« 冬がはじまるよっ。 | トップページ | 気がつけばさよならの飯山駅舎 »

良いAndroidアプリを作る139の鉄則

 今回はこれまでと違ってフレームワークなしだったのもあり、少しいろいろ調べてみたいとも思いタイトルにひかれて購入。まんまとハマッたということなのかもしれず。

 とはいえ悪い内容だったというわけではなく、個人でちまちまとやっているだけでは知らなかったこととか、ややトリッキーともいえるものの面白いアイデアがあったり。基礎的なところとか、テストのあたりとかリリースに備えてのところとか、まあいろいろ「なるほど」と思うところもあったので有益だった。

 アクティビティの起動モードとかスタックに関わるあれこれは知らずにいたというのもあり、なるほどと思いつつ、詳しいことはあまり書かれていないので(紙数的に限界なのだろう)あらためて調べてみたりして。

 もっとも依頼を受けて製作するといったことに特化した内容も多かったり、通信関係のものがやや多めだったりというところで、直接的に現在的には無縁のものも多かったというのはある。もちろん、そうしたことをすべてひとりで処理しているというところでもあらためて気をつけるということも再確認という意味ではよかったか。

 分量としては十分かというとややあっさりという感もあるので、ちょっと物足りない感じもあるのだけれど、こういうヒント集というのは仕方ないのかもしれない。また、内容によってはそれがプロのポイントなのか? というようなごくごくオーソドックスな感じの(つまり自分レベルでもそうしているようなことも)あったりするのは、数合わせてきな匂いも感じてしまったりはする。

 そういう意味では対象としている層がちょっと見えにくい本のようにも思う。バリバリ使っている人にというほどには専門的ではないようにも思うし、入門者がはまりそうなポイントというにもちょっと違うようで。まあ、一度は(というか今のうちに)読んでおくとよいのかもしれない。

4774165255良いAndroidアプリを作る139の鉄則
木田 学 おか じゅん 渡辺 考裕 奈良 進 荒川 祐一郎 兒島 友三郎 石立 宏志 小林 正興 テックファーム
技術評論社 2014-06-14

by G-Tools

|
|

« 冬がはじまるよっ。 | トップページ | 気がつけばさよならの飯山駅舎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/60617673

この記事へのトラックバック一覧です: 良いAndroidアプリを作る139の鉄則:

« 冬がはじまるよっ。 | トップページ | 気がつけばさよならの飯山駅舎 »