« 世界のニュースはだいたい韓国とアメリカで出来ている | トップページ | 落語でブッダで白骨の章 »

2014 年冬の黒豆第二号

2014黒豆二号


 正月あけ早々に食べ終えてしまったので 200g を二回目として煮る。昨年小豆餡を煮たときに使ったグラニュー糖が残っているので試しに使ってみた。なんとなくつやの具合が少し増しているような? 色具合もより黒っぽいようにも思えるのだけれど、主観でしかないかもしれない。

 ただ味わいに関してはちょっととがった感じで、悪くはないものの普通に白糖でよいのかなとも。いくらか醤油をいれすぎたということもあるかもしれない。小豆餡のときにはたしかにグラニュー糖の効果を実感したものの、黒豆を煮豆として作るには全量ではないほうがよいかもしれない。コクを出すという感じで砂糖の一割とか二割くらいに使うのがあるいはよいのかも。

 で、こうして手作りするのはよいのだけれど、ついたくさんあることに安心して食べ過ぎてしまうのが難。出来合いを買ってくると量が少ないのでつい遠慮がちに少しだけ食べるのだけれど。結果、一週間あまりで食べつくしてしまうという事態になってしまうと、果たして作るのがよいのか買ったほうが安いのか、などとも。まあ、絶対量とか食材の安心感とかは違うので、まあそれはそれ、かもしれない。

 おそらく二月一杯くらいまではあと二回は煮るのではないかと。小豆餡はお彼岸あたりかなあ。

|
|

« 世界のニュースはだいたい韓国とアメリカで出来ている | トップページ | 落語でブッダで白骨の章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/58961669

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 年冬の黒豆第二号:

« 世界のニュースはだいたい韓国とアメリカで出来ている | トップページ | 落語でブッダで白骨の章 »