« 海街diary 1, 2 | トップページ | テレビの時間だよ~ »

灯油 1 リットル 102 円

 灯油を買ってくる。1 リットルあたり 102 円。高くなったものだなあと嘆息しつつ。ふと家計簿を grep してみれば 5 年くらい前には 800 円しないで買うことができた頃もあったのだった、と思い出す。

 売り場で係りのおじさんにお願いすると「寒い中買いに来るのも大変だ」といわれる。「わざわざ来て、金まで払ってだからなあ」とか。いや、まあ考えてみればそうかもしれないけれど、配達で巡回している某社の車から買えば出かける手間も要らないけれど値段はさらに高くなってしまう。金に余裕はあるが出歩くのは嫌だとか、あるいは体が悪いとか歳で買いに出るのは無理があるというような人を除けば、そりゃどうしたってわざわざ買いに出かけざるをえないわけではある。

 話はすすんで、今売っているのは去年の夏あたりに輸入したやつだから、別に今の世界情勢だのとは無関係なんだがなあ、とかになっていって、ひとしきり灯油談義をしてくる。夏は需要が少ないから売れないが、今は寒いので需要も多くなって高くても売れるしね、みたいな話にも。

 まあ、今、あるいは今後の輸入のためにも長期的な計画と情勢に見合った価格で販売して利ざやをとらなくてはというのはあるのだろうから、買った時期がどうのこうのとよくあるガソリン価格の屁理屈みたいなことを言ってもはじまらないのだろうとは思う。

 考えてみると燃料代とかでいえばデフレとかまったくなかったのではないかと。値上がりするばかりだった。そしてつい先日も値上げのお知らせなどが配られていた。値下げできるときには速やかに下げますのでとか書かれていて、いや、それはないだろうよ、などとまたまた嘆息しつつ。

 今年も冷え込みが全国的には厳しくなっていて(とはいえ、このあたりで言うと気圧配置の関係からさほどではないのだった)ますます灯油需要が高くなっているので、少しは節約もしなくてはなあという話になると、決まって「だからといって凍死するわけにもいかないだろう」と極端な言葉が返ってきたりする。コンピュータでもあるまいに、どうして 1 か 0 かという議論に飛躍してしまうのか。単純に保温できることがあればそうした工夫もしつつ、少しばかり節約しようかという努力を、というだけのことなのだが。

 幸いにして、今年室内冬日はまだない(厳密に言えば部屋別で言えばすでにあるのだけれど)とはいえすでに目前というところではある。室温がさほどあがらないのでいつまでたっても一定以上にあがることもなく、冷え冷えとしている。おかげで冷蔵庫の中と外とさほど違いがないという利便性もあるにはある。

 もうひと月を乗り越えればなんとか春の兆しも出てこようということで、まあこの冬も辛抱するしかあるまいて。炬燵トップ PC が実現した今とあっては、なんとかそれも達せようというもの。これで、ワイヤレスキーボードがあれば最高なのだがなあ。

B004W1KCCOLOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
ロジクール 2011-04-28

by G-Tools

 レシーバはすでにマウスで持っているからレシーバのないやつってないのかなあ。

|
|

« 海街diary 1, 2 | トップページ | テレビの時間だよ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/58923931

この記事へのトラックバック一覧です: 灯油 1 リットル 102 円:

« 海街diary 1, 2 | トップページ | テレビの時間だよ~ »