« さよならクロスレビュー | トップページ | tDiary を使い始めてちょうど 10 年が経過したのだった »

我妻さんは俺のヨメ

 例によって 1 巻無料にはまってしまい、2・3 巻まではひとまず読んだ。なかなか面白い。ようはタイムスリップコメディなわけなのでネタがつきたらおしまいといった感じではあるのだけれど、とりあえず今のところよい具合に進んでいる。

 主人公は高校二年生の男子。勉強もスポーツもさえない。ということでもちろん彼女がいるでもなく、おちこぼれた男子生徒仲間と日陰の青春を謳歌している。そんなクラスにとびっきりの美少女がいて、勉強もできるわ、スポーツも優秀だわ、おまけに性格もよいときて、そんな子がいるのか? というくらいの少女が我妻さん。あくまでもそこは我妻という苗字。

 で、主人公がうとうとしたりしたときにふいに目の前にあらわれたパジャマ姿の我妻さんにびっくりしたら、そこでは結婚しているらしい。いや、まさか。夢だったのだろうと思いつつも、なんどもそれが繰り返されて、しかも現在の自分は知らないけれど実際に彼女に起こったこととか起こることを知ってしまったことやら、カレンダーが 10 年後であったこととか、どうやらこれは本当にタイムスリップしているらしい、と感じるわけだ。

 今はまるっきり親しくもないし、話だってほとんどしないクラスメートの我妻さんが、なぜか 10 年後には自分と結婚しているということに、ニンマリするやら不思議に思うやら。そんなこんなで未来と今を行き来しながら、これから起こる出来事を再確認するという。

 我妻さんのことだけでは展開がシンプルなので、そこにいろいろ人を織り交ぜて、未来に起こる困った事態を解決するべく今を変えようと奮闘してみたり。けれども当然タイムパラドックスのわなにはまって我妻さんと結婚していない未来になってしまってあせったり、となかなかうまい具合に展開してくれるので楽しい。

 なによりも、当たり前だけれど我妻さんがかわいい。エッチな方面にははしっていないので(ネタとしてはあるけれど)実に安心して読めるというあたりもよいのかもしれない。結構続いているようなのでそのあたりは少し心配もあるけれど、どんな結末に落ち着けるのだろうかとか楽しみでもある。

 我妻さんと実際結婚すると、我が妻ではあるけれど「我妻さん」ではなくなってしまうというあたりも、なんとも面白い。


 ひとまず 3 まで読んだ。

4063846385我妻さんは俺のヨメ(1) (講談社コミックス)
西木田 景志 蔵石 ユウ
講談社 2012-02-17

by G-Tools

4063847268我妻さんは俺のヨメ(2) (講談社コミックス)
西木田 景志 蔵石 ユウ
講談社 2012-09-14

by G-Tools
4063847748我妻さんは俺のヨメ(3) (講談社コミックス)
西木田 景志 蔵石 ユウ
講談社 2012-11-16

by G-Tools

|
|

« さよならクロスレビュー | トップページ | tDiary を使い始めてちょうど 10 年が経過したのだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/60254082

この記事へのトラックバック一覧です: 我妻さんは俺のヨメ:

« さよならクロスレビュー | トップページ | tDiary を使い始めてちょうど 10 年が経過したのだった »