« リトル・マエストラ | トップページ | 雪の波状攻撃 »

パンの耳やーい

 前にも書いたことがあるように思うのだけれど、E テレの「グレーテルのかまど」という番組を結構よく見る。人や物語にまつわるお菓子を紹介しつつ手作りしてみせる番組。ちょっと高級な感じのものや実にシンプルで昔ながらの手作りおやつといった感じのものまで種々雑多。今回は「きょうの猫村さん」にでてくる ”揚げミミパン” だった。

 なんのことはないパンの耳の部分をちょっと幅広めに切っておいてそれを油で揚げる。揚がったら砂糖をまぶす。それだけ。それだけなのだけれどカリッと揚がったパンの耳の部分のおいしさを知っているともうこれはたまらないということになる。パンの耳だから安く手に入るし、場合によってはただで分けてくれることもあるのかもしれない。とにかく安い食材。

 かりんとう風にしてというのもよく聞くけれど、まあ同じようなもの。今回は砂糖をまぶすだけなので時間があまるというのもあってか、少しアレンジしたものを紹介。砂糖以外の味付けにするというのと、ミルフィーユ風にするというのも披露していた。

 で、俄然パンの耳が食べたくなったのだけれど、考えてみるとどうも近所にパン屋さんがないのだった。唯一あるのはスーパーの中にあるパン屋さん。確かにここでは焼きたてを出しているので当然パンの耳もあるはずとは思うのだけれど、どうも見かけない。店頭に並んでいるようでもない。ふと見たらおばあちゃんがちょうど買うというところだったが、あるいはそれはお願いすると中から出してくれるというものなのだろうか? うーむ。

 昔は店頭で見かけたようにも思うのだけれど、ただたんに時間的にタイミングを逸しているだけなのだろうか。焼き上がりの直後あたりだとあってすぐ売れてしまうとか? はたまた、いつもお願いしているような人だけが「いつものお願いね」とかで買うのだろうか? などとあれこれ妄想してしまう。

 しばらく前には近隣にパン屋さんもあったりしたのだが、なくなってしまっている。どうもそうした店が次第に減ってきているのだろうかという感じも。

 ないとなると俄然欲しくなる。さて、どこかにないかとしばらく捜し求めてしまいそうだ。たかだかパンの耳なのだがなあ。高価なものよりもそうしたものに惹かれるのは庶民である証拠なのかもしれない。

 パンの耳。おいしいんだよなあ。

#山崎のランチパックを作る工場では大量に発生しているに違いないのだが。そのゆくえはどうなるのだろう。飼料にするだけではとてももったいないと思うが。

|
|

« リトル・マエストラ | トップページ | 雪の波状攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/61135971

この記事へのトラックバック一覧です: パンの耳やーい:

« リトル・マエストラ | トップページ | 雪の波状攻撃 »