« ピーナッツ | トップページ | かつてこどもだった人の日 »

立夏目前とはいえまだまだ寒い

遅咲きの桜

 基本的な桜の季節はとうに過ぎてしまったのだけれど、遅咲きのものなどがちらほらとまだ咲いている。ただ、朝晩の冷え込みが厳しいので花にしろ、葉にしろ寒さにやられてしまっているものも多くて、今年は樹木にとっても受難の春といえそう。

 飯山市では菜の花と桜がちょうど見ごろということで、こちらはやや遅かった。いや、菜の花はまあ例年なみなのだけれど、桜のほうはやや遅かった。

 ここへきてようやく日中の気温が平年に戻りつつあるので日中はそこそこ暖かく感じるのだけれど、いかんせん風が冷たく、なおかつ午後になると風が強まるという日が続いているので体感温度もさがっている。

 さらにはかなり空気が乾燥しているのであちこちで山火事や野火だったりで大変だったりする。霧が峰で山焼きしたら予定の 10 倍以上も延焼してしまって天然記念物まで燃やしてしまったということで謝罪する始末。乾燥の具合と風の具合なども勘案して、しっかりとした体制で作業していたのかどうかがどうやら疑問になっているような。

 なにしろ一部報道によれば「行事」だったそうだから、ある意味不十分だったという見方もできるのかもしれないけれど。なくしたものは返ってこないのだともっと認識しなくては。

 うーん、なんだか寄り道していて内容のない今日であるなあ。

|
|

« ピーナッツ | トップページ | かつてこどもだった人の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/57307448

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏目前とはいえまだまだ寒い:

« ピーナッツ | トップページ | かつてこどもだった人の日 »