« 一年越しをまだ読んでいないと今日のこの日に反省する | トップページ | ロボット(インド映画のほう) »

復活のジャー

 炊飯器の内蔵電池が終わってしまったらしく、コンセントを抜いた状態では液晶表示が消えてしまうようになったのだけれど、実はその後一度炊飯直後に電池が復活していたのだった。考えてみると少し前にも同様のことがあったので、理由はよくわからないものの使えるならよいかということで時間を合わせたら、消えた。

 あー、やはり基本的には駄目なのかと思っていたのだが、ふと思い立って次の炊飯の時に先に時間をあわせておいた。そして炊飯が完了してコンセントから抜いてあるのだが、まだ時計は表示されていて動いている。

 復活した。

 いや、充電池だったというわけではないだろうし、接触がという問題ともあまり思えないし、そもそもすでに 5 年あまりたっているので電池であれば寿命がきてもおかしくはない。それでも、たまたま動作しているのであれば、まあよいかと。それによってなにか危険が差し迫っているという状態でもないとは思うので。

 しかし、謎だ。

#正確にはジャーではなくて、炊飯ジャーだけど、まあジャー機能はあるわけだから、いいじゃないのと。

|
|

« 一年越しをまだ読んでいないと今日のこの日に反省する | トップページ | ロボット(インド映画のほう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/57944951

この記事へのトラックバック一覧です: 復活のジャー:

« 一年越しをまだ読んでいないと今日のこの日に反省する | トップページ | ロボット(インド映画のほう) »