« お節今昔 | トップページ | 突然、みんなが恋しくて »

詣でる

 年またぎで「日本人のしきたり」を見つつ、つらつらと。

 初詣。二年参り。昨今ではすっかり大晦日の深夜 0 時をまたいで新旧両年にお参りする(二度お参りする)みたいな誤解が生じていたりもする気配があるのだけれど、本来的にはちょっと違う。除夜の鐘を聞きつつ神社へ向かいお参りをすませ、元旦のうちに帰ってくるということらしい。

 除夜の鐘を聞きつつというあたりは地域によって難しいところもあるので(少なくとも自宅にいて聞いたことはない。というか聞こえたことはない。というか、さすがに無理)、まあそのくらいの時間にでかけるというところか。考えてみると父も昔はそんなふうにして(やや遅めの時間ではあったけれど)近所のお宮にお参りに行ったものだった。そう思うとおおむねなんとはなしにそうした風習に習っていたのだなとあらためて思う。

 近頃では元旦という言葉すらも誤解が生じているようで(いや、近頃なんてものではないか)、元日と元旦と正月とみながみなごちゃまぜになってしまっている、そんな予感すらする。元日といったら一月一日全体をいうわけだけれど、元旦というのは元日の朝、あるいは午前中のことを言うのであって、夜になっても元旦という意味で使うとちょっと違う。だからこそ年賀状には元旦と書くわけであるし。

 しかし、そう思うと深夜 0 時の「ゆく年くる年」とかの中継時に並んでいる多くの人々というのも、ある意味奇妙な風景なのかもしれない。もちろん、著名で大きな規模の神社などであるからたくさんの人が集まる。であるから早くにいかないとそうでなくても帰るのが遅くなるということもあるので、早々に行っているというのもわからないではないのだけれど。そもそもは地元の神社などにお参りしていたはずで、それがいつしかそうした有名どころにばかり集まるようになっていったというのは、そろろ回帰してみても面白いのではなかろうか、などとも。

 いや、そうして身近な神社にひっそりとお参りすると、また新鮮なものがあるのではないかとか。

4413040465日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス)
飯倉 晴武
青春出版社 2003-01-01

by G-Tools
4413041763日本人 数のしきたり (青春新書INTELLIGENCE)
飯倉晴武
青春出版社 2007-07-03

by G-Tools

|
|

« お節今昔 | トップページ | 突然、みんなが恋しくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/60891905

この記事へのトラックバック一覧です: 詣でる:

« お節今昔 | トップページ | 突然、みんなが恋しくて »