« 新米(新人)はういういしく、新米はおいしく | トップページ | 音量問題とビデオファイルサイズ問題のとある対処方法 »

ビデオキャプチャーユニットを購入

 まだテレビ地上波がアナログだけだったころ、チューナー付のビデオキャプチャーユニットを使っていた。VHS ビデオや video Hi8 に録画した番組などを取り込んで DVD にしたり、テレビ番組の録画に使ったりしていたのだった。おおむねビデオテープ類も変換しおえていたのだけれど、いくらか残ってはいて、「さて、やってしまうか」と思ったのはデジタルになる少し前のこと。残念ながらキャプチャーユニットが壊れてしまったらしく、使うことができなくなってしまったのだった。

 最近になって残ったものをやはりデータ化してしまおうかと思っていたので物色し、値段の点ではやや高上がりではあるものの、品質的に定評のある I/O DATA の製品を購入することに。例の「調査中の商品」というのがバッファローのそれで、 700 円あまり安かったのだった。

 もっともアマゾンでの販売は数日後には再開されたので、どの程度の調査かは不明だけれど、根本的に駄目な製品という判断ではないということなのでしょう。とはいえどうも相性問題かと思われるふしがあるので、数千円の商品とはいえ安全をとって I/O DATA のほうを買ったのだった。

 こちらにしても不平不満をいう人はあるようではあるけれど、少なくとも自分の使用感としては接続も問題なかったし、録画や DVD 作成にも基本的には問題はない。もちろん不満があるといえばあるが、まあ値段相応と諦めるしかないのかもしれない。

 ビデオキャプチャーソフトで Light Capture というのが付属している。どうやら自社謹製ソフトらしいが、さまざま設定できるように項目だけはあるのだが、ほとんど変更不可となっている。あるいは Light というくらいなので正規版があって、有料だとそういうのが手に入るのかもしれないが、それという記載も見つからないのでわからない。ゆえになぜ選択項目になっていながら選択肢がでてこないのかが疑問だったりがっかりだったりはする。

 結果として二時間のビデオをキャプチャーするとなんと 8GB あまりもの巨大なファイルができあがる。さらには音声レベルがどうも異様に小さくてこのままでは DVD にしてもそのまま再生するにしても不便すぎる。あるいは音声の問題は再生しているデッキ側の問題なのかと思わないでもないけれど、そちらで音量調整できるわけではないし、テレビで再生する分にはさほど音量が小さくて困るということではなかったはず。ということでどうもキャプチャー側での問題なのではと。

 ファイルサイズ問題に関しては取り込んで DVD にしてしまうという別のソフトを使った手順ではサイズ調整が可能らしい。つまり基本的にビデオテープから直接 DVD にすることを前提にしていて、長時間キャプチャするということは考えていないということらしい。ゲーム実況動画を作ったりする際に利用ということを想定しているのではないかと思われ、そのためもあってか最高品質での取り込みに限定されているのかもしれない。

 なんだかぐだぐだ書いていたら長くなってきたので、対策編は後日に。

B00428BF1YI-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2
アイ・オー・データ 2010-09-30

by G-Tools


 冒険してもいいから安いやつを、という人はこちらを。

B0038KXV8CBUFFALO モニターモード搭載 USB用ビデオキャプチャー PC-SDVD/U2G
バッファロー 2010-03-19

by G-Tools

|
|

« 新米(新人)はういういしく、新米はおいしく | トップページ | 音量問題とビデオファイルサイズ問題のとある対処方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/58294845

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオキャプチャーユニットを購入:

« 新米(新人)はういういしく、新米はおいしく | トップページ | 音量問題とビデオファイルサイズ問題のとある対処方法 »