはいえ、すべてがそうであるということでもないし、また、そもそもきちんとした道交法関連の教育がなされているのかというと、それもまた疑問なのではある。自動車の免許を持っている人であれば、一応の教育は受けて試験に通って取得しているわけなのではあるが、そうでない人というのも一定数いる。また、子供の場合学校でそうした教育も今はあるはずなのではあるが、それでもどうも自由に走行しているという場面には時としてでくわす。

 免許を持っていても、なぜか自転車に乗ると勝手気ままに走り回るという人も少なくないように見える。

 そうしたことから思うには、きびしくすることももちろんだけれど、まずはきちんとした啓蒙活動をこそ充実すべきではないのかというのはあると思うのだけれど、どうもそういう気配はあまりない。それでいて警察は余計なところに予算を使ってティッシュくばりに使ったり、使いもしない名称募集をしたり、キャンペーンをしたりに使っているようにも見える。その予算の一部でもルールの啓蒙に使ったらどうなのかと思わないではない。

 一定程度の幅がある歩道だと、最近では中央あたりに白線を引いて自転車通行帯と区分する動きもあるのだけれど、なぜか双方向可能とする表示がほとんどだ。行政として逆走を認めてしまっている。子供や年寄りであれば、通行帯内においての逆送を許すとしても、基本としてはそうでないということも少し認知させるような活動は必要なのではないかなと。

 近年、自分ではわずかの距離でも可能な限り逆走せずにすむようなコース取りを心がけるようになった。車と違って同じ車両扱いとはいえ不便な制約がある自転車としては、少しは仕方ないかと思ったりもするのだけれど、いざというときに困らないように普段から心がけることは大事なのかなと。どうしてもとなれば自転車を降りておして歩けばよいのだ、という最終手段も残されてはいる。そのくらいの覚悟はそろそろ誰もが(自転車に乗る限りは)持つべきなのではないかなあとも。

 細則については地方自治体で内容が異なるので、あるところではダメでもあるところでは問題ないということもあって悩ましい。そのあたりも、やはり統一したものにするべきなのではないかなとは。

 とにかく、まずはきちんとルールを周知させることにこそ、行政は力を注ぐべきなのではないかなあ。その上で厳しく取り締まればよいと。

|
|

« 窓予約がちょっと邪魔 | トップページ | ぼーしゅ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61698437

この記事へのトラックバック一覧です: まずは啓蒙からはじめよ(と思う):

« 窓予約がちょっと邪魔 | トップページ | ぼーしゅ »