« ヒトは光合成を獲得するのか | トップページ | ”あるがまま”でなく、”ないがまま” »

「スピード・レーサー」

 往年のアニメ「マッハ Go Go Go」のハリウッド実写版ということらしく。そういえばそんな話があったなと思い出したので見てみた。キャラクターとしてはおおむね忠実な感じで、とはいえそれらすべてがもはや日本人ではなくあちらの人としての設定に切り替わってしまっているのは仕方ない。物語の基本的なところというのも(実のところはじめのほうの話はあまり覚えていないのだけれど)おおむね原作にそった設定ではあるらしい。

 ただ、映画としての展開に関してはオリジナルなのだろうなとは思うのは、巨大メーカーがスカウトしてそれがまあ裏で悪さをしてというようなところか。あるいは原作のほうでもそうだったのかもしれないが、非常にわかりやすい構図を作って映画化に臨んだという感じ。

 レースシーンなどは CG バリバリなのではあるけれど、それらがうまく溶け込んでいる感じはあるので、見ていて楽しいというのはある。考えてみると原作の絵柄というのが、そもそも外国人的な造形だったりはしたので、このほうがむしろ日本人で映画化するよりも自然なのかもしれない。

 レースシーンの映像は目がチカチカするようなもので、チョロQのゲームを思い出す。 PS2 用の HG4 だったかでのレースにまさしくこういう感じのギラギラしたコースがあって、どこがコースなのかわからなくなるようなものがあったのを思い出す。で、気づくとゲームをやっていたりするわけで。

 車の動きやレースの展開にしてもまさにチョロQゲームを映像化したとでもいう感じなので、それはそれで楽しい体験ではあるのだった。

 話そのものはごくごく分かりやすくシンプルで、楽しませる映像という点では申し分はないのかもしれない。アニメシリーズほどの突拍子のなさといったものはさすがに感じなかったけれど。頑張った実写化だったのかもとは。

 昔のアニメをもう一度見直してみたいとか、チョロQゲームをまたやり直してみるというのもいいかなあと。もっとも、PS2 はもはや過去の遺物になってしまったし、新しいゲームもでていない。PS4 で PS2 ゲームは動作しない(だったはず?)なので、いつまでプレイできるかどうかという寂しさも。

B003EVW58Mスピード・レーサー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools

|
|

« ヒトは光合成を獲得するのか | トップページ | ”あるがまま”でなく、”ないがまま” »

コメント

"Speed Racer"はアニメ版の米国放映時のタイトルですね。それを逆輸入したのかな。

投稿: のら猫 | 2015.05.14 04:15

ああ、そうですね。あちらで放送されて実写化(とはいえ時間がずいぶん経ってますけれど)されたという点では、逆輸入って感じでもありますね。
日本で実写映画化されても変なものになりそうではあるので、これでよいのかというところも(^^;

投稿: ムムリク | 2015.05.14 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61578521

この記事へのトラックバック一覧です: 「スピード・レーサー」:

« ヒトは光合成を獲得するのか | トップページ | ”あるがまま”でなく、”ないがまま” »