« 面取り大根2014 | トップページ | リーダーデビュー »

ファイヤー・フロム・ビロウ

 ドラマ「アンドロメダ」の人が主人公の映画。休暇で訪れた町でなにやら異変が起きると。特殊な鉱物採取をしている企業の鉱山で事故が起こる。その鉱物というのはどうも発火性というか爆発性が高いということで、鉱山の中で走り回り作業員が皆焼け死ぬというよりは蒸発してしまう!

 さらに、湖とか水道とかトイレとか、水に反応するとかでいたるところで人々が死んでいくのだが、湖でボートに乗って水上スキーを楽しんでいた一行をその炎が追いかけてくるにいたっては「ちょっとおかしいだろ!」という突っ込みをいれなくてはならない。そこに水はたくさんあるではないか。なぜ人を追いかける。人の水分よりもはるかにその湖の水分のほうが多いであろうに。現におまえはその水分を伝ってそこまでやってきたのではなかったのか。

 とにもかくにもコレは大変なことがということで軍がでてきたり、専門家ということで休暇中だった彼のチームが参加したりして、現状の確認をしたり対策を練ると。まあ、決着的にはなにやら軍事兵器で解決してしまうみたいなことになってしまったり、いろいろと誰がこんなシナリオを書いたのだ。誰がこの設定・展開に OK を出したのだ、というようなオンパレードになる。

 ある意味それはそれで笑えるのかもしれない。

 ついでに BGM が荘厳すぎて内容にあっていないのもよろしくない。物語がチープなので音楽だけでもせめてかっこよくとでも思ったのかどうかはわからないが、このちぐはぐさはちょっといただけない。さながら大学生の映画サークルが趣味で作ってみましたというような物語展開ではないかと。

B0027ZCJXMファイアー・フロム・ビロウ [DVD]
ウィリアム・ラングロス
アルバトロス 2009-07-10

by G-Tools

|
|

« 面取り大根2014 | トップページ | リーダーデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/58840351

この記事へのトラックバック一覧です: ファイヤー・フロム・ビロウ:

« 面取り大根2014 | トップページ | リーダーデビュー »