« RubyKaigi 2014 三日目(深呼吸するといいよ) | トップページ | お彼岸なので、おはぎをつくる »

この木(草)なんの木(草)

ほうきぐさ


 撮影したのは先月の話であるのでまだまだ緑あざやかなころ。すくすくと育って丸々と大きく。この巨大さのまま箒にしたらどうなるのだろうと心配になるほど。乾燥の時点である程度は小さくなるのだろうけれど。どことなくトトロもかくやというほどの丸々とした大きさ。

 そろそろ新調したいところなので、種なりわけてもらうというところか。昔は自生していたのだけれど、いつの時点でなくしてしまったのだろう(あるいは、なくなってしまったのだろう)。

 いまではこうした箒のことを知らない人も世代も増えているので、失くしたくないものだなあとも。

 なんともいえないやわらかさとしなやかさと、そしてにもかかわらずの固さというか丈夫さというか。来年あたりはわけていただこうかなあ。

|
|

« RubyKaigi 2014 三日目(深呼吸するといいよ) | トップページ | お彼岸なので、おはぎをつくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/60357418

この記事へのトラックバック一覧です: この木(草)なんの木(草):

« RubyKaigi 2014 三日目(深呼吸するといいよ) | トップページ | お彼岸なので、おはぎをつくる »