« 海津城址の桜 | トップページ | 女の子ものがたり »

リフレッシュし続けるデータ

 タブレットが手元に戻ることになったのでこのところ電子書籍読書というのが日常的になってきた。文庫本のことを思えばスマートフォンは別としても 7 インチタブレットくらいからは十分に読書に使えるだろうから、10 インチあれば申し分なし。

 で、「ケヴィン・ケリー著作選集2」などぽつぽつと読んでいる。すべてが無料になりたがる、とかも感心しつつ読んだけれど、メディアへのデータ保存のやや短いものが今は気になっている。DVD に保存されたデータを読もうとしても、たった 4 年でメディアが駄目になってしまったという話とか。

 ずいぶん前に記録メディアについて調べて考えていたことがあった。CD や DVD の ROM は別として、R や RW メディアの場合には注意しないとすぐにデータが駄目になってしまう。記録方式の違いからどちらかというと RW のほうが劣化しにくいので、R よりも RW を使うほうがやや安心なのかもしれないとも思ったのだった。

 もっとも、どちらを使ってもまず気をつけないといけないのは太陽光で、直射があたるようなものは論外で、家の中といえども明かりがあたるような場所におくのは避けるべき。明かりはあたらず、気温も上がり過ぎないような場所に保管するのであれば、かなりデータは守られる。

 さながらそれはかつてのカメラフィルムの保管にも似ているのかもしれない。お茶箱が最適などと言われたものだった。光がはいらず湿度などを一定に保てる。温度についても極端な変化は防げるのでは。

 とはいえ、いずれにしてもいつかはメディアとして駄目になる可能性は否定できないし、データを再生する環境が失われるという可能性はそれ以上に大きいわけで。

 つまり、指摘されているように、常にコピーしつづけるしかないと。しかも、時代にあったフォーマットに変換しつつ。

 これはとても膨大な作業で、手間もコストもかかるなあ。

 で、ふと思う。

 たとえば音声データであれば、今もって一番信頼性の高いのはあるいはカセットテープなのではないかと。今では音楽はなんでも PC に突っ込んでしまえとばかりにデジタル化されているけれど、そのフォーマットが今後ずっと使える保証はないわけではある。

 もちろん、そうすぐになくなるということではないだろうけれど、端境期にはデータ変換は必要になる。カセットテープの時代から DAT や MD などがでてきたけれど、今もって使えるのはカセットテープくらいだ。細々ではあるけれど間違いなく存在している。ラジカセもあるし、テープも生産されている。MD は機器の生産が終了したし、メディアもそろそろ終わるのではないかと。

 一方で動画方面はどうかと思えば、案外 VHS テープが残っていたりする。DVD はそろそろ Blu-ray だし、それらだってどうなるかわからない。HDD にしても同様で、案外 VHS テープがこの先も長く存続したりするのではないかという気もする。機器だってまだあるし。

 といってカセットテープにしろビデオテープにしろ、一番の問題はその大きさであって、大量に保持しようとすればその置き場所だけで部屋を占領してしまうくらい。が、考えてみるとはたしてそれは必要なのか? というのもあるのだろうなと。子供の成長記録のビデオをはたしてどれほど見るのだろうとか、そういうものは多いかもしれない。

 いずれにしても、デジタルデータにして保管場所という点については画期的に便利になったのだけれど、その分蓄えてしまう(ある意味無駄な)データ量も飛躍的に増えてしまっていると。それらを定期的にリフレッシュし、あるいは最新のデータ形式に変換しつつ保管しつづけるというのは膨大なコストを生むのだろうなと。

 DVD-Video にしたかつてのアナログテレビ番組の録画があるのだけれど、これらだってそのまま閲覧できる環境がいつまで続くのか。実際自分の場合でいえば今現在は PC でしか再生できない。むしろ、生の動画ファイルの形で残してあったほうが融通がきくのではないか、とも思える。DVD-Video のファイルはそのまま再生というわけにはいかないのだし。

 というわけで、これからしばらく動画ファイルの変換作業にかかるかと思案しているところ。あるいは、いっそ諦めてしまうというのも潔いのかもしれないけれど。どのみち保管していてもまず見ることなんてないのだから。

|
|

« 海津城址の桜 | トップページ | 女の子ものがたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/57250094

この記事へのトラックバック一覧です: リフレッシュし続けるデータ:

« 海津城址の桜 | トップページ | 女の子ものがたり »