« かまどの休息 | トップページ | 回向柱の世界観 »

さくらが、さいた

桜開花


 どうも今年の春は気が早いらしく、あまりにも足早にやってきてしまった。気がつけばどんどんと暖かな空気を呼び込んで初夏のような気候を置いていくことを繰り返していて、あっという間に桜も梅も花盛り。4 月 4 日をもってして桜の開花があるなどという、長野としてはあるまじき現象をもたらしてしまった。早すぎるよ。春。

 おりしも善光寺御開帳にあわせるかのように開花、といえば聞こえはよいけれど、これでは花見の予定など立てられるべくもなく。今年は近所の桜を愛でるくらいが関の山かしら。

 桜の開花と梅の開花とほぼ同じ。梅も桜も、あれもこれも花という花がいっせいに咲き誇る。それはそれで見事なながめではあるのだけれど、一気に行過ぎる春というのは少し寂しい。春はゆっくりとやってきてくれたらよいのだけれど。

 とはいえ来週から少し寒さが戻る(例年並み?)という予報もあり、このところ春の嵐で強風が続いているというのもあり、なんとも桜には不遇な年なのかもしれず。

 お花見、できるかなあ。

|
|

« かまどの休息 | トップページ | 回向柱の世界観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61386956

この記事へのトラックバック一覧です: さくらが、さいた:

« かまどの休息 | トップページ | 回向柱の世界観 »