« 壊滅の序曲 | トップページ | メモ:「失敗の本質」ほか »

海外の互換品は、一見見分けがつかないかも

B005FE7GC6ブラウン シェーバー 網刃・内刃コンビパック ブラック F/C31B
Braun (ブラウン) 2011-10-05

by G-Tools
B008Q5VC08ブラウン シェーバー 網刃・内刃コンビパック 最新版 F/C31B と同一品 F/C590S と互換品 並行輸入品 日本語説明書付
Braun (ブラウン)

by G-Tools

 電気シェーバーでなにか不満といって本体買うのと同じくらいなのではないかという替え刃の価格。それもメーカーとしては一年くらいで交換しろとか言っている。まあ、消耗品商売なのはわかるのだけれど、それにしてもというところ。

 結果、替え刃買うよりも本体ごと買い換えたほうが早いし簡単とばかりに、つぎつぎと本体を買い換えるという現象になったりするのではないかとか。いや、実態として替え刃を購入して継続使用する率というのはどのくらいなのだろう?

 こうなるとネットショップだと安いものがあってうれしいのだけれど、アマゾンを見ていたら並行輸入の同等品というのがあった。パッケージを見ても同じにしか見えないが、本家のパッケージ写真を流用しているのではなく、本当にそういうパッケージらしい。それすらもパクッている? といった状況なのか。

 で、確かに正規品よりも安いのだけれど、レビューを見るとよい評価もあれば、駄目だったという評価もあって正規品よりはやや幅が広い感じがする。価格差を見てもアマゾン価格だとそもそも十分に量販店価格よりもはるかに安いので、ここは無難に正規品のほうが安心かもしれない。

 ということで正規品を購入したのだけれど、まあほどほどに安く入手できたし、品質的にも心配もなくまずまずだったようで。これでもう数年は延命できるということか。次は、本体買い替えかもしれない。

 随分と古い型番だったので、模様替えはされていたけれど、対象製品には残っていたので使えた。それもまたありがたいことで。

|
|

« 壊滅の序曲 | トップページ | メモ:「失敗の本質」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/57970715

この記事へのトラックバック一覧です: 海外の互換品は、一見見分けがつかないかも:

« 壊滅の序曲 | トップページ | メモ:「失敗の本質」ほか »