« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | レインツリーの国 »

風呂敷

 多分「神戸で極める 世界のパン」を見たあとにたまたまそのまま見てしまったのがはじまりだったのではないかと思うのだけれど、E テレの「まる得マガジン 初めてのふろしき活用法」がなかなかよかったのだった。「エコでおしゃれ!」といううたい文句も昨今のデザインのよさとか、素材の機能性の変化などもあってなるほどと思ったり。

 考えてみると昔はそれでも時折風呂敷を使う場面というのはあって、我が家にも古い風呂敷が何枚かあるはず。もっともすっかり箪笥にしまわれたままになっていて、恐らくはデザインとしても古めかしいであろうし、素材や耐久性などもすっかり落ちてしまっているかもしれない。

 けれど、確かにあの風呂敷というのはさまざまな大きさ・形のものを(包み方を知っていればという前提はあるが)匠に包んでしまえる不思議な布であったのだった。いや、当然といえば当然でしかないのだけれど、ちょっとしたコツを知っていさえすればなんの迷いもなく、間違いもなくそのものをしっかり包むことができ、なおかつ持ち運ぶ姿すら美しい。

 そうだよなあ、日本には風呂敷というものがあったのだよなあ、と再確認。手ぬぐいなども類似のところがあるけれど、こちらも一部には復権の動きがあるしいし、風呂敷も一部には見直される向きがあるらしいとは聞く。とはいえ昔ほど利用されているという実感はないし、実際自分でもすっかり忘れ去っている。一番よく知られる現役対象は法曹界の人くらいではないのか。

 ということで、なんとかちょっと不便な時間を調整して 5 分番組を見ていたのだけれど、この機会にちょっと使い始めようかなどと思ってしまったので、いろいろなヒントのためにもとテキストを購入。NHK のテキストなんてずいぶんと久しぶり。ページ数から思うとやや割高かという感もなくはないけれど、部数は少ないのであろうから仕方ないか。今なら 5% の消費税で購入できますよ。

 放送は来月もあるのでよろしければ。風呂敷の基本的なコラムもあるので購入の参考にも。表3には通信販売の案内も。ただし4月一杯までの限定扱い。

#実のところエコバッグとして使うという発想が一番気に入っていたりするのだった。でも、ポリエステルで撥水加工されているものは値段が。

4148272170エコでおしゃれ! 初めてのふろしき活用法 (NHKまる得マガジン)
山田 悦子
NHK出版 2014-02-24

by G-Tools

|
|

« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | レインツリーの国 »

コメント

使いこなせれば便利とは判っていますが、不器用故に使っていなかったり…
小さなものから一升瓶まで何でも包めますよね。

最後に使ったのは結納の時…って、思い切りローカルなネタだな(苦笑)
あれって、受取ってからどうするんだろ?
特にうちみたいに別れたりしたら(爆)

投稿: のら猫 | 2014.03.18 03:10

ちゃんと結納すると風呂敷って必須品ですよね(多分)。
で、その後を知るためにも是非、娘を持って体験するのが一番ではないかと(^^;<やや難あり

結び方はごくシンプルですから、ぜひこのテキストを書店で見てくださいませ。買わずとも見て「ほほう」と思えたならば、しめたものですよ(いや、そう思った時には、ぜひ買いましょうw)。

投稿: ムムリク | 2014.03.18 09:10

う~ん、娘は親権無いし、知的障害だし…難しそう。

投稿: のら猫 | 2014.03.23 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/59308613

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂敷:

« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | レインツリーの国 »