« わたしは葉っぱ | トップページ | サドルを交換 »

「スターリングラード」

 史実がどうであったのかは知らないので、仮に冒頭がその通りにほぼ描かれていたのだとしたら、なんとソビエト連邦の闘いというのは戦略もなにもない無節操で愚かなものだったのだろうと思った。

 ドイツ軍がソビエトに侵攻してきてスターリングラードの攻防となっていると。とにかく新兵を輸送してはおろし、川なのか対岸まで渡るべく船にぎゅうぎゅうに乗り込むのだが、そこへドイツ軍の戦闘機の一斉射撃。遠くからは爆撃。対岸に到着する前にかなりの兵員が死んでしまう。

 そんな状況で川に飛び込んで逃げようとする兵にたいして、逃げれば銃殺だといって発砲する。そして実際命を奪う。

 市街戦。ドイツ軍は前線をしいて狙いを定めている。ソビエト軍は新兵のふたりに一丁の銃。銃を持っているものがやられたら持っていないものがそれを取って撃てと。で、一斉にとにかく前へ進めと進軍させるが、もうドイツ軍に撃ってくださいといわんばかり。あたり一面に屍がまさに累々と折り重なる。

 「いったん退却しろ」という声に戻ろうとすると、「退却は許さん。退却するやつは銃殺する」といって、これまた味方兵を殺してしまう。これではいくら兵がいても足りないだろうと。

 そんな中でたまたま狙撃の腕に長けた新兵が、軍の士気高揚の道具にされて英雄となっていく。ドイツ軍将校の命をいくつも奪い、きのうはいくつ、きょうはいくつと新聞に報道されていく。やがてそれはドイツ軍の知るところともなり、狙撃の名手である少佐がやってくる。狙撃主同士の死闘のはじまり。

 という映画で、冒頭のそうしたお莫迦さ加減はそれとすれば、なかなか緊迫したドラマで二時間あまりの映画をついつい一気に見てしまう。

 俳優さんもなかなかいいところが揃っていて、主人公のジュード・ロウなどは一見さえない田舎育ちの新兵という感じがよくでていてなんとも素敵。2000 年ということで、もう 13 年も前の映画とは。

B00BLISQHYスターリングラード [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2013-06-04

by G-Tools

|
|

« わたしは葉っぱ | トップページ | サドルを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/58140187

この記事へのトラックバック一覧です: 「スターリングラード」:

« わたしは葉っぱ | トップページ | サドルを交換 »