« ADT はロシアンルーレット | トップページ | カーネーション »

Yamb の不思議な挙動

 ふたつの動画を連結する必要ができたので、そういえば Yamb があったなと使ったのだった。で、以前と同じ結果を得て、そうだった使えないやつだったのだと再び思い知ったのだった。

 A の後に B をつなげたいということで、読み込む。音声も認識して、はじめは A 映像、A 音声、B 映像、B 音声という並びで登録されている。この状態で連結させるとできあがるのは、なぜか A 映像、B 音声、B 映像、A 音声というもの。(ということを随分と前に、つまり Yamb を落としたときに体験していたのを後になって思い出した)

 なぜ、音声が入れ替わってしまうのか?

 それならばと音声の順序を入れ替えてみると、今度は A の映像と音声だけで終わってしまっている。

 うーむ。

 音声はひとつにしないと駄目なのだろうか? などともいろいろ思ったのだけれど、いろいろ考えるのも面倒になってまたぞろ AviUtl の出番に。

 A の動画を読み込んでから、「追加読み込み」で B の動画を読み込み。出力するだけでまったく問題なく A B と正しくつながった動画ができた。

 やっぱり、AviUtl だわ。

 問題があるとすれば、CPU パワーを使いまくるので非常にマシンが熱くなることくらいか。少なくとも夏向きではないなあと。

|
|

« ADT はロシアンルーレット | トップページ | カーネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/57757026

この記事へのトラックバック一覧です: Yamb の不思議な挙動:

« ADT はロシアンルーレット | トップページ | カーネーション »