« 料理本にも似たり | トップページ | 本当に必要な人にほど、情報は届かない »

ヴァン・ゴッホ

 ゴッホ最後の 67 日間を映画化したということらしい。が、ただのエロ親父の日常が描かれているだけとも。最後の自殺の経緯もそれが事実だったのだとしたら(なのだろうと思うけれど)即死するわけでもなく、といって医師が手当てして助かるというようなものでもなく、なにかできることもなくただ死ぬのを待たなくてはならないというのは、当事者にとってはある意味至極迷惑なことではないかと。部屋を貸していたほうにとっても迷惑千万。

 描いた絵についても売れないとかいうレベルではなく、売る気がなく(ゴッホ本人ではなくバイヤーとなっていた弟の考えらしいけれど)すべての絵を抱え込むだけだったというのも、実際そうであったならよくわからない行動であるなあとも。それでいていったいどうしていつから今ほどの人気というかになったのか?

 しかし、全体として思うのは、それぞれの人間関係とか感情とかよくわからないままに物語が勝手にすすめられていて、よくわからないままに終わっていくという感じが強くて、素直にいうと面白くないなあと思ってしまうのだった。あるいはありのままの生活なんて面白いものじゃない、ということかもしれないけれど。

B00H39UIU8ヴァン・ゴッホ [DVD]
紀伊國屋書店 2014-02-22

by G-Tools

|
|

« 料理本にも似たり | トップページ | 本当に必要な人にほど、情報は届かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/59786187

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァン・ゴッホ:

« 料理本にも似たり | トップページ | 本当に必要な人にほど、情報は届かない »