« グライダー | トップページ | るびま 46 号出ましたね »

バレエ・カンパニー

 フィクションなのかと思えば作りはなんともドキュメンタリーみたいであるし、それでいてどうもフィクションぽい演出がなされているしというなんだかよくわからない映画だった。実際のバレエ団の全面協力でバレエの舞台を作っていく様を描いているのだけれど、全体の流れとしてはただのドキュメンタリーにしか見えない。つまりさほどドラマっぽい演出とかはないので、非常に淡々と練習や制作の舞台裏を撮影しているという風でしかない。

 一方で、どうやらちゃんとドラマなのだと思わせるときもあるにはある。プリマの交代劇であったり、わたしがこのバレエ団なのだといった団長さんの言動であったり。とはいえあまりドラマっぽくはないし、全体にしめる割合もさほど多くないのでドキュメンタリーなのかなあという印象がどうしても強くなってしまう。

 けれどドキュメンタリーとしてもなにもなくて、ときどき小芝居じみた演出がはいってしまったりするので却って変な感じになってしまう印象が。延々とあたらしい演目の練習と舞台とが繰り返されて、素人目にはなんとも奇妙奇天烈なバレエの(ある意味前衛舞踊的な)踊りが繰り広げられるというあたりはちょっと食傷気味。

 うーむ、なんともどっちつかずな感じで、これをどう評価したらよいの? という風に思ってしまうのは、バレエに対して素養のない素人だからなのか。もとよりさほど期待して見始めたわけではないのだけれど、なんとも退屈な感じの残る作品なのだった。

B0002TLHT2バレエ・カンパニー [DVD]
エスピーオー 2004-12-23

by G-Tools

|
|

« グライダー | トップページ | るびま 46 号出ましたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/59428220

この記事へのトラックバック一覧です: バレエ・カンパニー:

« グライダー | トップページ | るびま 46 号出ましたね »