« 梅よ桜よ、ポレポレで | トップページ | ザップニュース集計 2015 年 3 月まで »

冬をしまう

 気温の上がり下がりが激しいジェットコースター的なこの春。ということでここへきて春を通り越して初夏くらいか? というような暖かさになってしまうところもある始末。一週間予報など見ていてもそうそう冷え込むことはなさそうなので、それではということで冬仕舞いを少しずつ。

 まずは灯油ストーブを掃除してしまう。といってもおおむね三月は使っていないというような状況だった。灯油タンクに残っている分を寒くなったときに少しずつ使ってしまうといった使い方で、最後のほうは多少のことならば炬燵でしのぐというありさま。いよいよ使うこともあるまいということできれいに掃除して箱にしまう。

 最低気温が氷点下になるようなこともそうそうないので、水道の凍結防止ヒーターも始末をつける。とはいえこちらも実のところ二月下旬くらいからほぼはずしたままだった。ヒーターと保温材によって経験上では -3 度までならばなんとかヒーターなしでも凍結しないでいけると分かっているので、そのころから気温の様子をみながら運用していた。

 ちょっと怪しいかという夜だけいれておいて、朝になったらまたはずしてしまうということで。なかには一年中つけたままという人もあるようだけれど、確かにサーモスタットでヒーターそのものは制御されているものの、通電はされているのでヒーターそのものが使われていなくても電力は消費されている(はず)。使わない電源ははずしておくに限るわけで。

 ということではずしているととたんに電力消費量が激減するのでよくわかる。

 そんなふうにして少しずつ冬を始末して春へと準備をすすめる。そんな季節。まだ、もう少し冬の名残があるものの(炬燵とか。これはもう少しかかる)、世間はすっかり春の装いにかわりつつあるようだ。わが世の春は、まだまだ。

|
|

« 梅よ桜よ、ポレポレで | トップページ | ザップニュース集計 2015 年 3 月まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61361769

この記事へのトラックバック一覧です: 冬をしまう:

« 梅よ桜よ、ポレポレで | トップページ | ザップニュース集計 2015 年 3 月まで »