« エッヘン! | トップページ | 花のあと »

テレホンカード持ってますか?

 むかしテレホンカードというのがあってだな、とそろそろ言わなくてはならない時代になったのではなかろうかと思うこのごろ。公衆電話というものがその数を減らしたのと同じくしてその存在価値もまた忘れられようとしているかのようなテレホンカード。

 昔、北海道から電話するときに 100 円玉をたくさん用意しておいてから電話したのだったが、すでにだったかその頃だったかにテレホンカードを使うようになりずいぶんと長距離電話が楽になったのだった。主要な鉄道の駅前とかならばまずカードが使える公衆電話機があったものだし、ユースホステルへの予約電話などでも使えたりと、それなりに便利に使ったものだった。

 当時はまだいろいろのデザインカードなどはなくて NTT 謹製の素朴なデザインカードがあるくらいだったけれど、長距離電話利用者にとっては 5000 円のカードというのはなかなかにありがたかった。もっとも、そうしたカードはほぼ NTT に出かけないと買えなかったという不便さもないわけではなかったけれど。

 そのうちに観光地での土産用に 500 円(50 度数)のテレホンカードが売られるようになった。各地のいろいろのデザインが施されたカード。いっときブームになってあちらでもこちらでも売られていて、これというほどの土産がないときにもそれなりに重宝されたみやげ物に成長した。

 で、こうしたデザインカードの場合、多くは実際に通話に使われることはなく引き出しの中なりにしまわれることのほうが多く(一部は日常用に財布の中にはいっていたりもしたろうが)、大半においてはコレクションでしかないという状況は NTT にとってホクホクものだったというのも事実。プリペイドカードなわけだから使われないことがなによりうれしい。

 そんな土産用のテレホンカードも最近ではまだあるのかどうか、よくは知らないけれどそもそもの公衆電話機が少なくなっている現状を思えばそうそう販売が続いているとも思えない。で、たまったこのテレホンカードどうしたものか? と。

 NTT では通話料の支払いにのみテレホンカードを充当することができるというが、申込書を取り寄せて、記入して、送ってという手間が必要であるし、なにより通話料だけなので、通話をほとんどしないということだと死ぬまで使っても終わらない、などということにもなりかねない。

 では、金券ショップでの買い取りはどうだろうかと調べると、どうやらある意味二束三文にしかならないようす。50 度数の未使用カードでも 200 円程度でしか買い取ってくれないらしいし、度数が増えたところでさほど価格は増えないようだ。

 一番有効そうな利用方法は入院された方へのお見舞いに持っていくだそうだが、これもまたそうそうあるわけではないし、そもそもできればそんなことはないに越したことはない。いずれにしても大量にある場合、ほとんど死蔵するしかないのではなかろうかと。

 あるいは NTT で普通のデザインカードへの交換をしてくれるのであればどうかとも思うのだけれど。土産のものはなによりそのデザインが命。残度数なしでパンチを開けてしまい、汎用カードに集約してくれるのであれば、枚数も減るし、使うといっても使いやすいかもしれない。残念ながらそういうサービスはしてくれないらしいが。

 なんだかもったいない話である。

|
|

« エッヘン! | トップページ | 花のあと »

コメント

テレカの類は、実際に使用する目的もあったのでしょうけど、コレクターが死蔵するのが目当てで発売されていたと聞いたことが有ります。

テレカとか、クオカードとか、オレンジカードとか…(^^;
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927250518&owner_id=1214439

投稿: のら猫 | 2014.06.14 04:13

なかなかうまい商売ですよね(^^;

投稿: ムムリク | 2014.06.14 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/59808502

この記事へのトラックバック一覧です: テレホンカード持ってますか?:

« エッヘン! | トップページ | 花のあと »